新型コロナの疑似体験

新型コロナウィルスで大騒ぎになりつつあった先週木曜日夕方から、クシャミハナミズが突如出始め、鼻詰まりや微熱、咳などの症状が出たり入ったりしながら月曜まで継続。丸4日寝込んだ。

金曜日の時点で、疑わしい症状がある場合でも、勝手に病院には行かず保健所に連絡しろと言われていた。
もし陽性で発症していたとしても、治療法は確立されていないため対症療法しか施せない。さらに健康体ならば4、5日安静にしておけば治まるはず。さらに一番の問題が、地域の診療所では朝から多く並んでいる高齢者への感染リスクが高いため。

結局、様子を見ているうちに症状が治まり、余分に休みを取って仕事に復帰。

今回報道に対して感じたことは、外野に対して感情的に扇動するような表現、差別を助長するラインにギリギリまで迫っているが越えていない物が多く、間近に迫った脅威を心配している人には何の役にも立たないどうでもよいことばかりだった。

既にニュースはエンタメになっているんだなと。
新聞はそうでもないけど、即時性がないからなあ。

ウォーク・オブ・ライフ (ダイアー・ストレイツ)

ダイアー・ストレイツと言えば、80年代のマイコン少年としては、よだれ不可避の3Dアニメ「マネー・フォー・ナッシング」のMTV。あのレンダリング、どんなとんでもない機材使ってるんだろう?って思ってた。イントロのギターに身をよじりながらね。

最初にダイアー・ストレイツを聞いたのは「悲しきサルタン」。
サン・テレビで夕方にやってたMTV。マドンナ、マイケル・ジャクソン、ZZトップ、ヴァン・ヘイレンなど米国の音楽シーンがドックンドックン体に入ってきていたのだけど、この「ダイアー・ストレイツ」は少し暗い雰囲気で、あまり前には出てこない。

でも「俺たちはね、本物なんだよ(by マーク・ノップラー)」っていう音を出していた。
いや他の人たちも本物なんだけど。

彼らはキャーキャー言われる立ち位置ではなく、仕方なく表舞台に出てきた感じで(いや本人らはどう思っていたのかは知らないけど)。REOスピードワゴンにも同じ雰囲気を感じたな。

で、表題の「ウォーク・オブ・ライフ」。
アルバム「ブラザーズ・イン・アームズ」ではマネー・フォー・ナッシングの後に入っていて、MTBでもそれなりにかかっていた。前述のような陰鬱さはなくて明るい一曲。

「ジョンが来て歌うんだよ。
愛する彼女の歌を歌うんだ。
『彼女ができてさ』って感じの曲。
あいつはとにかく動き続けたから実現した。
本気でやれば夜だって昼間みたいに明るくなるよね」

てな感じ。これはやっぱりジョンレノンのことなのかな。この曲を聴く前に、ビートルズにハマっていたが、ヒアリングがダメダメで歌詞を理解していなかった。

とにかくこの「ウォーク・オブ・ライフ」。直訳すれば「人生の歩み」となるのだろうけど、50歳になって改めて聞くと、すこし気持ちが楽になる一曲だなと、今日思ったので書いてみた。中高生の頃にハマった曲の意味を35年後に理解するとか、頭わる過ぎるよなーとか思いながら。

Money For Nothing

Saltan of Swing

アポロ 11 [完全版] 見た

本物の映像だから、もう迫力がすごいのなんの。サターンV打ち上げ時の映像に腰を抜かして、月面着陸の瞬間に手を叩き、大気圏再突入時に一瞬見える水平線に声が出た。50年前の映像だけど、やっぱ本物は凄かった。

アポロ 11 [完全版] (字幕版)
(2019-12-01)
売り上げランキング: 57,843

ポールウィンナー大人買い

コンビニに寄ったらえらい短いポールウィンナーが並んでた。

「いやポールウィンナー久しぶりやわ懐かしいわー」と思って購入。短いけど味はおんなじ。「あーこれこれ」という感じ。

で、その歴史などをググってみると、なんと関西圏しか売れていないのだとか。ホントカヨ。

関西圏以外では魚肉ソーセージが早く普及していて参入障壁になったのだとかなんだとか。
なので関東圏とかではポールウィンナーを食べると「ナニ?このソーセージ?」という感じなんだそうな。だからウィンナーなんですけどね(とか言ってると商品名の下にしっかり「ソーセージ」って書いてあった)。

そういえば、あの魚肉ソーセージを食った時に若干「コレジャナイ感」を感じるのは、自分が子供のころからこのポールウィンナーに慣れ親しんでいたからなのだろう。

そのまま食ってもうまいし、ヤキメシに入れてもよく馴染む。レンジでチンし過ぎて硬くなっても味が妙に濃くなって、歯が折れそうになるけど全然OK。安全安心。

製造元からの情報としては「袋のまま湯煎すると脂が美味」とのことらしい。

大人買い決定ですね↓

伊藤ハム ロイヤルポールウィンナー10袋 (1袋10本入)
イトウハム
売り上げランキング: 96,315

電車内でのおしゃべりマナー

ラッシュ時の主要駅では、ホームの駅員さんがマイク片手にひっきりなしに喋っている。

言ってることは合成音声のとほとんど同じ。
でもタイミングが若干ずれてて重なって、結局うまく聞き取れない。
ただ、聞き取れなくても問題ない。合成音声のと同じだから。

電車がホームに入ってきて、ドアが開いた頃にボリュームMAX。
駆け込み乗車などあろうものなら、ヒートアップ。
火がついたように叫んだり。

最近では「電車が遅れます!!!駆け込み乗車はおやめ下さいっ!!!」と悲痛な叫びを聞くようになった。
確かに遅れたら困るんだけど、無関係の乗客にブロードキャストする必要はないのではないか。

なんとか電車が到着して逃げ込んだら今度は車掌さんが、やれ「スマホ歩きは危険です」とか「通話は周囲に気を付けて」とか、言わなくてもいいことばかりしゃべっている。

車内アナウンスも乗客に気を使ってほしいわな。
まあとにかくうるさいので静かにしてほしい。
毎晩帰宅時のラッシュにそう思ってる。

ただ、2か月に一度ぐらいだが、めっちゃ萌え声の車掌さんがいらっしゃって、どうしようもなくホッコリ癒されてる自分がお恥ずかしいやら、情けないやら、どうにもこうにもお疲れ様です。

A&Tcollectin 職業コスチューム 可愛すぎる女性車掌さん KA0237NB
エーアンドティーコレクション(A&Tcollection)
売り上げランキング: 48,153

しましま駅と野麦峠

長野県松本市に「新島々(しんしましま)駅」という駅があるらしく。
松本市から延びる、かつての松本電気鉄道、現アルピコ交通の上高地線の終着駅。

開業当初は「赤松駅」で、終点ではなく一駅先に「島々(しましま)駅」があったそうだ。しかし島々駅が廃止され、赤松駅は新島々駅と改名されたと(以上Wikipedia調べ)

グーグルマップで散策すると、近くに島々(しましま)神社があった。

そもそも「しましま」は土地の名(松本市安曇村島々)なので、なんだかんだと周囲に「しましま」と名のつくものが多いのだけど、このどこか可愛らしい響きのある「しましま」という名について、その由来などを説明した文献が見当たらなくて残念だ。ゆるきゃらがいても良さそうなのに。


野麦街道沿いの駅で、もしかして野麦街道って?と(グーグルマップで)足を伸ばすと、やっぱり野麦峠につながっていた。懐かしいな「あゝ野麦峠」

野麦峠 (山本茂実の絵本)
山本 茂実
草土文化
売り上げランキング: 1,215,311

神戸空港から松本までは50分ほどらしい。自転車で野麦峠を越えてみるとか楽しいのかも?季節はいつ頃が良いのだろうか?

松本市中心から、飛騨や白骨温泉方面まで抜ければいい感じのサイクリングになりそうで。老後の楽しみに残しておこうかと思ったり。


そして自分は「あゝ野麦峠」と「野菊の墓」をごっちゃにしていた。野麦峠は「みね」さんで、「たみ」さんは野菊の墓のほう。そして野菊の墓は千葉県の話のようで全く無関係。まじかー。どこで間違っていたんだろう?

野菊の墓 [DVD]
野菊の墓 [DVD]

posted with amazlet at 20.01.07
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2016-06-08)
売り上げランキング: 30,959

50になって思うこと

日々の生活の様々な局面で「身の回りで起こることを、単に愉しめばよいだけなのに」と思うことが増えました。

直接自分に関連しない遠くで起こった事件や事故に腹を立てたり、「実はあいつが悪いんだ」などと判定してばかりじゃないですか。本来、人が生きる上でそんなことする必要はないはずだ。

主張は大切。でもそれは具体的な特定の近しい誰かに対して本心を伝えればよいのであって、どこぞの誰かのダメさ加減を、直接作用することのない人に伝えてみたって誰にとっても意味がない。さらには他人の考えを変えさせようとしてみたり。

そんなの絶対無理だから。力づくでは無理だから。

「生きる」なんて大げさだけど、本気でそんなふうに思っている。

日常的に、見ず知らずの誰かを口汚く罵ったり、ネットを介して実際には空中にゲロりまくる。まったくエネルギーの無駄遣い。

しかしやっぱりうまくやりたい。だから、遠くで起こる数多の事件のお話を、つぶさに聞いて、多くの人と話をし、深く考え、「さあて明日はどっちへ足を踏み出してみようかな?」と、ワクワク楽しみにできればよいなとか思っている。


昨年3月に満50歳。今朝ふと気づいたのは、数え年なら現在52歳なんですね。
自分で思う精神年齢と実年齢のギャップが開いてきた感じがする。
精神年齢は30ぐらいでほぼ停止。良いとか悪いではなくて。そもそも、どっちが正しいのかよくわからんし。
実年齢ってどっちだろかな?って感じですな。

ファースト・マン (字幕版)見た

一人の人間としては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍だ

カッケー

1969年7月、人類で初めて月に降り立ったアポロ11号のニールアームストロング船長の物語。
ということで約50年前のお話です。

エンジニアでもあったアームストロング船長の伝記が原作。ジェミニ8号でのトラブルからアポロ11号で月に降り立つところまで、プライベートなエピソードも織り交ぜながら淡々と落ち着いた雰囲気で描かれています。

ある意味宇宙開発や探査に関してエポックイヤーと言える1969年。何の因果かワタシも同年3月に生まれてまして、何の因果もないはずですが、子供の頃から宇宙・天文・SF大好き少年でありました。今や50の大きくなった宇宙少年が、正月5日にAmazon Prime ビデオでワクワク視聴。いや素晴らしい。

ファースト・マン (字幕版)
(2019-06-19)
売り上げランキング: 56,919

とはいっても派手なドンパチもドロドロドラマもありません。しかし、人類史上に名が残るこの人だって、人として父親として普通の人でもあったのだろなと、安心感とか共感とかいろんな言葉で表現しつくせない感情を、腹いっぱいにもらった作品でしたねー。

もうWikipediaを読みながら一晩明かせる気がしています。明日は仕事始めだヤバイヤバイ。

学習発表会

次男の学校の学習発表会へ。

通学バスのバス停が同じ小学部低学年のお母さまに声をかけられた。
今日は土曜日ということで道がすいていたのかバスが早めに来たらしく、次男は慌てて走っていたようだ。

中学部三年は最後の舞台発表(高等部では販売学習となる)。今年は楽器演奏とダンスなどの組み合わせ。そして最後はハナミズキをうたっていた。

次男はプロローグで挨拶担当の4人のうちの一人。
笑顔なしでボソボソと話すが、舞台度胸だけはあるので問題なし。
サービス精神がないんだよね。

楽器演奏では大太鼓を担当。ホントは小太鼓を叩きたかったらしいが、受け入れた。
役目としてはバスドラなので演奏は単調だがジャストで叩いていたのでやっぱりリズム感は完璧だなと感心。

最後の歌以外では出番はここで終了。

小学校から一緒のお友達は、別のシーンで和太鼓を叩いていた。いろいろポーズを決めていてかっこよかった。
後で教室の近くで見かけたので「かっこよかったねー」って声をかけたが、こちらマスクをしていたので気づいてもらえなかった。残念。

最後は割りセリフで家族に感謝の意を述べる感動的な感じ。
よくある感じのアレですなーなんて思うが、それでも、中学部は今年で終わりなんだなーなどという感慨も生まれ、小学校の特別支援学級に入るときの不安な感じを思い出したりした。

体も大きくなったし、彼なりに大きく成長したなあと。そんな感じだった。

特に中学部では友達を思いやる一面を見せてくれたり、いろんな面で感心することしきりであった。