台風10号の影響で

台風10号が迫ってきており、予定を半日繰り上げて帰宅。


View on Instagram https://ift.tt/2KQHqIi

佐用では夕方から1時間に30mm程度の雨が6時間以上降り続く予報。明石では朝の10時頃から6~7mmの雨が振り始める予報となっていた。父母には明るいうちに避難するよう伝え朝7時過ぎに出発。

2時間弱で自宅着。風が強く、雨も所々で強く降ったが、おおむね曇り。たまに晴れ間も見えたりしていた。

父は昨夜からメニエールの発作が出ていたようで、ゆっくり休むように勧めた。もしも夕方避難が必要になった頃に治まっていないとややこしいことになるが、コレばっかりはどうしようもない。

自分も昼頃から、立ち上がるとドロリと目が回る感覚になっており、午後は寝て過ごす。やっぱ台風といえば低気圧だなと再認識。

雨量の予報は佐用も明石も穏やかになっており(土砂降りが数時間続くけど)、避難勧告は出ないんじゃないかなというところ。地元の新聞では10年前の佐用の水害に関する記事が多くなっていたが、ひどいことにならないことを祈るばかりだ。

ポカンと傍観

お盆休み4日目。下道2時間弱で、台風10号直撃予定の実家へ。

実家では父が、軽い認知症の母にアレコレ言い聞かせるモードに入っていてマズイなと思った。
また、父が母の細かな間違いを一つ一つ丁寧に(笑)指摘したりするので、母がコミュニケーションを避けるようにもなっている。

認知症に限らず、他人の記憶や習慣、理屈を言葉だけでは変えられない。
さらに「理解してもらえない」からとイラついて「何度言えばわかるのか」などという疑問を投げつけても、お互いに嫌な思いをするだけで、なにも解決しない。

このことは、5月頃までは理解していて行動も伴っていたと記憶しているが、その後の入院やらいろんなバタバタ、日々の介護に追われて余裕がなくなっているのかも知れない。それこそ父にとっては85年間培った普通の対応なので急な方向転換は難しいはず

父はニュースを見ながら世情や政治など賛否の分かれる話を振りがちなのだが、そういうのは、もっとパブリックでオープンな場で、議論したい人達の輪の中でするべきだと思う。家庭内では、食事や天候など善悪に無関係で、否定する必要のない話題を選んで、YESと答えられるような質問をすればよいのになと、その辺が戦略的でもないし、頭でも理解できていないようだ。

といって、常に口論しているわけではない。一緒に買物に行って食事に行ってと仲良くもしている。
母は少し前のことをすぐに忘れてしまうから問題を引きづらないというのは、少し皮肉的状況であり、泣き笑いの状況でもあるが。

母の膠原病治療による高血糖について、食事制限は受けていないが、毎食前に血糖値の測定とインスリンの注射が必要。これらをすべて父がやっている。だから数ヶ月に一度訪れ、母への対応方法について高段から指南するなどおこがましいことだと思った。自分は無視するでもなく話を聞いて、肯定的に聞き流す感じ。誰だって肯定的な反応が欲しくて話をするのだから肯定するのがボクの仕事だ。ただ、父母の冷戦的な直接対決が始まると、ポカンと傍観するよりない。第三者が介入すると余計にややこしくなる。治まるまで待つよりない。現在の日韓関係のような感じか。

父はもともと話し好きだが母とは会話が続かない。なので来訪者があると話が止まらなくなる傾向がある。とにかく嬉しいのだ。そして不得手なのに楽しませようとして話題を選ぶがそれが的を外している。残念。

自分のいとこの夫婦がスイカとトマトを持ってきてくれたが、そのときも楽しそうに話していた。来てくれたのは母の長兄の長女で自分よりは随分年上。子供の頃にしかあった記憶がなく、当時めっちゃかっこいいイケてるお姉ちゃんだった。母方の家系には明るくおおらかに話す肝っ玉かあさん的な女性が多い。母は、7人兄弟の末っ子で、みんなから可愛がられて育ったらしい。母が他者に対して従属的であるのはそういう環境のせいなのかも知れない。

と、そんな状態の両親からのリクエストで、お昼は「たこ飯」を炊いた。そして夜は「すき焼き」を作りすぎた。


View on Instagram https://ift.tt/31HgQYV

深夜、父のマシンガントークから解放され(笑)、かねてからのモバイルコーディング環境を整える。
AndroidのスマホにUSBキーボードをつないでTermux(ターミナルエミュレータアプリ)でBashの環境が出来上がる。

gitもvimもnodeもnpmもXだって動くので、もうこれで十分かもしれない。

ただしこのままでは充電できないのがちょっと残念。
Bluetoothのキーボードにすれば充電しながら使えるね。

早朝ラン

久しぶりの早朝ラン。4時半起床、5時半出発。

さすが5時台、気温は低め、出会う人らの年齢層は高めですなー。
日差しは柔らかいし交通量は少ないし快適だった。


View on Instagram https://ift.tt/2N0dYSR

住吉神社の前の階段をちょっと降りたところ。

青い淡路の眺望をテトラポッド(ヘキサポッド?)が阻んでる。
古代からの社の前に、幾何学的オブジェが鎮座する不思議感が素敵。

休憩するために走るのか

朝ラン7キロ。夕方よりは朝のほうが地面の温度が低くて楽かも?って予測が当たって嬉しかった。


View on Instagram https://ift.tt/31xPmol

立秋以降、湿度も低め?風も適度に吹いていたので日陰で休憩すると気持ち良かった。

休憩するために走っているってことに苦笑。


夕方ラジオで高校野球。第4試合で明石商業が勝利した。おめでたい。

ところで野球ってラジオで十分なんやなーと思ったんだが、頭の中でイメージを形成できるのは、ルールを知ってるからだろうかね。

「踊るメイドイン明石」的な、お盆ラン&納涼ラン

午後ラン4.5キロ。住吉神社は盆踊りの準備万端でしたよね。ちょっと早いと思うけど・・・


View on Instagram https://ift.tt/31x8cMa

いやしかし、午後三時に外に出るのは危険だなって、気づけないぐらいに頭がボーーー。

天気予報で「明日の最高気温は36度!」とか平気で言ってる世の中ですよ。

シャキッとせな!と思うけれども、この暑さではもうダメですなー。

自宅を出て、住吉神社をぐるっと大回りして3キロ走って、神社の木陰へ休憩しに行ったようなものでした。

手前の鳥居。左上部に補修された跡があった。いつ壊れていつ補修されたのかわからないんだけどね。

多分、奥にある小さな祠のための鳥居だと思います。しかし、この角度で見ると「夫婦鳥居(そんな物があるのかどうか知りませんが)」といった印象を受けている。歴史に関してド素人の門外漢だが、なんだか「ただそこにひっそりある歴史・土着の歴史」といった、ほのかな存在感を感じたひととき。

目の前は海水浴場ではないのだけれど、家族に手を引かれて海から上がる小さい子たちが何組か。
この鳥居の周囲で、太古から、小さな子どもたちが駆けずり回っていたのだろうなと。

日差しギラギラ、汗ダラダラで、命の危険も感じながら(笑)でしたけど。

靴のサイズと足の痛み

就業場所が変わって2日目終了。

朝夕合計5kmぐらい歩くので、先日かねてから噂に聞いていた「歩ける(走れる?)ビジネスシューズ」をネットで購入したのですが、大きすぎて即返品。箱を開けてひと目見た瞬間に「これは明らかにデカイ・・・」と思うあの残念さったら・・・

帰りのウォークは日没直後

レビューで「ローファーはワンサイズ小さいのが良いかも・・・」などとあり、0.5cm 小さいものを発注したが、それでも間に合いませんでした。おそらくこの商品のサイズ感は標準で、普段履いてる別のメーカーのサイズ感が総じて小さめだったのだろう。靴のサイズ感って業界内で統一してくれたらいいのに。なんのためのメートル原器か。

もうネットでは何を買ってよいかわからない。メーカーサイトで取扱店を検索して、5km先にある実店舗へ炎天下を自転車で行くことに。しかし、一番小さなサイズでも、ちょっと余ってるかな?という感じがあって、嫌な予感がしたんだけど、いろいろ悔しいので購入に踏み切った。炎天下の自転車でヘロヘロになりつつ海抜ゼロから100mの高台までせっかく来たのに手ぶらで帰るなんてよーってやつですね・・・

ローファーだと歩いている最中に脱げそうなので好みではないが紐のタイプのオーソドックスなやつにした。しかし普通に歩くと足の甲にタンが当たって痛い。本来は足の甲にピタリとくっついているモノだから、そんな当たり方はしないはずだが。。。それと着地時に足の裏がずれる感じがあって、帰宅時に足裏に靴ずれ的な痛みが。。。イワンコッチャナイ

色々試してみて、かかとから丁寧に着地すれば楽になることがわかった。
あとはインソールでどうにかするしかないかな。

浜辺で休憩

数年間、自宅町内でゆるゆる就業しておりましたが、明日から神戸へ電車で通勤です。
ということで、本日帰りに海沿いへ若干遠回りして浜で休憩してみた。


View on Instagram https://ift.tt/2YRg5hY

休憩が必要な距離でもないし、むしろ遮るものがないので太陽ギラギラ余計に暑い。

写真的には爽やかな夏の海辺のひとコマに見えるだろうけど実際おっさん汗だらけ。

海の家が長年出ない浜だけど、休日は結構賑やかなので、この平日夕方の閑散とした雰囲気を明日から味わえなくなるんだなー。そして、

電車通勤ヤダナー