自転車とか、自転車とか、自転車とかw


交通安全

自転車の走行に関して、基本的に知っておきたいこと

自転車の歩道通行 - あくまでも歩行者優先

歩道を「走行」してはいけません。自転車は歩道を「通行しても良い」と定められているだけです。

自転車が歩道を通行する場合、車道に近い側を徐行すべきです。歩行者には、より安全な車道から離れた位置を歩いてもらいます。

徐行とは、なにかあったらすぐに停まれる速度です。

法的には歩道は対面通行できますが、できれば道路の左側の歩道を通行しましょう。つまり右側に車道がある状態。車道の左端を走る自転車と同じ方向ということです。

自転車は原則、車道の左端

日本では自転車は車道の左端を通るべきと決まっています。サイドラインが片側にしか付いていない細い道がありますけれど、そこでも必ず左側です。

それでも右端を走る自転車が多くいます。そもそも「どちらを通るべきか」ということに無頓着な人が多いようですが、「後ろから自動車に追い越されるのが怖いから」という人もいます。

しかし、実際には、右側を走行しているときのほうが、正面衝突になりやすいため、悲惨な事故になりやすいのです。

自転車の右側走行が、如何に危険なのかというハナシ

考えたくは無いのですが、自動車との衝突を考えます。自転車で時速20キロで走行中、時速40キロで走る自動車との衝突です。

順走時に自動車に後ろから追突された場合、相対スピードは相殺され、時速20キロによる衝突となります。 一方、逆走で正面衝突した場合の相対速度は60キロと3倍になります。 衝突エネルギーは速度の二乗に比例しますので、衝突時の衝撃はなんと9倍。

クロスバイクやロードバイクでは、結構簡単に時速30キロで走行できますから、この条件で計算してみると、順走時の相対速度が10キロ、逆走時は50キロで速度は5倍。 衝突エネルギーは25倍まで跳ね上がります。

順走時の衝撃が相対的に低くなっていますので、25倍は少し大げさな数字といえるかもしれません。 相対的な数値で考えていると間違いがありそうですので、以下に絶対的な指数の表を作ってみました。

自転車の速度自動車の速度順走時の衝突エネルギー指数逆走時の衝突エネルギー指数
10km/h20km/h100900
10km/h30km/h4001600
20km/h30km/h1002500
20km/h40km/h4003600
30km/h40km/h1004900
30km/h50km/h4006400
40km/h50km/h1008100
40km/h60km/h40010000

※ 時速20キロで走行しているときより、時速30キロで走行しているときのほうが、順走時に衝突エネルギーが小さくなっているケースがあり、速度が速いほうが安全なように思えるかもしれませんが、これは、あくまでも単純計算によるものですので、間違った認識を持たないように気をつけてください。 現実の事故での衝撃は、衝突の仕方によりさまざまですし、多くの場合、地面との衝突が発生します。速度が速いと地面や建物などとの衝突エネルギーは大きくなりますから、一般的には、速度が遅いほうが、より安全であるといえます。

車道走行で気をつけるべき危険なケース

交差点直前で追い越していった自動車が、目の前で左折。

よく遭遇する危険な状況は、交差点の直前で勢い良く追い越していった自動車がいきなり目の前で左折するパターンです。

進路をふさがれて自動車の左側面に突っ込みそうになるんですね。 いままで、ぶつかったことは無いですが、ギリギリで停止したことは何度かあります。 ウィンカーを出していない車が、たまにいますので特に注意が必要です。

これ、特定の交差点で遭遇しやすいように思います。 信号待ちのタイミングと、スピードが関係しているのではないでしょうか。

交差点以外でも、道路の左側に店舗がある場合などは、出てくる自動車と入る車の関係でヤヤコシイことになりやすい。

回避方法はそういった交差点が近づくと、スピードを緩めて後方確認を数回するべし。かな? 後方のドライバーに「なんや?このジテンシャ」と思わせたい。 できれば大きな動きで派手にスバヤク。

間違っても自動車に対抗しようとは思わないこと。絶対に負けます。

大型店舗から出てくる自動車にガードマンさんが「GO」サイン

大型店舗の駐車場の出口から、結構な速度で自動車が飛び出してくるこのパターン。 ガードマンさんが立っていて、こちらが近づいているにもかかわらず、駐車場から出てくる車にGOサインを出しているんですね。 全くコチラを見ていない場合と、確認はしているけど、スピードの見積もりを間違っているような場合がある。どちらも怖い。

ワタシはこういう場所では、必ずスピードを緩め、疑心暗鬼な表情を浮かべて通過します。

停車車両を追い越し中に、いきなり発進

路上左端に停まっている自動車を右側に膨らんで避けようとしたら、いきなり発車されるパターン。ウィンカー出していないし、当然コチラを見ていない。 追突しそうになったり、真横を通過中に、対向車線側へ押し出されそうになったり。頻度は多くないけれど、恐怖感としては最強です。

後方から近づくときに、社内の様子を窺って危険予知。スピードを落として、かなり安全側へ振った判断と対応をします。でも、最悪、大声を上げるくらいしか対処法は無いかもしれません。





RSS Feed Widget
交通安全 - 自転車生活空間
(http://bicycle.life.coocan.jp/takamints/index.php/bike/safety)
by Koji Takami ( email: vzg03566@gmail.com, GitHub: takamin )