趣味は車輪の再発明♪

XPathを確認するJScript


詳解 OpenCV ―コンピュータビジョンライブラリを使った画像処理・認識
Gary Bradski Adrian Kaehler
オライリージャパン
売り上げランキング: 25,746


■ たかみんつ / ソフト開発メモINDEX /


Windowsのコマンドプロンプトで、XPathの記述を確認するため、以下のスクリプト(JScript)を作成しました。 (コピー、配布自由です)

xpath.js

main();
function main(){
    var filename = WScript.Arguments(0);
    var xpath = WScript.Arguments(1);
    var xmldoc = WScript.CreateObject("MSXML2.DomDocument");
    xmldoc.load(filename);
    var out = [];
    out.push('<?xml version="1.0" '
        + 'encoding="shift-jis" standalone="yes"?>');
    out.push("<Result>");
    var nodes = xmldoc.selectNodes(xpath);
    for(var i = 0; i < nodes.length; i++) {
        out.push(nodes[i].xml);
    }
    out.push("</Result>");
    WScript.Echo(out.join("\n"));
}

実行方法

コマンドプロンプトから以下で実行。

cscript xpathQuery.js //Nologo <xml-filename> <xpath-selector>

パラメータ

引数 説明
1. xml-filename 入力するXMLファイルの名前を指定します。
2. xpath-selector 選択するノードをxpathで指定します。 必ず「./」から始めます
スラッシュで始めるとコマンドのオプションと解釈されるため。

出力

XML文書からXPATHでノードを選択し、XML形式でコンソールに出力します。 要素を選択した時はこれでよいのですが、属性を選択したら、ほぼXMLとは呼べないような出力になってしまいます。

結果をファイルに残すなら、リダイレクトで。 (//Nologoオプションは余計なものが表示されないようにするものです)

その他

入力エンコーディングがUTF-8でも、出力はSHIFT-JISになるようです。 直接、コンソールへ出力しているからかもしれませんが、深追いはしていません。

結果をメッセージボックスに表示させて良いなら、以下でOK。

xpathQuery.js <xml-filename> <xpath-selector>


Pythonプロフェッショナルプログラミング 第2版
秀和システム (2015-05-21)
売り上げランキング: 1,813


クラウドではじめる機械学習 Azure MLでらくらく体験
脇森浩志 杉山雅和 羽生貴史
リックテレコム
売り上げランキング: 2,081

実践Node.js プログラミング (Programmer's SELECTION)
Mike Cantelon Marc Harter T.J. Holowaychuk Nathan Rajlich
翔泳社
売り上げランキング: 40,213

■ たかみんつ / ソフト開発メモINDEX /



RSS Feed Widget
XPathを確認するJScript
(http://bicycle.life.coocan.jp/takamints/index.php/doc/xpathQuery)
by Koji Takami ( email: vzg03566@gmail.com, GitHub: takamin )