twitter: LOGIN
シンプルなフィードリーダー♪

▲ たかみんつ | □ たかみんつREADER | ! トピックス | # ランキング

[! トピックス] | スタンリー | 大谷翔平 | Koki | 成田賢 | トライアウト | 酉の市 | 名探偵ピカチュウ | 久兵衛 | 稀勢の里 | 絢香 | 西内まりや | 村上淳 | 錦織圭 | 亀田和毅 | 懸賞 | 中村倫也 | 草刈正雄 | 小田急線 | 篠原涼子 | UUUM


GitHubが無料ユーザーに無制限のプライベートリポジトリを与える - ニュースな英語のホンヤクコンニャク

オープンソース, github
2019-01-08 07:33:08

GitHub now gives free users unlimited private repositories

f:id:takamints:20190108072412p:plain

GitHub is by far the most popular way to build and share software. That said, one weakness of the platform is that it limits who can create private repositories – that is, software projects that aren’t visible to the broader public, and are shared only with a handful of pre-defined collaborators – to paying users.

ソフトウェアを構築し、共有するための最も一般的な方法は、断然GitHubだといえるでしょう。 とはいえ、このプラットフォームにもひとつの弱点があります。それはプライベートリポジトリ ― 事前に定義した協力者数人としか共有できず、公開されないソフトウェアプロジェクト ― の作成を有料ユーザーに限っているということです。

  • That said - そうは言っても
  • by far - はるかに、断然、非常に
  • popular - 人気のある、一般的な

わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門〈GitHub、Bitbucket、SourceTree〉
湊川 あい
シーアンドアール研究所 (2017-04-21)
売り上げランキング: 4,444

無制限の無料プライベートリポジトリと、新たな統合された企業向け製品のご紹介です。

Fortunately, that’s no longer the case, as GitHub today announced it was giving users of its free plan access to unlimited private repositories. This is great news for GitHub’s users, but there is a caveat, of course.

もはや「幸運なことに」なんて場合でもないですよ! GitHubが本日発表したのは、フリープランのユーザにも無制限のプライベートリポジトリを与えますということでした。 これはGitHubユーザーにとっては素晴らしいニュースです。 しかしもちろん注意すべきことがありますよ。

  • Fortunately - 幸運なことに
  • caveat - 警告

Private repositories on free accounts are limited to three collaborators apiece. So, while this might work for a small project (like, for example, a team competing in a hackathon), it isn’t particularly well-suited for actual commercial usage.

フリーアカウントのプライベートリポジトリは一つにつき3人の協力者に限られます。 ですから、これは(例えば、ハッカソンのチームのような)小さなプロジェクトに対して有効で、特に実際の商業的な使用方法のために上手く統合されたものには向いていません。

That was probably a deliberate move from GitHub. There’s little risk of the company cannibalizing its existing paid users with this new free offering.

これはおそらくGitHubによる意図的な動きでした。 この新たな無料プランでの提供で、同社が既存の有料ユーザーとの共食いになるリスクはほとんどありません。

  • deliberate- 熟慮する、意図的な
  • There’s little ~ - ~ はほとんど無い(There’s a little で「少しある」になります)
  • cannibalizing - 共食い

Until recently, developers who wanted to create private git repositories without opening their wallets were forced to use a rival service – most frequently BitBucket. Today’s news, obviously, isn’t great for Atlassian’s flagship code sharing platform, but it does mean that coders aren’t forced to use two disparate code management services for their private and public projects

最近までは、財布を開かずにプライベートリポジトリを作りたい開発者は競合するサービス ― 多くは BitBucket ― を使わざるを得ませんでした。本日のニュースは、プライベートとパブリックのプロジェクトに対して開発者が2つの異なるコード管理サービスを使用することを強制されなくなったということを意味しており、明らかにアトラシアンのフラッグシップであるコード共有プラットフォームにとっては、全く素晴らしい事ではありません。

  • disparate - 異なる

I also wonder what ubiquitous private repositories will mean for Github’s culture of self-exhibition and sharing.

偏在するプライベートリポジトリが、個人的な公開や共有というGitHubの文化にとって、何を意味するかは分かりません。

The absence of free private repositories essentially meant that people were forced to air their dirty laundry – their half-baked projects that never got finished and the clumsy spaghetti code they’d sooner forget. Now that people have the option to hide this behind a perfect shroud, will this harm GitHub’s culture of shameless openness and candidness?

無料のプライベートリポジトリがないことは、皆が汚れた洗濯物 ― 決して完了せず、すぐに忘れさられる不細工なスパゲッティコードで書かれた中途半端なプロジェクト ― を公衆の面前に曝さなくてはならないということを意味しています。 今後はこれらを背後に隠しておける選択肢を持つことになります。 これは、GitHubの恥知らずな開放性と率直さという文化を危害を加えることになるのでしょうか?

  • absence - 欠席、ないこと
  • air - 【動詞】さらす、公開する
  • half-baked - 半焼け、中途半端
  • clumsy - ぎこちない、不細工な、不味い
  • shroud - 覆い、死衣
  • harm - 害、危害、被害
  • shameless - 恥知らずな
  • openness - 開放性
  • candidness - 率直さ

Maybe. Time will tell.

時間が教えてくれるかもしれません。


元記事はこちらから。

thenextweb.com


▲ たかみんつ | □ たかみんつREADER | ! トピックス | # ランキング

RSS Feed Widget
GitHubが無料ユーザーに無制限のプライベートリポジトリを与える-ニュースな英語のホンヤクコンニャク
(http://bicycle.life.coocan.jp/takamints/index.php/reader/item/267799)
by Koji Takami ( email: vzg03566@gmail.com, GitHub: takamin )