twitter: LOGIN
シンプルなフィードリーダー♪
 ▲ たかみんつ | □ たかみんつREADER | ! トピックス

[! トピックス] | スタンリー | 大谷翔平 | Koki | 成田賢 | トライアウト | 酉の市 | 名探偵ピカチュウ | 久兵衛 | 稀勢の里 | 絢香 | 西内まりや | 村上淳 | 錦織圭 | 亀田和毅 | 懸賞 | 中村倫也 | 草刈正雄 | 小田急線 | 篠原涼子 | UUUM

たかみんつREADERランキング

表示件数:

集計範囲: 最新(ここ数日)過去1週間

 
少年マガジンにて、「大今良時」氏の新人賞受賞作が、「障害者へのいじめ」というデリケートなテーマを扱っていたためになかなか掲載されずに紆余曲折をへて、ついに連載になって大きな反響を巻き起こしている、というのが、今回レビュー記事を書いている「聲の形」です。

【送料無料】聲の形(1) [... 価格:450円(税込、送料込)

聲の形 第1巻大今良時講談社 少年マガジンKC(上が楽天BOOKS、下がAmazon) さて、前回はほとんど「あらすじ」を書いただけで終わってしまったので(^^;)、今回はちゃんと「レビュー」しようと思います。なお、ここからのレビューは、単行本1巻の内容にとどまらず、現在連載中の内容(単行本では2巻ないし3巻の初めあたりまでを含むと思われます)にまで言及しているので、その点はご了承願います。 ただ、「レビュー」と書きましたが、この話を読み解くのは実はとても難しい。 改めてストーリーを大雑把にまとめると、こんな感じです。
小学校に転校してきた耳の聞こえない少女「西宮硝子」は、学校に溶け込めず、生徒から陰湿ないじめを受けるようになる。ところがやがてそれが校長の耳に入り、いじめの先頭に立っていた「石田将也」は「主犯」とされ、一転、いじめの被害者に転落。そんな将也にいたわりのそぶりを見せる硝子だったが、将也はそれを偽善だとののしって受け入れず、ついに二人は取っ組み合いの喧嘩をして、硝子は転校して去っていった。そんな二人は別々に高校生になり、そして再会する…
この作品の、いちばん「表層的」な読み解きというのは、「自分がいじめられても相手を責めず、それどころか救いの手さえ差し伸べようとする西宮(硝子)さんマジ天使」といったものでしょう。まあ、そこまで露骨な読み解きでなくても、「硝子の心の美しさがこの物語の救い」みたいなレビューは、既にいくつか読みました。 でもそれでは、この物語の本質を大きく外している、と思います。 確かに、一見、硝子というのはそういう「天使のような善人キャラ」として描かれています。そして、もしかすると、「読みきり版」はその読み方でも必ずしも間違ってないのかもしれません。 でも、連載になって作者は明らかに物語の骨格を変えています。読みきりのときとストーリーはすごく似ているんだけど、連載になって、実は作者が描こうとしているものは根本的に異なってるかもしれない。 もっと平たくいうと、 (少なくとも連載版の)硝子は、たぶん「天使」じゃない。 ということです。 先日、NHKのEテレでこのまんがの特集番組が組まれ、そこで作者の大今氏がインタビューで明確に語っていたのが、 「このまんがで、硝子は自分の気持ちをまったく話していない」「その気持ちを知りたい、ということでストーリーが進んでいくと思う」 ということでした。(作者が言ってるわけですから)ここに、このまんがの本質があるのだ、と思います。 つまり、この連載版の現時点までで描かれている、「いい人」「天使」としての硝子は、「自分の本来の気持ちを殻に閉じ込めた姿」として描かれているんだろう、ということです。 障害をもって生まれてきた硝子は、その困難を乗り越えて社会で生きるために、その社会に受け入れてもらえるような(まさに障害者が社会から期待されているような)「善良で、誠実で、自ら社会に溶け込み困難を克服する努力をして、健常者に恨みつらみを言わない」といった生き方を目指していきました。 でもそれは、恐らく硝子にとっても必ずしも自分が本当にそうありたいと思っている自分の姿ではなかったのではないでしょうか。そんな「精神的な呪縛」を、硝子はすでに小学生のときからまとっていた。いや、まとわずにはいられなかった。 ここで思い起こさずにはいられないのが、「名誉健常者」というキーワードです。これまでこのブログや、ツイッター等で何度か触れてきたことのある、この「名誉健常者」というキーワードを意識しながら硝子のふるまいを見ると、 まさに彼女はこの「名誉健常者」というロールモデルを選択した(あるいは、成長の過程でそれを選択しようとしている)人物として描かれている ことに、はっと気づくのです。 (次回に続きます。)
 

海から島が出現する瞬間見てみてえええええ! 今月20日午後4時20分ごろ、小笠原諸島の西之島近くの海上に、直径200メートルほどの新たな島が出現したとのこと。ソースで動画見れるけど、うおおおおお興奮... 続きを読む

 

ソニー・コンピュータエンタテインメントは11月15日(米国時間)、同社の最新ゲーム機となる「プレイステーション 4(PS4)」の販売を開始した。発売後24時間で100万台以上の実売を達成したとしており、好調な滑り出しを見せている。ライセンスページ「Open Source Software used in PlayStation®4」によれば、FreeBSDカーネルやfsck(8)/newfs(8)コマンドをはじめ、FreeBSDを中心としてソフトウェアで構成されていることを確認できる。

 
迫力の恐竜をお部屋のインテリアにする試みは少なくありませんが、存在感があり過ぎたりマニアックだったりすることも。 果たしてこれが同じような存在感・マニアックさを醸し出すのかは分かりませんが、少なくと
 

かつらは究極のウェアラブルデバイス…? スマートウォッチにGoogle Glassとウェアラブル業界は活気づく一方ですが、ソニーが業界に一石を投じる「スマートかつら」の特許を申請していたことがわかり... 続きを読む

 

AKIRA、TRON、なんでもいいけど、すごいなこれ。 東京モーターショー2013でカワサキが出した三輪電動ビークル「J」。完全に別次元いってしまってますよね。乗り方がまた輪をかけてクレイジーなんで... 続きを読む

 
コンニチハ、ワタシの名前はタイムトラベラー・ルミですヨ。あの頃に戻って人気の記事をピックアップ、編集・修正して改めてご紹介しますヨ。今回はさかのぼること2012年5月23日から、気になる記事を拾って
 

本格的な軽スポーツカーであるホンダ・BEATは、1996年に製造が終了してからも一部のファンの間で根強い人気を保っています。これまでに幾度となく噂が流れてきたBEAT後継車のコンセプトモデルであるS660が、東京モーターショーで展示されています。 コンパクトな二人乗りオープンの車体。軽自動車枠に収まっているそうです。

続きを読む...

 

Raspberry Pi FoundationとWolfram Researchは21日、米ニューヨークで開催中のCBM (Computer-Based Math) Education Summitにおいて、Raspberry Pi向けのOS「Raspbian」にWolframの「Wolfram Language」のパイロットリリースと「Mathematica」をバンドルすると発表した。

 
アットマークテクノは「Embedded Technology 2013/組込み総合技術展」において、試作開発から量産まで幅広く対応可能な組み込み機器向けプラットフォーム製品「Armadilloシリーズ」を全面に訴求。展示ブースでは、新製品や既存製品のアップデートに関する展示デモを見ることができた。


RSS Feed Widget
たかみんつREADERランキング
(http://bicycle.life.coocan.jp/takamints/index.php/reader/ranking/2013-11-26)
by Koji Takami ( email: vzg03566@gmail.com, GitHub: takamin )