twitter: LOGIN
シンプルなフィードリーダー♪
 ▲ たかみんつ | □ たかみんつREADER | ! トピックス

[! トピックス] | スタンリー | 大谷翔平 | Koki | 成田賢 | トライアウト | 酉の市 | 名探偵ピカチュウ | 久兵衛 | 稀勢の里 | 絢香 | 西内まりや | 村上淳 | 錦織圭 | 亀田和毅 | 懸賞 | 中村倫也 | 草刈正雄 | 小田急線 | 篠原涼子 | UUUM

たかみんつREADERランキング

表示件数:

集計範囲: 最新(ここ数日)過去1週間

 
少年マガジンにて、「大今良時」氏の新人賞受賞作が、「障害者へのいじめ」というデリケートなテーマを扱っていたためになかなか掲載されずに紆余曲折をへて、ついに連載になって大きな反響を巻き起こしている、というのが、今回レビュー記事を書いている「聲の形」です。

【送料無料】聲の形(1) [... 価格:450円(税込、送料込)

聲の形 第1巻大今良時講談社 少年マガジンKC(上が楽天BOOKS、下がAmazon) さて、前回はほとんど「あらすじ」を書いただけで終わってしまったので(^^;)、今回はちゃんと「レビュー」しようと思います。なお、ここからのレビューは、単行本1巻の内容にとどまらず、現在連載中の内容(単行本では2巻ないし3巻の初めあたりまでを含むと思われます)にまで言及しているので、その点はご了承願います。 ただ、「レビュー」と書きましたが、この話を読み解くのは実はとても難しい。 改めてストーリーを大雑把にまとめると、こんな感じです。
小学校に転校してきた耳の聞こえない少女「西宮硝子」は、学校に溶け込めず、生徒から陰湿ないじめを受けるようになる。ところがやがてそれが校長の耳に入り、いじめの先頭に立っていた「石田将也」は「主犯」とされ、一転、いじめの被害者に転落。そんな将也にいたわりのそぶりを見せる硝子だったが、将也はそれを偽善だとののしって受け入れず、ついに二人は取っ組み合いの喧嘩をして、硝子は転校して去っていった。そんな二人は別々に高校生になり、そして再会する…
この作品の、いちばん「表層的」な読み解きというのは、「自分がいじめられても相手を責めず、それどころか救いの手さえ差し伸べようとする西宮(硝子)さんマジ天使」といったものでしょう。まあ、そこまで露骨な読み解きでなくても、「硝子の心の美しさがこの物語の救い」みたいなレビューは、既にいくつか読みました。 でもそれでは、この物語の本質を大きく外している、と思います。 確かに、一見、硝子というのはそういう「天使のような善人キャラ」として描かれています。そして、もしかすると、「読みきり版」はその読み方でも必ずしも間違ってないのかもしれません。 でも、連載になって作者は明らかに物語の骨格を変えています。読みきりのときとストーリーはすごく似ているんだけど、連載になって、実は作者が描こうとしているものは根本的に異なってるかもしれない。 もっと平たくいうと、 (少なくとも連載版の)硝子は、たぶん「天使」じゃない。 ということです。 先日、NHKのEテレでこのまんがの特集番組が組まれ、そこで作者の大今氏がインタビューで明確に語っていたのが、 「このまんがで、硝子は自分の気持ちをまったく話していない」「その気持ちを知りたい、ということでストーリーが進んでいくと思う」 ということでした。(作者が言ってるわけですから)ここに、このまんがの本質があるのだ、と思います。 つまり、この連載版の現時点までで描かれている、「いい人」「天使」としての硝子は、「自分の本来の気持ちを殻に閉じ込めた姿」として描かれているんだろう、ということです。 障害をもって生まれてきた硝子は、その困難を乗り越えて社会で生きるために、その社会に受け入れてもらえるような(まさに障害者が社会から期待されているような)「善良で、誠実で、自ら社会に溶け込み困難を克服する努力をして、健常者に恨みつらみを言わない」といった生き方を目指していきました。 でもそれは、恐らく硝子にとっても必ずしも自分が本当にそうありたいと思っている自分の姿ではなかったのではないでしょうか。そんな「精神的な呪縛」を、硝子はすでに小学生のときからまとっていた。いや、まとわずにはいられなかった。 ここで思い起こさずにはいられないのが、「名誉健常者」というキーワードです。これまでこのブログや、ツイッター等で何度か触れてきたことのある、この「名誉健常者」というキーワードを意識しながら硝子のふるまいを見ると、 まさに彼女はこの「名誉健常者」というロールモデルを選択した(あるいは、成長の過程でそれを選択しようとしている)人物として描かれている ことに、はっと気づくのです。 (次回に続きます。)
 

ガンダリウム合金……か!?(ジュラルミン=アルミニウム合金です)。 ガンダムシリーズのモビルスーツデザインを手がけたメカデザイナー、大河原邦男氏がデザインしたiPhone 5s/5用ケースが登場しま... 続きを読む

 

目下、某所で絶賛炎上中でありますが、パナソニックで大変なことが起きております。

パナソニック、ヘルスケア事業の全株を1650億円でKKRに売却 http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE98Q06O20130927

ネタ自体は今年9月に発表された代物ではありますが、このパナソニックのヘルスケア事業、もともとは三洋電機のバイオメディカ事業部でありまして、そこの事業部の中に小規模医療法人や診療所などを中心に550万人ほどの日本人の医療情報を取り扱う電子カルテ関連事業を運用しています。

この電子カルテが最終的にKKRの手に渡りますと、20%の株式を引き続きパナソニックが握るとはいえ第三国資本の企業への譲渡や包括的な業務提携をされ次第、日本人の医療情報が海外に漏れなく流出するという騒ぎに直結するということで、さすがにそれはまずいだろうということであれこれ動きが出てきたという状況です。

さすがに日本医師会も重い腰を挙げ、先日パナソニックの経営陣を呼んで話をしたようですが、当然のように木で鼻を括ったような対応になっていて好感が持てます。やっぱり私の知っているパナソニックはそうでないと門真じゃないっすよね。

冗談を言っている場合ではないのが、情報の一部に調剤薬局のデータも含まれている可能性が指摘されていることで、医師会としては「本来、患者データが外部に漏れるはずはない。なぜならば患者の情報は医師が漏らさないからだ、はっはっは」と言っていたのが、まさかの電子カルテ業者に委託していた先が海外資本になるぜって話は想定していなかったようです。

もちろん、GEメディカルは良くてKKR傘下はいかんのかとか、さまざまな思いが去来するところではあるんですが、このKKRが取引を急ぎたかった背景がどうもあるようで、このあたりも踏まえて有料メルマガのほうで解説をしようとしているんですけれども話が膨大すぎてうまくまとめきれません。

『人間迷路』 夜間飛行: http://yakan-hiko.com/kirik.html BLOGOS: http://magazine.livedoor.com/magazine/50

というわけでもうすぐメルマガ発行できるよう頑張っております。いましばらくお待ちくださいませ。

 

音源なし、アクロバットなし、ミサイル発射もなし。ただ空翔けるロシア防空軍MiG-31の映像が淡々と続くのですが、あまりの臨場感にボーッと見入ってしまいました。 MiG-31(第4世代戦闘機、NASA... 続きを読む

 

ユニクロが、服の新たな魅力をフード&ミュージックと共に紹介するという新たな取り組みから「UNIQLO RECIPE(ユニクロレシピ)」と名付けられたアプリをリリース。 cafeglobeによると、ア...

記事を読む

 

幻想的でありながら生々しい気迫が濃縮された写真の数々。これが全てシャッター切っただけなんてスゴい…! このコレクションは、数週間から数か月かけて撮影された純粋な「写真」作品。カメラ、3.6×4.1×... 続きを読む

 

手で何かをいじくり回すのは、物思いにふけってあれこれ考えているように思われることが多いしぐさです。あまり考えずに物をいじって遊ぶのは、学ぶのには役に立たないように思えます。しかし、Annie Mur... 続きを読む

 

「古いPCはクラシックカーのようだ」と語る男性が、幼少期に購入したMacintosh Plusをインターネットに接続したらどうなるのか実際に試した様子を公開しています。ただし、実際に接続するには、ハードウェア・ソフトウェア両方の問題を乗り越える必要があり、一筋縄ではいかなかったようです。 …

続きを読む...

 

中年を迎える一部の男性にとって悩みの種の「薄毛」。日本では、成人男子の4人~5人に1人が薄毛に悩んでいると言われ、ストレスの多い現代社会、その割合は年々高くなっているようです。

世界的にみると、地域差があり、欧米諸国のほうがアジア諸国よりも薄毛率が高いようですが、ともあれ、万国共通の悩みである薄毛。世界各地で対処法、治療法の研究・開発が盛んに行われています。

それでも、抜け毛・発毛のメカニズムの解明は難しく、治療薬に関しては、現状、科学的にも効果の認められたものは数少なく、発毛を促進するものは存在しません。

しかし、状況は変わりつつあるのかもしれません。「この分野にとって今が一番エキサイティングな時」とある研究者が言うように、近年、可能性を感じさせる発見が相次いでいます。人類が薄毛を克服できる日は近いのか?最新の技術動向をまとめてみました。

【細胞のクローン化】 今話題になっているのが、米コロンビア大学と英ダラム大学の研究チームによる新しい発毛方法の研究。毛髪を脱毛箇所に移植する従来の方法と異なり、毛を作る細胞を頭皮から採取し、そのクローンを施設で量産して、それらを頭皮に戻すというもの。現在、マウスにそのクローン細胞を植え付ける実験では成功しており、今後臨床試験を行う予定とのことです。

【脱毛症の原因PGD2】 続いて「PGD2」について。これは、昨年米ペンシルバニア大学が、男性型脱毛症の原因になっている可能性があると特定した酵素。薄毛の人の頭皮には、通常の3倍のPGD2が存在することがわかりました。既に製薬会社が、抗アレルギー薬に同酵素を抑制する効果があるとして、テストを行っています。実際に人体で効果が確認されるまでにはまだまだテストを重ねる必要があるようですが、こちらも今後の展開が期待されています。

【毛包の再生因子FGF9】 その他、注目されているのが米Follica社によるFGF9の研究。同社は、皮膚の損傷時に、FGF9というたんぱく質が、毛髪の再生に重要な役割を果たしていることを発見。これを利用し、器具で故意に皮膚に傷をつけ、その際にFGF9を投与して新しい毛包の再生を促すというもの。こちらもマウス実験では成功しており、現在臨床試験を行っているということです。

上記のなかで実用化されるものがあるのか、それとも他の新技術が登場するのか、現時点では何とも言えませんが、遂に人類が薄毛問題を克服する日がやってくるのか、非常に興味深いところです。



RSS Feed Widget
たかみんつREADERランキング
(http://bicycle.life.coocan.jp/takamints/index.php/reader/ranking/2013-12-17)
by Koji Takami ( email: vzg03566@gmail.com, GitHub: takamin )