twitter: LOGIN
シンプルなフィードリーダー♪
 ▲ たかみんつ | □ たかみんつREADER | ! トピックス

[! トピックス] | スタンリー | 大谷翔平 | Koki | 成田賢 | トライアウト | 酉の市 | 名探偵ピカチュウ | 久兵衛 | 稀勢の里 | 絢香 | 西内まりや | 村上淳 | 錦織圭 | 亀田和毅 | 懸賞 | 中村倫也 | 草刈正雄 | 小田急線 | 篠原涼子 | UUUM

たかみんつREADERランキング

表示件数:

集計範囲: 最新(ここ数日)過去1週間

 
少年マガジンにて、「大今良時」氏の新人賞受賞作が、「障害者へのいじめ」というデリケートなテーマを扱っていたためになかなか掲載されずに紆余曲折をへて、ついに連載になって大きな反響を巻き起こしている、というのが、今回レビュー記事を書いている「聲の形」です。

【送料無料】聲の形(1) [... 価格:450円(税込、送料込)

聲の形 第1巻大今良時講談社 少年マガジンKC(上が楽天BOOKS、下がAmazon) さて、前回はほとんど「あらすじ」を書いただけで終わってしまったので(^^;)、今回はちゃんと「レビュー」しようと思います。なお、ここからのレビューは、単行本1巻の内容にとどまらず、現在連載中の内容(単行本では2巻ないし3巻の初めあたりまでを含むと思われます)にまで言及しているので、その点はご了承願います。 ただ、「レビュー」と書きましたが、この話を読み解くのは実はとても難しい。 改めてストーリーを大雑把にまとめると、こんな感じです。
小学校に転校してきた耳の聞こえない少女「西宮硝子」は、学校に溶け込めず、生徒から陰湿ないじめを受けるようになる。ところがやがてそれが校長の耳に入り、いじめの先頭に立っていた「石田将也」は「主犯」とされ、一転、いじめの被害者に転落。そんな将也にいたわりのそぶりを見せる硝子だったが、将也はそれを偽善だとののしって受け入れず、ついに二人は取っ組み合いの喧嘩をして、硝子は転校して去っていった。そんな二人は別々に高校生になり、そして再会する…
この作品の、いちばん「表層的」な読み解きというのは、「自分がいじめられても相手を責めず、それどころか救いの手さえ差し伸べようとする西宮(硝子)さんマジ天使」といったものでしょう。まあ、そこまで露骨な読み解きでなくても、「硝子の心の美しさがこの物語の救い」みたいなレビューは、既にいくつか読みました。 でもそれでは、この物語の本質を大きく外している、と思います。 確かに、一見、硝子というのはそういう「天使のような善人キャラ」として描かれています。そして、もしかすると、「読みきり版」はその読み方でも必ずしも間違ってないのかもしれません。 でも、連載になって作者は明らかに物語の骨格を変えています。読みきりのときとストーリーはすごく似ているんだけど、連載になって、実は作者が描こうとしているものは根本的に異なってるかもしれない。 もっと平たくいうと、 (少なくとも連載版の)硝子は、たぶん「天使」じゃない。 ということです。 先日、NHKのEテレでこのまんがの特集番組が組まれ、そこで作者の大今氏がインタビューで明確に語っていたのが、 「このまんがで、硝子は自分の気持ちをまったく話していない」「その気持ちを知りたい、ということでストーリーが進んでいくと思う」 ということでした。(作者が言ってるわけですから)ここに、このまんがの本質があるのだ、と思います。 つまり、この連載版の現時点までで描かれている、「いい人」「天使」としての硝子は、「自分の本来の気持ちを殻に閉じ込めた姿」として描かれているんだろう、ということです。 障害をもって生まれてきた硝子は、その困難を乗り越えて社会で生きるために、その社会に受け入れてもらえるような(まさに障害者が社会から期待されているような)「善良で、誠実で、自ら社会に溶け込み困難を克服する努力をして、健常者に恨みつらみを言わない」といった生き方を目指していきました。 でもそれは、恐らく硝子にとっても必ずしも自分が本当にそうありたいと思っている自分の姿ではなかったのではないでしょうか。そんな「精神的な呪縛」を、硝子はすでに小学生のときからまとっていた。いや、まとわずにはいられなかった。 ここで思い起こさずにはいられないのが、「名誉健常者」というキーワードです。これまでこのブログや、ツイッター等で何度か触れてきたことのある、この「名誉健常者」というキーワードを意識しながら硝子のふるまいを見ると、 まさに彼女はこの「名誉健常者」というロールモデルを選択した(あるいは、成長の過程でそれを選択しようとしている)人物として描かれている ことに、はっと気づくのです。 (次回に続きます。)
 

ユニクロが、服の新たな魅力をフード&ミュージックと共に紹介するという新たな取り組みから「UNIQLO RECIPE(ユニクロレシピ)」と名付けられたアプリをリリース。 cafeglobeによると、ア...

記事を読む

 

幻想的でありながら生々しい気迫が濃縮された写真の数々。これが全てシャッター切っただけなんてスゴい…! このコレクションは、数週間から数か月かけて撮影された純粋な「写真」作品。カメラ、3.6×4.1×... 続きを読む

 

手で何かをいじくり回すのは、物思いにふけってあれこれ考えているように思われることが多いしぐさです。あまり考えずに物をいじって遊ぶのは、学ぶのには役に立たないように思えます。しかし、Annie Mur... 続きを読む

 

「古いPCはクラシックカーのようだ」と語る男性が、幼少期に購入したMacintosh Plusをインターネットに接続したらどうなるのか実際に試した様子を公開しています。ただし、実際に接続するには、ハードウェア・ソフトウェア両方の問題を乗り越える必要があり、一筋縄ではいかなかったようです。 …

続きを読む...

 
高校生の頃から、もやもやとした違和感を持っていた。何に対してかと言うと、自分を覆い包む空気のようなものに。少しでも明確に言えば、日本という国に漂う匂いみたいなものに、なんだかイヤだなあという気持ちを持っていた。 それは、周囲との同化を強いる。自己主張をしすぎるとまずいらしいとか。それからどうやら、新卒での就職が大事でそこで人生は固定されるらしいこと。その固定的な人生は会社という固定的なシステムに規定され、それを受け入れさえすれば平坦だが安泰な人生が送れるらしいこと。高校生でも、そんな世の中になっているらしいことは感覚的に理解していた。そしてそれが心の底からイヤだった。そういう固定的なシステムに覆われずに生きたかった。 それとともに、どうして日本は固定的なのかを知りたかった。いろいろ本を読むのだけど大概答えは、"日本だから、日本人だから"に収束していった。必ずそういう民族性に落ち着くのがまたイヤだった。日本人は村社会で同質性を好み、変化を嫌い、権力に屈する民族なのだと。だったら変えようはない。逃れられないじゃないか。 でもそうなのか?日本人にはそもそもDNAに"自由"が刻印されていないのか?固定的なずーっと変わらない生き方がすり込まれた民族なのか?そこまでつまらない国民性なのかなあ・・・? 95年に、2つの反証に出会った。ひとつは書籍、もうひとつはテレビ番組だったが長らくのぼくの疑問への答えであり、2つとも大きく見れば同じことを言っていた。 書籍の方は、野口悠紀雄氏の「1940年体制-さらば戦時経済」番組はNHK教育テレビ「日本株式会社の昭和史-官僚支配の構造」。番組の方も書籍化されているし、両方ともいまも売られている。 両方合わせた内容を簡単に書くと、今の社会経済制度は1940年代に戦争を乗り切るために整えられたものがそのまま稼働している。戦後GHQ主導で新制度もできたが、実は"戦時体制"は温存された。日本の制度は戦後に一新されたと思われがちだがそうではなく、むしろ日本人の精神性まで影響するような制度は戦時につくられたものだった。 制度を作った内務官僚は、戦前の貧しさを克服するために、当時新鮮だったソ連の制度を参考にした。彼らは満州国建国時にそれをその地で制度化し、40年代には日本に戻ってきて満州で鍛えた制度を日本にも適用した。それは会社組織を通して個人が安心して国家のために働くシステムで、終身雇用や会社別労働組合、銀行を軸にした間接金融制度、などなどなど。源泉徴収制度ができたのもこの流れ。会社に従うことで人生が保証され、個人のエネルギーが国家に集約される。だから国家は会社を守ることを通して国民を守る。護送船団方式の原点がここにある。 戦争を乗り切るために整えられた制度は敗戦後、結果的に日本の高度成長を見事に支え、経済での戦争で勝利をもたらした。 この2つに出会ったぼくは、目から鱗が落ちる思いだった。なるほど!と得心した。ぼくがずーっとひっかかっていた"なんでこんなに固定的なのか?"に対し、貧しさと戦争を乗り切るために明らかな意図の元に整えられた制度だから、というものすごく明解な回答を得た。なんだか息苦しさを感じていたのは、社会主義をモデルにした制度だったからだ。疑問のすべてに説明がついた。そして、それは決して"民族性"という絶望的な理由ではなかった。むしろ、戦前の日本社会は今よりずっと流動的だった。言ってみれば"自由"だった。それを知ったぼくも自由になったような気持ちだった。だったら、この国は変わるはずだ、変えられるんだ。前向きな気持ちになれた。 40年体制は、そこから派生した様々な制度を生み、それがまた日本人のライフスタイルにも影響を与えた。例えば、なぜ日本人は持ち家を持ちたがるのか、という議論の場合。よくあるのが「日本人は農耕民族だから土地への執着が強いからだ」という答え。だが実際には40年体制で借地借家法ができ、借りる側の権利が異様に強化されたことが原因だ。簡単に立ち退きさせられない法律になった。だから、家主が家を貸す際に用心するようになった。家族向けの住居は個人に貸すとでていってもらえないかもしれないので、法人貸しが中心になった。だから家族を持つと賃貸物件が借りにくいもんで持ち家が普及した。明治時代の都市は賃貸が主流で夏目漱石でさえ貸家に住んでいた。日本人が農耕民族だから持ち家にこだわる、というのは勘違いなのだ。 家族の形態もそうだ。女性は主婦になり男性は会社で働きつづける。これも40年体制の派生で、そういう前提で税金の制度を整えたのだ。家事が大変だった頃はひょっとしたらその方が合理的だったのかもしれないが、女性が働きやすい環境が必要ないま、どうなのか。 こうして見ていくと、日本の働き方、生活感覚、儀式や常識のかなりの部分は日本古来のものでも民族性に由来するものでもなく、つい最近、昭和の時代にできたものだと気づく。まだまだ、調べるといくらでも出てくると思う。結婚式は親戚や会社の上司を招いてホテルで披露宴をする、なんてほんとに戦後のものだ。でもなんとなく、日本人はそうするものと思い込んでいないだろうか。演歌は日本人の心だと言われるけれど、明治時代の演歌は政治社会の風刺演説に使われたもので、今"演歌"と言われる形態は昭和になってから発達したものだ。 そういう国なんだから、しょうがないよ。そういう民族なんだから、変わらないんだよ。そんな風にネガティブに考える必要はまったくない。いまおかしいと思っている制度や文化は、変えられるのだ。変えていけばいいのだ。 それから、この"40年体制"に立って物事を見ると、いま何が行き詰まっていて何を変えるべきかがわかってくる。今の制度は戦争遂行のためにつくられたのだ。そして戦争に負けた後、経済戦争には勝った。勝ったもんで制度を変えないでここまで来たが、勝った時の貯金がもう尽きようとしている。会社に成長を託す考え方をもう離れた方がいい。それに、政府が会社を守る方式も、行き詰まっているのだと思う。もっと個人が自律的に勝手にやった方がいい。会社ではなく個人を軸にした制度が、いま求められているのだと思う。 ※この記事はアートディレクター・上田豪氏と、続けている試み。記事を書いて挿し絵的にビジュアルをつくるのではなく、見出しコピーだけを書いたものに上田氏がビジュアルをつけて言葉とともにひとつの表現として完成させたもの。それをもとにあらためて本文を書く、というやり方をしている。ただ今回は、長らくまとめて書いてみたかったテーマなので、本文は頭の中でできていたのだけど。このやり方は、さらに続けてみようと思っている。年内はもう一本用意してあるのでお楽しみに。 コミュニケーションディレクター/コピーライター/メディア戦略家 境 治 What can I do for you? sakaiosamu62@gmail.com (※この記事は、2013年12月17日の「クリエイティブビジネス論!~焼け跡に光を灯そう~」から転載しました)
 

中年を迎える一部の男性にとって悩みの種の「薄毛」。日本では、成人男子の4人~5人に1人が薄毛に悩んでいると言われ、ストレスの多い現代社会、その割合は年々高くなっているようです。

世界的にみると、地域差があり、欧米諸国のほうがアジア諸国よりも薄毛率が高いようですが、ともあれ、万国共通の悩みである薄毛。世界各地で対処法、治療法の研究・開発が盛んに行われています。

それでも、抜け毛・発毛のメカニズムの解明は難しく、治療薬に関しては、現状、科学的にも効果の認められたものは数少なく、発毛を促進するものは存在しません。

しかし、状況は変わりつつあるのかもしれません。「この分野にとって今が一番エキサイティングな時」とある研究者が言うように、近年、可能性を感じさせる発見が相次いでいます。人類が薄毛を克服できる日は近いのか?最新の技術動向をまとめてみました。

【細胞のクローン化】 今話題になっているのが、米コロンビア大学と英ダラム大学の研究チームによる新しい発毛方法の研究。毛髪を脱毛箇所に移植する従来の方法と異なり、毛を作る細胞を頭皮から採取し、そのクローンを施設で量産して、それらを頭皮に戻すというもの。現在、マウスにそのクローン細胞を植え付ける実験では成功しており、今後臨床試験を行う予定とのことです。

【脱毛症の原因PGD2】 続いて「PGD2」について。これは、昨年米ペンシルバニア大学が、男性型脱毛症の原因になっている可能性があると特定した酵素。薄毛の人の頭皮には、通常の3倍のPGD2が存在することがわかりました。既に製薬会社が、抗アレルギー薬に同酵素を抑制する効果があるとして、テストを行っています。実際に人体で効果が確認されるまでにはまだまだテストを重ねる必要があるようですが、こちらも今後の展開が期待されています。

【毛包の再生因子FGF9】 その他、注目されているのが米Follica社によるFGF9の研究。同社は、皮膚の損傷時に、FGF9というたんぱく質が、毛髪の再生に重要な役割を果たしていることを発見。これを利用し、器具で故意に皮膚に傷をつけ、その際にFGF9を投与して新しい毛包の再生を促すというもの。こちらもマウス実験では成功しており、現在臨床試験を行っているということです。

上記のなかで実用化されるものがあるのか、それとも他の新技術が登場するのか、現時点では何とも言えませんが、遂に人類が薄毛問題を克服する日がやってくるのか、非常に興味深いところです。

 

これ、すごく楽しそう。

Anki DRIVEはいわゆるミニカーであるが、なにかとハイテクで未来的な点がユニークだ。

iPhoneで操作できるのはまぁ良いとして、一人で遊ぶときでもAIがもう一つの車を自動運転してくれたり、コースは平坦だけどちゃんとバーチャルな壁があったりする。

きわめつけは経験値によってクルマの能力があがるという機能で、相手をふっとばす武器を搭載できたりするようだ。

子供だったら絶対欲しがっていただろうなぁ。かなり良いですね。

Anki DRIVE

http://anki.com/

ハイテクミニカー。

管理人の独り言 『ひさびさ。』

本日はひさびさにイベント。楽しんでこよう。

今日の運動記録

なしかなぁ。

 

文章を書く仕事をしていると、一般的には正しいといわれる文法に、違和感を覚える瞬間があります。

「〜〜したり、〜〜したりする」が気持ちわるい

そのひとつが「〜〜したり、〜〜したりする」という表現。NHKのサイトにちょうどいいQ&Aがあったので引用。

「(休みの日には)本を読んだり音楽を聴いて過ごしています」などという言い方を、放送でも耳にすることがあります。この言い方は間違っているのではないでしょうか。

「(休みの日には)本を読んだり音楽を聴いたりして過ごしています」と、「たり」を繰り返す形にするのが本来の言い方・用法です

「~たり~たり」 | ことば(放送用語) - 放送現場の疑問・視聴者の疑問 | NHK放送文化研究所

そうなんです。厳密にいうと、「普段はブログを書いたり、昼寝をして過ごしています」みたいな文法って誤りなんです。

が、ぼくは文章を書いていて、むしろ「本を読んだり音楽を聴いたりして過ごしています」という表現の冗長さに気持ちわるさを覚えてしまいます。これは個人の感覚の話なんですが、なんか違和感があるんですよね。「本を読んだり音楽を聴いて過ごしています」でいいじゃないか、そっちの方が読みやすいじゃないか、と。

あとは「ら抜き言葉」についても。ら抜き言葉って普通に便利なので、ぼくはしばしば利用しています。ブロガー的にいえば、文字数も1文字削減できますし。

例えば「食べられる」と言った場合、ライオンかなんかに自分が餌になってしまうのか、食べることが(食材的、場所的に)適切だということを言っているのか不明確であるが、ら抜き言葉で「食べれる」と表現することにより後者であることが明確にすることができる。このことはら抜き言葉の存在価値といってよいであろう。

ら抜き言葉とは (ラヌキコトバとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

「ら抜き言葉を使うな」?

言語というのは生き物ですから、辞書的な定義よりも、むしろ時代の感覚のほうを意識すべきだと、個人的には考えています。というわけで、ぼくの書く文章は時折「ら抜き言葉」を使いますし、「したり〜、〜する」というイレギュラーな文体を採用します。

そんなことは当然だと思うんですが、しばしば「文章のプロが『ら抜き言葉』を使うとは何事か!」みたいな批判をもらうんですよねぇ…。ネタかと思いますが、本気のようです。ちなみにおっさんに多いです。

順番が違うと思いますけどね。むしろプロだからこそ、意識的に旧態依然として文体・文法を壊していくんです。時代の感覚を敏感に嗅ぎ取り、それを文章に取り入れていくのが、プロとしての姿勢でしょう。辞書に即して書くのなら、誰だってできますから。

関連して、佐々木俊尚さんがこんな記事を紹介しています。とても面白い記事なのでぜひ。



RSS Feed Widget
たかみんつREADERランキング
(http://bicycle.life.coocan.jp/takamints/index.php/reader/ranking/2013-12-20)
by Koji Takami ( email: vzg03566@gmail.com, GitHub: takamin )