twitter: LOGIN
シンプルなフィードリーダー♪
 ▲ たかみんつ | □ たかみんつREADER | ! トピックス

[! トピックス] | スタンリー | 大谷翔平 | Koki | 成田賢 | トライアウト | 酉の市 | 名探偵ピカチュウ | 久兵衛 | 稀勢の里 | 絢香 | 西内まりや | 村上淳 | 錦織圭 | 亀田和毅 | 懸賞 | 中村倫也 | 草刈正雄 | 小田急線 | 篠原涼子 | UUUM

たかみんつREADERランキング

表示件数:

集計範囲: 最新(ここ数日)過去1週間

 

こういう書評が載るんですねぇ、と考えさせられたので書き起こし&コメントしておきます。

書き起こし

■着ぐるみ脱いだホリエモン

「ホリエモン」は「ドラえもん」を連想させる。以前は丸っこい体型も似ていた。 ただ、ドラえもんがのびたの成長を図る大人ネコなのに、ホリエモンは大人の中に紛れ込んだ子どもネコ。ドラえもんが無力な主人を世知で助ける、機械じかけの「長靴をはいた猫」なら、ホリエモンは主人を持たず、靴に象徴される拘束や忠誠や社会的な役割を嫌う、「長靴をはかない猫」だった。 そんな、気ままで大きな子どもネコが逮捕、取り調べ、裁判、収監という強烈すぎる通過儀礼を経て、どう変わったか。 著者は本書で、もう「ホリエモン」ではなく「ゼロとしての堀江貴文」だと宣言している。 「人の心はお金で買える、女はお金に付いてくる」(『稼ぐが勝ち』)と豪語していたホリエモン時代とは確かに違う。 心の通じ合わない両親との確執、恩師の勧めで入学した中高一貫校での成績がふるわなかったこと、東大合格に威力を発揮した丸暗記勉強法、優秀な先輩でも思うような研究態勢が取れないアカデミズムへの失望などがシンプルな筆致で書いてある。 東大1年生のころは女子に「一緒に帰ろう」と声をかけられても「無理、無理、無理、無理!」と心の中で叫びつつ立ち去るようなウブなオタク学生だったことを告白しているし、「ゼロの自分にイチを足す」ような地道な努力も説いている。 じゃあ、大人になったのか、と問われれば、どうも、そんなふうでもない。 最終章は、未来への希望、テクノロジーへの信頼、グローバル化する世界の全面肯定、スピードへのときめく思いがナイーブに語られる一方で、オヤジ化することへの嫌悪があらわだ。 「長靴をはかないネコ」ホリエモンの着ぐるみを脱いだら、出てきたのは裸足の少年ホリエ。微妙だなあ。

(鈴木 繁、朝日新聞編集委員)

あなたの言う「大人」「社会」とは何なのか

いやー、書き写してみると、すごいですね。これほど嫌悪感を与える文章はある意味ですごい。ぼくは堀江さんの信者でも何でもないですが、このレビューは純粋に気持ち悪さを感じます。

何が特に気持ちわるいのか。鈴木氏が執拗に堀江さんを「子ども」という対立軸に置こうとしている点です。

じゃあ、大人になったのか、と問われれば、どうも、そんなふうでもない

生憎のところ、書評のなかでは鈴木氏なりの「大人の定義」は語られていません。が、多分そんなものはきっと存在しなくて、「私が子どもだと思うから、子どもなのである」くらいの相対的な基準なのでしょう。明確な定義があるなら、この文章のなかで記しているはずですし。

まぁ、強いて言語化しているとすれば「靴に象徴される拘束や忠誠や社会的な役割を嫌う」というあたりが、「子ども」と表現していることの理由なのかもしれません。

が、ここもひんじょーに気持ちわるくて、「社会的な役割を嫌う」って、何なんでしょう。鈴木氏のいう「社会」って何なんでしょう。うおー、気持ちわるい!ぞわぞわ!

ぼくには、堀江さんは十分すぎるほど社会的な役割を担っているように見えます。というか、それは明白すぎるほど、事実です。たとえば、先日開催された岡本茂樹さんとの対談イベントは、強烈な社会的意義がありますよ(堀江貴文、岡本茂樹が語る:このままだと日本の刑務所はダメになる)。元受刑者としめ刑務所改革の必要性を唱える。これはまさに社会的意義のある仕事じゃないですか。鈴木氏は、こういう堀江さんの活動を、どのように評価しているのでしょうね。

この書評の気持ちわるさは、鈴木氏が考えている「大人」「社会」の解釈が、あまりにも狭量である点に集約されるのでしょう。邪推ですが、彼にとって「大人」とは、「自分を殺して会社勤めをする人」であり、「社会」とは「会社勤めをする人たちによって構成される空間」くらいのものなんだと思います。

堀江さんのお考えについては詳しくないですが、きっと彼は、もっと広範に「大人」「社会」を捉えていると思います。というか、「結局人間は人間だし、そんなもの関係なくね?」くらいのスタンスかもしれません。

あと「そんな、気ままで大きな子どもネコが逮捕、取り調べ、裁判、収監という強烈すぎる通過儀礼を経て、どう変わったか」と書いてますが、別に堀江さんは何も変わってないと思います。メディアによって付けられた色が落ちる、という意味では「変わる」のでしょうけれど。収監ごときで「変わる」ほど、自分が希薄な方ではないでしょう。

鈴木氏のような狭量な文章を綴る人が「大人」なら、むしろ「子ども」でいたいですね…。せっかくツイッターもやっておられるようですし、追加の議論が読みたいですね。

大変良い本ですので、未読の方はぜひ。Kindleでも買えます。書中から名言をピックアップしておりますので、よろしければこちらもご一読ください(堀江貴文「ゼロ」:やりがいとは「見つける」ものではなく「つくる」もの

ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく[Kindle版] 堀江 貴文 ダイヤモンド社 2013-11-05 売り上げランキング : 16
by ヨメレバ
 
ブリヂストンサイクルとサイクルアパレルブランド「narifuri(ナリフリ)」が共同で作り上げたシティライド向けバイク「HELMZ(ヘルムズ)」に、チェーンとは異なる駆動システム「カーボ[...]
 

コードレビューしてますか?

チームのコード品質を向上し、ひいてはシステム品質の向上を目指すためにはコードレビューが欠かせません。工業製品のように一定の品質を担保する技術がない以上、チーム全体でコード品質をあげていくのが最もいい方法ではないでしょうか。

単純に書いたコードを見せるだけでなく、Web上で確認、コメントできるようにすればより優れたコードレビューができるようになると思います。そこで使ってみたいのがCodebragです。

ログインします。

 
元モーニング娘。のタレント、吉澤ひとみさん(28)が2014年2月16日に鹿児島・屋久島で開催される「2014 サイクリング屋久島」(主催・サンケイスポーツなど)の公式サポーターを務めることが決まっ[...]
 
その迷惑駐輪、見られてますよ―。放置自転車の撲滅を目指し、神戸市が人の目元の写真を用いたユニークな“目力”看板を設置するなどの社会実験を実施中だ。兵庫県警科学捜査研究所も協力し心理学を駆使した看板で[...]
 

Android / iOS: IFTTTはライフハッカー編集部お気に入りのウェブアプリのひとつですが、足りない部分をあえて指摘するのであれば、それは位置情報に基づくトリガーが存在しないということでし... 続きを読む

 

ドイツ「Amazon Buy Vip」のマネージャーのAndreas von der Heydtsannさんは、この2年間ドイツでも一番素晴らしいテック系のクリエイティブマインドを持っている人たちと... 続きを読む

 

まるでパズル。 米国のクリスマス、宅急便業界の忙しさは日本のお歳暮やお中元の比じゃありません。1人1人がクリスマスの朝にツリーの下にあるプレゼントを開けるわけですから、人数分のプレゼントが25日の朝... 続きを読む

 

ノルウェーの公共放送局NRKが放送している「スローテレビ」という番組は、自然の景色や電車からの風景などを何時間にも渡りひたすら放送し続けるという少し変わった内容にも関わらず、ノルウェーで記録的な視聴率を残すほど大人気です。NRKが「燃え続ける暖炉」を12時間放送したところ、視聴率が20%を超えたこともあります。その人気はアメリカにも飛び火し、映像ストリーミング配信会社「ネットフリックス」が燃え続ける暖炉の映像を撮影した「Fireplace For Your Home」を毎年配信するなど、アメリカではクリスマスの定番になりつつあるそうです。2013年、ネットフリックスは例年にも増して暖炉の映像配信に力を入れているようで、そのドキュメンタリーや壮大な予告編まで作成しています。 …

続きを読む...

 

「評判を得るには20年かかるが、評判を落とすのは5分しかかからない。そう心に刻んでいれば、すべての行動が変わる」 ― ウォーレン・バフェット ... 続きを読む



RSS Feed Widget
たかみんつREADERランキング
(http://bicycle.life.coocan.jp/takamints/index.php/reader/ranking/2013-12-29)
by Koji Takami ( email: vzg03566@gmail.com, GitHub: takamin )