twitter: LOGIN
シンプルなフィードリーダー♪
 ▲ たかみんつ | □ たかみんつREADER | ! トピックス

[! トピックス] | スタンリー | 大谷翔平 | Koki | 成田賢 | トライアウト | 酉の市 | 名探偵ピカチュウ | 久兵衛 | 稀勢の里 | 絢香 | 西内まりや | 村上淳 | 錦織圭 | 亀田和毅 | 懸賞 | 中村倫也 | 草刈正雄 | 小田急線 | 篠原涼子 | UUUM

たかみんつREADERランキング

表示件数:

集計範囲: 最新(ここ数日)過去1週間

 
■いつから「噛む」ことが笑いを誘うようになったのか トーク番組やお笑い番組で、「しゃべろうと思ったのに、うまくしゃべれない」状況が爆笑を呼び込む具材となったのはいつ頃からなのだろう。出川哲朗や狩野英孝に限らず、肝心要のところで噛むことが笑いの発生源になるケースが増えている。かしこまった分析をすれば、本来の目的から外れたところで笑いが生じるケースはそこまで珍しいものではない。例えばコント中に演者自身が笑いを堪えられずに吹き出してしまい、それでもコントを無理矢理継続させる様は、ひとつのイレギュラーな笑いのパターンとして定着してきた。「予定通りいかない」というのは、常に笑いの重要なエッセンスだ。たとえば志村けんや松本人志はコント中や特異なシチュエーションに置かれたとき、茶の間に向けて、「俺は今、笑うのをこらえている」と分かるようにこらえる。その行為をこうして言葉にしてみるとたいそう安直な行為に思えるけれど、あそこには熟達した技がある。少しだけ停滞した状況を、自分自身が笑いをこらえる様を見せることで打破し、大きな笑いを群がらせていく場面を何度も見かけた。しかし、昨今の「うまくしゃべれない」に「今、噛んだやろ!」と突っ込んでいく笑いには、そういったテクニックを感じない。つまり、ただただ敷居が低い。困ったら「噛んで」しまえば、笑いが起きるだろう、という安っぽさ。その安っぽさは汎用性を持つ。「噛む」が笑いに繋がるという認知は、芸能界に留まらず日常的なやりとりにも落とし込まれている。「あ〜、今、噛んだでしょ」という、安っぽいツッコミに端を発する笑いはあちこちで起きている。これって、10年前には無かった日常会話ではないか。 ■吃音は就職活動で大きな壁になってきた 1月28日の朝日新聞の記事「吃音 伝わらなくて 就職4ヶ月 命絶った看護師」はショッキングな記事だった。「同じ音を繰り返したりする吃音のある男性(当時34)が昨年、札幌市の自宅で自ら命を絶った。職場で吃音が理解されないことを悩んでいたという」。「うまく喋れない」ことに対する笑いがポップに投げ出され茶の間に浸透している現在、吃音者にとってそのポップさが少なからず負荷になっている可能性は捨てきれない。100人に1人という吃音に、決定的な治療法はない。「成長してからは、就職活動が大きな壁になる。面接が重ねられる今の選考方法では、力を発揮できない人が多い」そうだ。与えられた場所で臆すること無く明晰に話せることを重視する採用側は、吃音者を(それが本当は常態化している症状であろうとも)いざという時にうまく話すことができない人材、として不適格とするのだろう。例えば「ヤフー知恵袋」には吃音の症状を持つ就職活動中の学生からの投稿があり、「父親は目に涙を浮かばせながらお前は壁にぶつかるたびに吃音を言い訳にして逃げていると言われました。お前は普段ちゃんと喋っている、ゆっくり落ち着いて話せば喋れる、いつも黙って聞いてきたがもうそれを言い訳にしないで前向きに捉えて生活しろ、と言われました」と切実な悩みを吐露している。決定的な治療法はないというのに、オマエの努力が足りん、で済まされるわけだ。 ■「滑舌悪い芸人」がはらんでいる危険性 「アメトーーク!」では何度か「滑舌悪い芸人」と題し、滑舌の悪さっぷりを笑い合うという企画が行なわれている。「吃音」と「舌足らず」と「早口」が一括りにされており、番組からしてみればそれが「滑舌悪い」という括りに確かにおさまるのだから問題は無いのだが、この爆笑の渦は、先ほどの「お前は壁にぶつかるたびに吃音を言い訳にして逃げている」というような父親の弁に、少なからず加担していく。なぜならば、こういった番組では「噛む」という芸当が当然ながら意図的に盛られる事になるわけで、「その気になればちゃんと喋れるんだろうけど」という視聴者の推察が植え付けられる。天然ボケの女性タレントに対して、本当はそこまでとぼけてはいないけどキャラとして天然を演じ切っているんでしょ、とするのに近い。でも実際問題、その気になってもちゃんとしゃべれない人たちが100人に1人はいるわけだ。となればやっぱり、「噛む笑い」のポップ化は、その1%を置いてきぼりにする。 ■企業は兎にも角にも、コミュニケーション能力を求める いまいち浸透していないし、浸透すべきだとも思わないが、経済産業省は2006年から「社会人基礎力」という概念を提示している。これは「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」のことで、要するに就職活動をする学生や企業の採用担当者に対して、「こういうスキルを重要視すべき」と提示しているメソッドなのだ。「3つの能力/12の能力要素」で構成されている。3つの能力とは「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」。「チームで働く力」の筆頭には「自分の意見をわかりやすく伝える力」が挙げられており、12の能力要素の一つとされる。これに対応するかのようなアンケート結果が、日本経済団体連合会が公表している「新卒採用に関するアンケート調査結果」(会員企業のうち1301社を対象/回答583社)に出ている。「選考にあたって特に重視した点(5つ選択)」の回答結果で、「コミュニケーション能力」が86.6%と突出しているのだ(次点は「主体性」の64.9%)。つまり、企業のほとんどが採用時に「コミュニケーション能力」を最重要視している。学生が自信満々に語りがちな「クラブ活動/ボランティア活動歴」は2.5%、これがあれば何とかなるだろうと臨む「語学力」は5.7%、個人的に自分が採用担当者なら最も重視したい「感受性」は1.4%にすぎない。企業が求めるのは兎にも角にも、コミュニケーション能力。とってもざっくりとした便利な言葉だが、具体的にほぐしていけば、そこでは「対面した相手と、建設的に正しく話す事ができるか」が最低ラインとして設定される。 ■吃音を正しく理解するために 驚くべき事に、これまで学会等で、吃音が体系的に議論される事は無かったという。朝日新聞の記事によれば、昨年初めて「日本吃音・流暢性障害学会」が発足し、就職活動など社会的な支援のありかたについても話し合われたという。人数の多少で症状の取り扱いを変えるべきではないが、1%という低くない確率で悩まされてきた症状がこれまで宙ぶらりんになってきた事実は重い。先ほどの経団連の調査で「コミュニケーション能力」と回答する企業のパーセンテージは年々上がってきている(最新回86.6%・前回82.6%・前々回80.2%)。この高まりを前にすると、対話の入り口でつまずく事になる吃音の症状をこれ以上の無理解に置いてはならないと、記事で詳細を知ったばかりのくせに焦ってみる。命を絶ってしまった看護師は、職場での自己紹介用紙に、吃る症状があるとし、「目上の人への報告など緊張する場面の連続」をその原因にあげ、その対処方法に「ゆっくり話している」と書いていた。しかし、職場の理解は得られなかった。「噛む」という笑いがポップに受け取られることは、シリアスに向き合ってきた人をほぐす効能もあるかもしれない(事実、「アメトーーク!」の放送回を見た吃音者からそのようなツイートを見かけた)。しかし、ポップとシリアスは当然、反目し合う可能性も高い。少なくとも企業の採用面接官は、やたらと漠然とした「コミュニケーション能力」という優先順位を高めるのはどうぞご自由にだが、その前に不可抗力でコミュニケーションのスタートがうまくいかない吃音を、正しく理解しておかなければいけない。
 

JavaScriptは関数型言語の特徴を取り入れていると思いますが、純粋な関数型言語ではありません。通常はオブジェクト言語としてプログラミングするかと思います。しかし今、そしてこれからのトレンドは関数型言語と言われています。

そこでJavaScriptでより関数型言語的なプログラミングを可能にするfn.jsを使ってみましょう。慣れるまでは戸惑うかも知れませんが、面白いプログラミングができそうです。

試し中。

 

ローテーションバナーは、スライド式に自動的に画像が切り替わるバナーのこと。ローテーションバナーはユーザーエクスペリエンスやコンバージョン率を阻害する要因になる。その大きな理由を3つ解説する。だが果たして本当にローテーションバナーは"悪"なのだろうか?

- ローテーションバナーは”悪”なのか? ローテーションバナーを使うべきでない3つの理由 -

Posted on: 海外SEO情報ブログ - SuzukiKenichi.COM

 

在宅勤務について具体的なノウハウ、提言がまとまっている良著。すばらしい指摘があったので切り出してご共有します。

管理職世代の「介護退職」が目前に

著者は「介護退職」という重大な課題が迫りつつあること、そしてその解決策としての「在宅勤務」の可能性を指摘しています。

会社の中心とも言える、管理職世代の社員の方たち。40代後半から50歳前後の社員が「休む」「退職する」危険性についてです。

20年近く会社に勤めてくれた管理職世代が、今更休んだり、退職したりはしないだろう。そのとおりです。自らはしないと思います。しかし、「世の中の流れ」の中で、そのような選択をせざるを得ない状況が起きつつあります。

それは、介護退職です。まだ数字としては多くありませんが、ここ数年、親の介護を理由に会社を退職する人が確実に増えています。

既に社会問題化しており、毎年10万人が介護離職をしているとのこと。

制度はあっても利用されない理由は大きく2つある。1つは、介護休業制度の使い勝手の悪さ。家族に介護が必要だと証明せねばならず、しかも取得予定日の2週間前には申請しないといけないので、緊急で休みたいという時に使いづらい。

もう1つは、職場風土だ。会社はチームで動いて利益を上げるところなので、「プライベートな事情を持ち込むな」という職場風土がまだ多くの会社に残っている。その結果、過去5年で介護・看護により離職・転職した人は約49万人。毎年、10万人もの人が介護を理由に職場を去っている状況だ。

毎年10万人が介護離職、求められるケアハラ対応 :日本経済新聞

書中では2023年には5人に1人が介護責任を負う、と指摘されてます

『日経WOMAN』編集の「企業の女性活用度調査2013報告書」では、花王の例として、厚生労働省の統計値を社内に当てはめ、将来どのくらいの社員が介護責任を負うことになるかを推計しています。

そこでは、2018年には6人に1人。2023年には5人に1人という数字が出ています。つまり、社員5人のうち1人は親の介護をしなくてはいけなくなる時代が来るのです。

本書は「在宅勤務」を扱った本だけに、こうした介護退職問題については、在宅勤務がひとつの解決策になると語られています。

介護退職の一番恐ろしいのは、「仕事のベテラン」「企業戦略の要」の社員に休職あるいは退職されてしまうことです。さらに、出産や育児のように「○ヶ月で戻る」「△歳になったから、もう大丈夫」といった予定が立ちません。では、どうすればいいのか。その答えは「在宅勤務」にあります。

個人的にこれは肌感覚がある話で、ぼくが最初に入った大企業で、まさに親御さんの介護をしながら働いている先輩社員がいらっしゃったんですよね。

彼女は製品広報を担当していて、ほとんど一人で仕事を回していました。ご自宅でも仕事をしていたようで、ぶっちゃけ会社に来る必要はほとんどなかったのですが、会社の「決まり」として出社しないといけない。

有給を使って介護に対応していたようですが、年末には休暇日数がなくなってしまったようで、上長と話し合っていました。横で聴いていて「いや、別に自宅でも仕事してるんだし、有給扱いじゃなくていいんじゃないか…?」ともやっとしたことを覚えています。

すっかり縁が切れてしまったので今はどうなったのかわかりませんが、もしかしてもしかすると、「介護退職」という決断を下すことにしたのかもしれません。職場と自宅も遠く、通勤に片道2時間掛かっていたとのことですから…。

本当に、在宅勤務があれば救われる典型的なケースなんですけどね…とても優秀な方だったので、時代が追いついていなくて残念なかぎりです。

21世紀になってというのに、未だに毎日会社に行かないと仕事ができないというのは狂った話です。満員電車とか何時代の風習ですか、ほんと。さっさとオフィスを廃墟にしましょう。くだらない風習で苦しんでいる人が今もこうしているわけですから。

じゃあ具体的にどうやって導入すればいいの?という疑問については、こちらの書籍が指針を与えてくれます。Kindleでも読めるので関心がある方はぜひ。何気に帯文を安倍首相が書いていてびっくりします。国としてもガンガン推進してほしいですね。

 
優れた技術はぜひ医療現場で活用して欲しいもの。 医療機器の進歩って、きっと一般人の知らない世界では物凄いのだろうと思うのですが、カリフォルニア州のシリコンバレーに所在するEvena Medical社の
 

世界レベルのエンターテイメントを完全再現! 2人のミクさんがトランクケースやブラックボードを使った「パントマイム」を披露するMMD動画がニコニコ動画にて公開されています。 2人の息の合ったステージは...

記事を読む

 
飯田 治行/大澤 文孝/大和田 裕/小川 明彦/楠川 智久/阪井 誠/内藤 淳 著、日経SYSTEMS 編著、日経BP社発行、1890円(税込)
 

もう雪はええよといった心境ですが、今週も半ばから降るかも知れんということで、要警戒。てなところで、たかみんつREADERランキングからのピックアップ、いってみます。 最新ランキングはこちらから。

とうとうここまで来ちゃいましたか...。カラスの遊びが知的かつ本格的すぎてヤバい!

いい感じのソリを作ってあげたい。しかし、集団でやりだしたら迷惑だろね。


史上最も気持ちよく開閉するドア

いや、なんか気色悪いですけどね。でも面白い。こういうの考え付くのがスゴイなと。


大きな買い物で判断ミスを犯してしまう理由〜脳は狩猟時代から進化していない

ま、そらそうでしょうね。以前、住居を物色しているときに、夫婦そろって完全におかしくなっていたことを思い出しました。


脳のふしぎ。GIFアニメに縦線を入れると3Dっぽく見えるんです!

けっこう話題になっていましたが、あまり「おおっ!」とは思わなかったです。「3Dっぽく見える」というより、「3Dっぽさが強調される」って感じかな。でも、今見ると「おおっ!」と思いました。


人生を左右するのは「1%の積み重ね」

そうなんですよね、感覚的にはリニアに捉えていますが、違いますよね。グラフにするとよくわかります。見える化バンザイ!


ぬるま湯のようなラクな状態を長続きさせる秘訣

ぬるま湯、大好きです。


太平洋沿岸部の黒潮が、関東付近で大蛇行しているのが、雪の多さにつながっているらしいです。一旦南へ下がっているので、北から冷たい空気が入ってきているのだとか。すげえな大自然。

 

4つ以上の平面に囲まれた立体を「多面体」と呼び、中でもすべての面が合同の正多角形で構成される「正多面体」は最も美しい対称性をもつ立体で、正四面体など5種類しかないことが知られています。この正多面体の亜種として、要件を緩和することで対称性を持つ多面体が考え出されてきましたが、実に400年ぶりに新しい対称性多面体がアメリカの数学者によって考案されました。 After…

続きを読む...

 

ちょっとの工夫で、すごく便利。 すでにいい感じのプロダクトをさらに改良するのは至難の業。それでもときどき、皆に慣れ親しまれてきたモノたちがちょっとしたアイデアで大きく進化することがあります。そんな例... 続きを読む



RSS Feed Widget
たかみんつREADERランキング
(http://bicycle.life.coocan.jp/takamints/index.php/reader/ranking/2014-02-23)
by Koji Takami ( email: vzg03566@gmail.com, GitHub: takamin )