twitter: LOGIN
シンプルなフィードリーダー♪
 ▲ たかみんつ | □ たかみんつREADER | ! トピックス

[! トピックス] | スタンリー | 大谷翔平 | Koki | 成田賢 | トライアウト | 酉の市 | 名探偵ピカチュウ | 久兵衛 | 稀勢の里 | 絢香 | 西内まりや | 村上淳 | 錦織圭 | 亀田和毅 | 懸賞 | 中村倫也 | 草刈正雄 | 小田急線 | 篠原涼子 | UUUM

たかみんつREADERランキング

表示件数:

集計範囲: 最新(ここ数日)過去1週間

 
あなたの子どもがもし1歳で「自閉症」と診断されたら? 「一生言葉を覚えることはない」と言われたら? 『リカと3つのルール 自閉症の少女がことばを話すまで』(新潮社)の著者、東条健一さんは、娘・リカちゃんが自閉症と診断されたとき、「幽体離脱」に近い状態を感じるほどのショックを受けたという。しかし、大学の研究チームに力を借りるなどし、リカちゃんは3000語を話せるまでになった。同書はリカちゃんの成長の記録であると同時に、東条さん自身の成長の記録でもある。父親として自閉症児と向き合うことはどういった経験だったのか。東条さんに話を聞いた。 ■ビジネスにも応用できる「訓練」方法 指示はシンプルに、誉めるときは大げさに
「むすめは、自分がほめられているかどうかなんて、わかりませんよ」僕は反論した。「リカちゃんは、ほめられると喜びます」先生は自信たっぷりに言った。「リカちゃんがほめられて喜んだことがないのなら、あなたは、まだ、『本当のほめ方』を知らないんですよ」山本先生は説明した。「感情をこめ、俳優になったつもりで、ほめてください」(同書から引用)
――東条さんは大学の研究チームの力を借り、3年にわたってリカちゃんの「訓練」を行っています。「空間固定の法則」など応用行動分析を駆使したものだったそうですが、これは大人が仕事をする上でも参考になる部分があると思いました。特に指示を出すという部分です。 東条健一さん(以下、東条):自閉症児と診断されたとき、リカは「言葉の概念自体がありません」と言われました。「リカちゃん、おりこうさんだから座ってちょうだい」と言っても、冗長過ぎて伝わりづらいんです。「座って」とシンプルに言うことが必要でした。でもこれって普通の大人でも実は同じです。仕事を頼むとき「いろいろ忙しいと思うけど......」とか、ついついいろいろ言ってしまうけど、それが物事を伝わりづらくしている場合があります。 ――私も指示するときに「できればでいいんだけど......」とか言ってしまうのでよくわかります。 東条:本当はやってほしいんですよね。できればでいいんなら頼まなければいいし。指示が冗長なのは自信がないからなんでしょうね。指示が短すぎてもひどいですけど、適切な長さで指示できるようになれば、自分も自信がつくし、周りもやりやすい。 ――ほめるときは「俳優になったつもりで」思いっきりほめてあげるというのも面白かったです。 東条:何かを達成したらほめるというのは大切なことです。小さなハードルをたくさんもうけ、それを達成したら伝わるようにほめてあげる。ほめるというのはなかなか難しいことだし、すごく介入的です。しっかり相手を見ていないとできないから。 ―― 一方で、なんでもかんでもほめすぎるのは甘やかしにつながるのでは?という考え方もありますね。 東条:「そのままでいいんだよ」というのは放任ですが、ほめるのは前進しているイメージなんです。前進するために、ほめる状況を積極的につくっていかなくてはいけない。部下とか後輩をほめようと思っても、状況に任せていたらほめるチャンスなんてほとんどありません。 ――なるほど。 東条:これは、自分自身に対しても大事なことです。自分が何かを達成したら、自分で自分を喜ばせてあげる。ぼくはリカのことがあるまで自分をほめたり喜ばせることがうまくできなかったけれど、今はそれができるようになりました。とても幸せですね。リカは今13歳ですが、毎晩のように「なんでこんなにかわいいんだろう。びっくりしちゃうね」って家族で言い合っています。 ――どんなときに言うのでしょうか。 東条:たとえば、声をかけたらニコッと笑ってくれるとき。以前は、声をかけてもリカにはそれが何の音だかわからないから無視だったんです。だから、人から声をかけられるとその後には楽しいことが待っているということを、ほめたり、楽しい体験をさせることで覚えさせたんです。教えたことのなかでも「人と関わること=楽しい」という方程式は、一番重要なことだったと思います。 ■1人の育児は、10人の部下をマネジメントした経験に相当する
平均的な父親以上に、ぼくは家事と育児に時間とエネルギーを使ってきた。それなのに子どもは成長するどころか、異常さばかり目につく。努力が報われないことは理不尽じゃないのか。ほんの少し前は、困っている友人に「努力が足りない」とかんたんに言ってのけたぼくに、自分のことばが鋭いブーメランのように戻ってくる。(同書から引用)
――東条さんはトップセールスマンから大手紙の社会部記者に転身、その後PRの仕事でも成功されています。バリバリのビジネスマンが育児に熱中したことにギャップを感じる人もいるのではないかと思います。 東条:白状すると、最初は育児に関わるつもりがまったくなかったんです。分娩室で子どもを見たときも大してかわいいと思わなかったし、1歳ぐらいまで娘は自分にとってそんなに大きな存在ではなかった。ひどい言い方かもしれませんが、男性に本音を聞くと、こういう人って結構いると思います。ただ自分の場合は、普通にやっても育てられないことがわかって関わらなければいけない状況になった。育児に参加するようになって初めてそこで父親としての実感を得ました。出産を体験する母親と違い、父親は育児体験をすることでしか実感を得られないのではないかと思います。結果としていうと、ぼくは家事・育児をしない男はものすごく損をしていると思いますよ。 ――損をしているとは? 東条:仕事ではよくマネジメント能力が大事って言われますよね。ぼくは、子ども1人の世話をした経験があるなら、それは部下10人をマネジメントした経験と一緒ぐらいだと思います。育児をするまで、自分は「仕事ができる人間なんだ」と思い込んでいましたが、育児ですごく打ちのめされました。いかに何もわかってなかったのかと。育児をして戻ってきてからのほうが、圧倒的にパフォーマンスがよくなります。だから企業は育児休業で戻ってきた女性を積極的にマネージャーや上司に抜擢するべきです。 >>>【後編】男は育児経験によって仕事効率が上がる (取材・文=小川たまか/プレスラボ) ★ウートピfacebookページにいいね!して情報を受け取る >>>ウートピfacebookページへ 【関連記事】 (この記事は、4月22日のウートピ「「育児をしない男は損」 自閉症の娘と向き合った父親が語る、部下10人のマネジメントに相当する子育て」から転載しました) ●東条健一(とうじょう・けんいち) 大学卒業後、マスメディアで金融情報などの営業を経て、大手報道機関の社会部記者として活躍。その後、記者経験などを活かし、PR、ブランディング、マーケティングの専門家として、著名人や企業のコンサルティングを行う。多くのベストセラー作家にアドバイスも行う。新刊の訳書『【決定版カーネギー】道は開ける:あらゆる悩みから自由になる方法』(新潮社)では、自ら鬱体験を克服した経験をもとに、「なぜ心身が壊れるまで悩んでしまうのか」という問いに向き合っている。
 

その手があったか。通信SIMのサーヴィスに申し込んで、ついでにタブレットを一括0円でもらうという。 タブレット、使ってますか? 私は初代iPadも初代Nexus 7※1も発売日に買ったクチですが、今... 続きを読む

 

ゲームは好きですか?今はスマートフォン、タブレット向けに多数のゲームが出てきています。しかしそのゲームは意外と高度ではなく、シンプルなものが好まれる傾向があります。ゲームが大衆化されるのに伴って、よりカジュアルになっているようです。

そんな訳でゲームはレガシーなものであっても今でも十分楽しめます。今回はGambo、Java製のゲームボーイシミュレータを紹介します。

Gamboの使い方

こちらはデモ。懐かしのゲームボーイらしい2色の画面です。

 

「E=mc^2」は、光は物質に変われる、というニュアンスを含んでいるわけですが…。 1934年、物理学者のグレゴリー・ブライトとジョン・ホイーラーは2つの光子を衝突させることによって物質(電子と陽電... 続きを読む

 

こんにちは、イケダハヤトです。先日ベビーカーをご提供いただいたので(満員電車の中でベビーカーは折り畳むべきか?実際に車内に持ち込んで考えてみた)、改めてベビーカーマナーについて考えてみました。おかしな話です。

国土交通省が「ベビーカーマーク」を決定

スクリーンショット 2014 04 23 9 05 30

国土交通省が「ベビーカーマーク」のデザインを決定し、車内で折り畳まなくてもよい、というアナウンスを始めました。

国土交通省は3月26日、交通機関などでベビーカーを利用しやすくするため、「ベビーカーマーク」のデザインを決定したと発表した。電車やバスの中でも、ベビーカーを折り畳まずに使うことができることを意味する。

また電車などでベビーカーを折り畳む呼びかけは、混雑時も含めて「原則なし」とし、周囲の人や施設に対しても、使用者に対する配慮を呼びかけるとした。

「ベビーカーマーク」国交省が作成 車内でも使用可能に 畳む呼びかけはNG

…が、電車内にベビーカーを持ち込むことについては、一部で反発があるようです。

「マナーが悪い親は優先したくない」という人に言いたい

ネット上を見渡してみて、件数として多いのは「マナーが悪い親は優先したくない」という批判的意見。ネット上から、一部改変して引用します。

ベビーカーを優先したい気持ちはあるけど、マナーが悪いベビーカーママをたくさん知ってるから、そういう人たちは優先したくない。
優先エリアより先に“子連れなんだから最優先にされて当たり前”ってモラルの崩壊した勘違いの方を何とかした方が良いんじゃない? 悪いけど、満員電車にベビーカーで突っ込んできても優先する気はないね。
満員電車でベビーカーに乗せて、ガキはギャン泣きしているのに無視してスマホいじるのはやめろ。腹立つ。絶対優先なんかしてやらない。

申し訳なさそうにしている人は優先でも構わないが、「当然でしょ?」オーラを出している人は、そのままでも構わないというルールでお願いする。

あぁ…うんざりするような意見ですねぇ。突っ込んでいきましょう。

第一に、「マナーが悪い人は優先したくない」という態度こそ、マナーがなっていません。彼らがこの意見を公衆の面前で言えるのかどうか、聞いてみたいですね(いずれの意見も匿名でした)。これは公共の場における大人の態度とは言えません。マインドが子どもと変わりません。

第二に、そうした不遜な意見・態度は、「マナーよく利用しようとしている親たち」を萎縮させることになります

ぼくもこう見えて小心者で、公共の交通機関で娘が泣き出すと、「ヤバい、周囲に迷惑かけてしまっている…!」と脇に変な汗をかきます。視線が気になるんですよね。

「マナーが悪いベビーカーママをたくさん知ってるから、そういう人たちは優先したくない」という視線を持つ人が増えれば増えるほど、マナーを守って利用しようとする人たちが息苦しくなっていきます。

一方で、本当にマナーが悪い人たちは、そういった視線を気にせずノーマナーで利用しつづけるでしょうから、根本的な問題は解決しません。社会には息苦しさだけが残っていきます。

最後に、この種の意見を発する人が、なぜか自分が「優先」されていることを当たり前に受け止めていることにも驚かされます。

「優先エリアより先に“子連れなんだから最優先にされて当たり前”ってモラルの崩壊した勘違いの方を何とかした方が良いんじゃない?」という意見がありますが、この人は裏を返すと「私は子連れじゃないんだから、車内を優先的に利用できて当たり前」だと思い込んでいるわけです。

彼らは、同じ乗客であるはずなのに、自分は「譲ってやる」という精神を固持しています。ぼくには、なぜ彼らが当然のように「優先許可を与える立場」に立てるのか、よくわかりません。ベビーカーであろうがなかろうが、平等な乗客じゃないんですかね。何でこの人たちはそんなに偉そうなのでしょう。

「マナーの悪い親は優先したくない」という意見を持つ人が増えれば増えるほど、子どもを産み育てにくい空気が蔓延していき、少子化は進んでいくでしょう。

合理的に考えれば、子どもたちは未来の納税者であるわけです。すなわち、ぼくらはいずれ子どもたちのお世話になるわけです。仮に迷惑を被ったとしても、いずれ社会保障で返ってくるわけですから、寛容になっておくのがいいと思いますけどねぇ。

子どもと親に不寛容な人は、ごくごく冷静に考えて、自分のクビを自分で締めていることに気付いてもらいたいです。みなさまのご意見も、ツイッターやフェイスブック、ブログに書き込んでみてください。

お知らせコーナー

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

質問募集中!なんでも答えますよ。

なぜ僕は『炎上』を恐れないのか(光文社新書)」好評発売中!

仏教は宗教ではない」好評発売中!

祝3刷!「武器としての書く技術

有料メルマガ購読で制作費のご支援を!

 
 
ジロ・デ・イタリア第14ステージが24日に行われ、落車によるけがから復調してきた新城幸也(チーム ヨーロッパカー)が、再び落車に巻き込まれた。痛みに耐え、32分4秒遅れの165位でゴールした[...]
 
新城幸也(チーム ヨーロッパカー)が出場中のジロ・デ・イタリアは26日、最後の休息日を迎えた。 これまで2度落車に見舞われ、何度も途中棄権かという状況に立たされたが、本人の意思で満身[...]
 
会社の老化とは成長の後に必ずやってくる負の影響を持つ不可逆的事象のことでした。この事象は、私たちの身の回りにある物理的、心理的な不可逆性に起因しています。今回は「会社の老化」の原因の一つめの「組織の不可逆性」について、具体例とともに詳しく解説します。
 
今秋の開催が決定している国際自転車レース「さいたまクリテリウム」に向けた第2回実行委員会が26日、さいたま市大宮区役所で開かれた。 この日は、大会名称を昨年の「さいたまクリテリウムb[...]
 

「blinkタグ」とはテキストを点滅させる効果を持つHTMLコマンドの1つで、多くの人々に最も嫌われるタグの1つとして知られています。Netscape Navigator 2.0に独自に実装されていたものですが、IEはもともとサポートしておらず、2013年にFifefoxがblinkタグのサポート廃止したこともあり、近頃は見かけることもなくなっています。そんなBlinkタグの発明者自らが、「なぜblinkタグを開発したのか?」というおもしろおかしな開発秘話を語っています。

続きを読む...



RSS Feed Widget
たかみんつREADERランキング
(http://bicycle.life.coocan.jp/takamints/index.php/reader/ranking/2014-05-27)
by Koji Takami ( email: vzg03566@gmail.com, GitHub: takamin )