twitter: LOGIN
シンプルなフィードリーダー♪
 ▲ たかみんつ | □ たかみんつREADER | ! トピックス

[! トピックス] | スタンリー | 大谷翔平 | Koki | 成田賢 | トライアウト | 酉の市 | 名探偵ピカチュウ | 久兵衛 | 稀勢の里 | 絢香 | 西内まりや | 村上淳 | 錦織圭 | 亀田和毅 | 懸賞 | 中村倫也 | 草刈正雄 | 小田急線 | 篠原涼子 | UUUM

たかみんつREADERランキング

表示件数:

集計範囲: 最新(ここ数日)過去1週間

 

生産性を向上させるものを探し回っているビジネスパーソンは、一般的に些細な違いだと思っていたことが、実は仕事における本当に大事なものを生み出していることに気付きます。つまり、ほんの小さなコツや技術とい...

記事を読む

 

「ジワジワくる」って、本当にいい言葉です。そうとしか言いようのない笑いが、この世界には確実に存在します。そして記者は、そういう画像が大好物です。

本日海外サイト「Acid Cow」からご紹介するのは、あとからジワジワと笑いがこみ上げてくるような画像17枚。パッと見たときにはそうでもない、けれどなぜか思い出し笑いをしてしまうような、絶妙なオモシロ加減をお楽しみください☆

1. プリティヒップなお兄さん……ではない! チェックのシャツを着たお兄さんが、ショートパンツをはいたお尻をこちらに向けているように見えてしまう……実は、脇にヘッドロックをかけられている女性がいるんですね。

2. 妙に迫力のある子猫ちゃんのドヤ顔 大型犬と、生後3〜4ヶ月とおぼしきニャンコのツーショット。ワンコの表情はその体格に見合っていますが、ニャンコの顔に凄味がありすぎです。

3. どうしてそんな髪型にした? 浮きまくりのポートレート タキシードを着てスタジオ撮影した写真であることはわかるのですが、あまりにも斬新な髪型が見た目どおり異色すぎます。

4. 「ほらよ、ボールだ」「ァアァァン!!」 シャベルを持って水辺で遊ぶ赤ちゃんと、飛んできたボールをくわえようとするワンコの写真。遠近感が狂っていて、なんだかすごいことに。

5. 「ここは俺が出るしかないようだな」ザッザッザッ どう見ても二足歩行で歩いているようにしか見えない鷲の写真。キリッとした表情と相まって無駄にカッコイイ。

6. 「はいちょっと、前をごめんなさいよー」 タクシーの上でくつろぐ警官と、お兄さんと、さらにその上を飛び越えていくスケボーに乗ったお兄さんと……なんなんですかね、この状況。

7. 愛車の整備に余念がないベイビー&おじいちゃん 自慢のハーレーを丁寧に洗うおじいちゃん。その横ではベイビーが、自慢の三輪車を同じように磨いています。「おじいちゃん、そのワックスなかなかイイわー」

8. 看板 “お一人様は、この先ペアとなります” お一人様「ヒャッハー!」 遊園地のコースター乗り場の看板に書かれた文言に、超反応しているお姉さんの写真。この先ペアとなる……ってそういう意味じゃないですよね、多分。

9. 暇だったから仕事中に資材でひとりジェンガしてみた タワー状に組まれたブロックを、下段から抜いては上に積み上げていくゲーム「ジェンガ」。それを仕事場で、仕事道具を使って、しかもひとりでやっているこの姿。

10. 大きくなったら何になりたい? 国語のプリントでしょうか。「大きくなったら何になりたいですか?」という質問に対する答え→「ぼくは大きくなりたくないです」

11. きゃー! はずかしくって見てられない! こちらはキュートな写真。結婚式でキスするカップルを、見ちゃダメー!! っとばかりに顔を真っ赤にして目を覆う女の子。可愛いなぁ。

12. ロンパースを着てスヤスヤ眠るワンコ なんでしょうね、この可愛さ! 着ているロンパースが人間の子供用、ということもさることながら、このポーズ、表情、もちもちホッペもまさに人間の赤ちゃんのよう!

13. 何かにとても驚いている赤ちゃん PCの画面を見ている赤ちゃんがまさに驚愕としかいいようのない顔をしています。抱っこしている女性は普通に笑っていますが……いったい何を見せたらこんなに驚くの?

14. 動物とのツーショット。なんとなく顔が似てる。 動物園でしょうか、後ろのおサルさんと一緒に写真を撮っている女性。偶然なのか何なのか、おサルさんはばっちりカメラ目線。ちょっと表情も似ています。

15. Write them(それらを書きなさい) テスト結果がマイナス5点。よく見てみると、回答欄にすべて「them(=それら)」の文字。「Write them」って、「”them”を書きなさい」って意味ではないんだよ……。

16. 海辺でポーズを決める女性。素敵な写真になるはずが…… 楽しそうに笑って、海辺でポーズをとる女性。でも非常に申し上げにくいのですが、おしりからカモメが……飛び立っております……。

17. あまり安らげなさそうな柄のブランケット ブランケットといえば、眠るときに包まるもの。大爆笑してるヒゲもじゃオヤジの顔がプリントされているものを、わざわざ買ったのはなぜなの。

以上17枚、いかがでしたでしょうか。面白すぎて涙が出る! というような画像とは違いますが、唇の端がニヤリと上がるような笑いもたまにはいいですよね。

寄稿:Pouch 参照元:AcidCow(英文)

画像をもっと見る

●関連記事

オリジナル記事: 見れば見るほどジワジワくる! スルメみたいに味わい深い秀逸画像17選 Copyright© ロケットニュース24 / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

 
はじめまして、ロードバイクに乗り始めて5年ほどになります。 購入して以来、ずっと自分でバイクの整備を行っているのですが、最近不安になり、ショップにメンテナンスをお願いしようと思[...]
 

為末大(スポーツコメンテーター・(株)R.project取締役)

執筆記事プロフィールWebsite

2011年、世界陸上に初めて両足義足のオスカー・ピストリウスが登場した。始めてのパラリンピアンの登場だと世間は概ね歓迎ムードだったと思う。それとは裏腹に、一人の選手のコメントがとても興味深い。

「あんなの不公平じゃないか」

彼に敗れて予選で敗退した選手の声だった。

義足は走る事に有利か不利か。その時はさほど有利ではないという判断をされた為、彼は出場できた。ところが最近、走り幅跳びで8m24cmを跳ぶパラリンピアンが出てきた。現在の日本人では誰も彼に勝つ事ができない。彼は1年ほどで80cmも記録を伸ばした。

助走スピードは跳躍距離と相関がかなりある。彼の100mは11秒台で、大体そのぐらいの助走スピードだと、健常者であれば7mいかないぐらいの距離しか跳べない。ところが彼はそれで8mを越える。義足がバネの役割を果たしていると考えられる。

オスカーが出場しようとした時、世間の彼を擁護する声の最も大きな理由は、「がんばってきたから」だった。障害者という大変な人生を頑張ってきたのだから出してあげた方がいい、という理由。オスカーはまだ勝てるレベルではなかった。けれど今回の幅跳び選手は、世界で勝ってしまうかもしれない。

がんばったから許可してあげる、という姿勢自体はアスリートを傷つける。アスリートは自分の力で勝利を手に入れたという栄光が欲しい。「かわいそうだから」、「せっかくがんばってきたんだから」、という理由は、勝利には本来なんら関係がない。

日本の精神的なバリアフリーを最も阻害しているのは、「かわいそう」という同情だと思う。差別は打破できる。でも、かわいそうという感情がある以上、いつまでたっても障害者への上から目線は無くならない。

 

【あわせて読みたい】

 

往年の悩みが解決するかも。 メガネはケースにいれてないと、アームの部分が曲がったり、折れてしまう可能性があります。でもNendo社が新たにデザインしたメガネ「snap glasses」ならその心配は... 続きを読む

 

複数の作業を同時にこなすことが素晴らしいと思われていますが、実は非常に非効率なことです。電話や仕事のメールから離れる時間を決めておくと、仕事の効率化が図れます。...

記事を読む

 
日本のABA療育本もついにここまで来たか、と感慨深くなるほどの、素晴らしい1冊。この本が、いわゆる「専門書をおかない大きめの一般書店の発達障害本コーナー」に置かれるタイプの、講談社の健康ライブラリーシリーズ(この本> と同じ)から出たことの意味ははかりしれません。 発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉かけ講談社 健康ライブラリー著:shizu監修:平岩 幹男 はじめに第1章 ABAを利用した言葉かけのすすめ第2章 ABC分析で子どもに対するイライラを減らそう第3章 ほめ上手になろう第4章 遊びを通して親と子のいい関係を築く第5章 叱るとき、指示を出すときの言葉かけ第6章 子どもの問題行動への7つの対処法第7章 子どもを伸ばす日常生活での言葉かけ第8章 ABAを利用した働きかけを続けるための7つの鍵第9章 子どもの療育にのぞむあなたに伝えたいことおわりにおすすめの本やウェブサイト これはすごい。久しぶりにすごい。 手放しにすごい本だと言える本にはさすがに滅多に会えないものですが、これはそういう本だと言っていいと思います。 本書は、簡単にいうと、「言葉かけ」を中心にまとめた、家庭でのABA療育の入門書です。そしてこの本は、これまでのABA本で、家庭の療育の教科書としては物足りないと私が感じていた部分をパーフェクトに近いレベルでカバーした、「家庭での療育のためのABA本」の決定版になっていると思います。 いま世に出ているABA本は、大きくわけて3つあると思います。 1)アカデミックな行動理論の説明が中心のもの。2)模倣や発話など、認知スキルを系統的に訓練していく技法を説明したもの。3)個別具体的な問題(問題行動)への対処の仕方を列挙したもの。 これらの本も、当然役に立ちます。でも、私がなにより「あったらいいな」と思っていたのは、これらにもまして、次のようなカテゴリのABA本でした。 4)毎日の日常生活を「ABA的」に変えていくための方法を説明したもの。 私が、既存のABA本で物足りないと思っていた部分は、 日常生活の80%以上を占めるであろう「特に深刻な問題の起こっていない場面」でどうABAを活用するかについて十分に説明したものがほとんどない 、ということでした。 もっと簡単にいうと、「叱りかた」「問題行動のやめさせかた」「フォーマルトレーニングのしかた」ではなく、「ほめかた」「指示の出しかた」「毎日の生活のなかでの何気ないトレーニング(カジュアルトレーニング)のしかた」を中心に語るABAの本がほしかったのです。 「トレーニングのためのABA」「問題行動を解決するためのABA」ももちろん大事ですが、それは2番目・3番目に必要なABAだと思っていて、何より最初に必要なのは、「 毎日の子育てスタイルを変えるためのABA 」だろう、と思います。トレーニングとか問題行動をやってる瞬間というのは、毎日の生活の一部でしかなく、仮にその部分でだけABAを使ったとしても、残りの大部分の「ふつうの日常生活」で効果的にABA的な働きかけが継続されなければ、その効果は限定的なものになってしまうと思います。 この本は、まさにそういう意味で「毎日の子育てをどう変えれば『ABA的子育て』になるのか」、その部分が非常に具体的かつ詳細に説明されています。 たとえば、「ほめかた」についてです。ABAの子育ては、簡単に「ほめる子育て」と言われることも多いですが、私たちが常識的に考える「よくほめる」とは実際のところかなり趣きが異なります。 例えば、このケースなどはその典型的なものの1つでしょう。 「姿勢がいい」ことをほめる方法ですが、「姿勢をよくした瞬間」だけほめるのではなく、その後、姿勢がいい状態が続いている限り、しばらく時間をおくごとに継続してほめます。 これは、学習理論的にいうと、オペラント条件付けにおける「変時隔スケジュール(VI)」という強化スケジュールにもとづく強化を、実際の子育てに応用している例である、と説明することができます(実際にはこの本にはそんなことは書いていませんが)。 逆に、こういう「ABAならではのほめかた」が分からないと、姿勢をよくした瞬間だけほめ、その後はほめず、姿勢が悪くなったら叱る、という悪いサイクルにはまりがちですね。 要は、こういう「ちゃんと知識がないと身につかない、ABAならではの『ほめかた』」を日常的に使いこなせるようになることこそ「ABA的子育て本」で最初に学びたいことであって、本書はまさにその目的にぴったりとはまっています。 この本があれば、トレーニングとか問題行動対策だけでない、毎日の生活、毎日の子育てそのものを療育に変えるためのABAを学ぶことができます。加えて、ABAの基礎になっている行動理論や、問題行動への対処法、発話のトレーニングといった要素も、初心者の方には十分な内容とボリュームで盛り込まれており、この1冊でABA入門書としてオールインワンになっていると言っていいと思います。 ↑こちらは「スモールステップ」の考え方が解説されているページです。 しかも、上記の引用ページなどを見ても分かるとおり、2色刷りでイラストもたっぷりで非常に分かりやすく、文章も易しく簡潔です。(しかも、最初は見出しとマンガだけ読んでも十分です!)価格も驚くほど良心的です。 これまで、「家庭療育のためのABAを学ぶための最初の1冊」に最適な本はこれ、となかなか言えるものがなかったのですが、これからは自信をもって、「家庭のABA療育を始めたいならまずこの本」と言うことができそうです。 文句なし、 当ブログ殿堂入り です! 最後にいくつか補足事項と注意したいポイントを。 まず、本書のタイトルが「魔法の言葉かけ」となっているとおり、本書は基本的に「言葉かけ」によって子どもに指示を出す療育スタイルとなっており、子どもからの言葉による反応を求めるものも少なくありません。ですので、知的障害が重く、ことばが理解できない、また発話のないお子さんの場合、本書をそのまま全部使うことはできません。ただ、本書は「ほめたり指示を出したりといった日常生活」を題材にしていて、せいぜい一語文の理解や発話ができれば十分活用できる内容ですし、仮にそれができなくても、ABA療育がどういったものであるかを知るためには非常に参考になる本だと思います。 とはいえ、発話のないお子さんについては、発話トレーニングを先行して行うことが必要だろうとは思います。発話トレーニング本としては、ハードなABA本と、ややオカルトな本、2冊をおすすめしておきます。 家庭で無理なく楽しくできるコミュニケーション課題30著・編集:井上 雅彦、著:藤坂 龍司 学習研究社(レビュー記事 広汎性発達障害児への応用行動分析(フリーオペラント法)著:佐久間 徹二瓶社(レビュー記事) 最後に1点、本書のやや気になる点ですが、巻末に掲載されている「参考文献」のバランスがあまり良くないように感じられます。療育についてはハードで排他的な(要はロヴァース式の)ABAに偏っていること、ABA以外の有力技法であるTEACCH等の療育についてほぼ取り上げられていないこと、療育とあまり関係のない本が混ざっていること、一部の参考文献に、抱っこ法や特殊な食事療法など、エビデンスが疑わしい代替療法を取り上げているものがあるなど、文献のラインナップとしてはかなり疑問に感じるものが少なくありません。個人的には、巻末の文献リストは参考にしないほうがよいように思われました。
 
お前ならできる!」あるいは、「あなたならできる!」 気持ちを奮い立たせたい時は、自分に対してそう声をかけよう。そのほうが、「はできる!」よりも効果があるのだという。 何らかの行動を起こすときには、自分に「あなた」や「お前」と呼びかけ、アドバイスを与えたりやる気を出させようとしたりしたほうが、「私」や「自分」を使って言い聞かせるよりもパフォーマンスが向上することが、最新の研究から明らかになった。 この研究で、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の研究者サンダ・ドルコス博士と同大学のドロレス・アルバラシン教授は、143名の学部生を対象に、一連のアナグラム・パズル(単語や文の中の文字を入れ替えて、違う意味の言葉を作り出すパズル)を解かせた。そして、パズルを解く前に、自分に対するアドバイスを書き出すよう依頼した。 その際、学生の半数には「私」「自分」という呼びかけで、残りの半数には「あなた」「お前」という呼びかけで書くよう指示を出した。 その結果、「あなた」や「お前」という呼びかけを使った学生のほうが、解いた問題数が多く、パズルに関してより前向きな姿勢を持ったのだという。 研究者らはさらに、135人の学生を対象に、今後2週間は普段より運動量を増やすことを自らに言い聞かせるよう依頼した。この場合も、「あなた」や「お前」と呼びかけた学生グループのほうが、「私」と呼びかけたグループに比べて、自分に課したタスクに関してより前向きな姿勢を持ち、運動量を増やすための計画まで立てたと報告されている。 「驚くことではありません。以前の研究から、高い自制心や行動力が求められる状況において、人は無意識のうちに、自分に“お前”と呼びかけることがわかっています。また、否定的な出来事の後の状況でもそうです」。ドルコス教授は、米ハフポストに寄せたメールでそう述べている。 「人は、“あなた”や“お前”という呼びかけとともに、アドバイスをあげたりもらったりすることに慣れています。 行動の前に自分を奮い立たせる時は、“あなた”や“お前”という呼びかけを好むようなのです」と、ドルコス教授は述べている。「“あなた”を使って自分に助言を与えると、より幅広い視野に立つことができます。大切な人が自分の行動をどう見るか考えるようになったり、他人からこれまでに得てきた励ましなどを再び思い出したりします」 ところで、研究者らはなぜ、自らへ言い聞かせる手段として、口頭ではなく、記述を選んだのだろうか。 「セラピー治療では以前から、自らと会話をする手段として、記述が取り入れられてきました」と、ドロレス教授はメールで説明してくれた。「しかし今後は、より踏み込んだ研究を行ない、書き記す方法と、心の中で語りかける方法の、どちらが自分自身に対してアドバイスを与えるときにより役立つのかを見極める必要があると思っています。その効果はおそらく、環境によっても違い、個人の好みでも違ってくるでしょう」 この研究は、2014年6月23日に「European Journal of Social Psychology」(ヨーロッパの社会心理学学術誌)に掲載された。 [Jacqueline Howard(English) 日本語版:遠藤康子/ガリレオ]
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています
 
夏休みもいよいよ後半。学校で友だちに会えない子どもたちは、いつもよりも「LINE」を使っていたりしませんか? そんな子どもたちを見ると、親としては心配になってしまうかもしれません。かといって、禁止することも難しい……。 大丈夫です。今日は心強い先生をお呼びしました。一般社団法人インターネットユーザー協会(MIAU)代表理事、小寺信良さん。「気をつけよう!SNS」(汐文社)などの著書がある、インターネット歴20年のベテランです。 インターネットをよりよく使うためにはどうしたらよいのか、ユーザーという立場から活動をしている小寺さんは最近、茨城県取手市の中学校でLINEについての授業をしました。テーマは、「夏休みに入る前に知っておきたいLINEを使う5つのコツ」。その授業を皆さんにもご紹介します。親子でLINEと上手に付き合うためにどうしたらよいのか。ぜひ、親子で読んでみてください。 ■「LINEはスマートフォンを持っていないと使えない」 「インターネットで便利になったことは、何だと思いますか? 最新の情報を受信・発信したり、どこからでも買い物ができたりするようになりました。皆さんもアマゾンなどのオンラインストアで買い物をしたことがあるかもしれません。それから、直接会わなくてもコミュニケーションができるということがあります」 「インターネットを利用したコミュニケーションって何? って聞くと、Twitterと答える人が多いです。それから、FacebookやLINE、掲示板。メールもありますね。ただ、メールの利用率は今年5月に総務省が公開した資料によると、高校生では減少に転じています。そしてメールの代わりにLINEを使うという傾向がでてきています。ではまず、LINEの特徴を説明しましょう」 linekotsu 「LINEは感覚的にメールに近いものですね。今日はLINEを使う上で、知っておきたいことを5つご紹介しましょう。知っておきたいことその1は、『LINEはスマートフォンでないとうまく使えない』ということです」 linekotsu 「デジタルアーツ社の調査によると、中学生の半分ぐらいはまだスマートフォンを持っていません。つまり、半分ぐらいの同級生たちとはLINEでは連絡できないのです。これは大人の世界でも同じで、大体半分の人たちしか使っていません」 linekotsu 「今、LINEを使っている皆さんは、同級生の半分以上がLINEを使っていないことを知っておいてください。それから、LINEを使っていない皆さんは、LINEを使っていなくてもそれは恥ずかしいことではありません。LINEでなくても、メールや通話、そして直接コミュニケーションできることを忘れないでください」 ■「LINEはあなたの電話帳を見ている」 linekotsu 「LINEを使っているとき、『知りあいかも?』といって友だちをすすめてきたことはありませんか? 『電話番号で友だちが追加されました』とでてきたこともあるかもしれません。知っておきたいことその2は、『LINEはあなたの電話帳を見ている』ということです」 「ここで、電話番号やメールアドレスが記録されている電話帳は、誰のものかを考えてみましょう。電話帳の中身は、君たちのもので、君たち自身が管理するものです。それをなぜLINEが知っているのでしょうか?」 「LINEの標準設定では、電話帳のデータをLINEに教えることで、お互い電話番号を知っている人たち同士を友だちとして設定するという仕組みになっています。これは、LINEを初めて起動したときに表示される注意書きにも書いてあって、LINEを使っている皆さんはそれを読まずに『同意』してしまっていることがほとんどです。しかしここで考えてほしいのは、自分の電話帳をどこかの企業に預けるということは、よいところと悪いところがあるということなんです」 linekotsu 「よいところは、わざわざ友だちに申請しなくても、自動的に友だち同士になることができるから楽ですね。一方で悪いところは、電話番号を知っている相手から見ると、LINE使っている子が『友だちかも』というところにでてくるので、LINEを使っていることが自動的にバレてしまいます。つまりLINEでつながりたくない友だちとつながってしまう可能性があるんです。それから、友だちじゃない人と友だちになってもよいのでしょうか。習い事や塾の先生、親戚のおじさんもLINEで友だちにならないといけないのでしょうか?」 「LINEはあくまでも企業のひとつです。そういう企業が、皆さんの友だち関係を把握していることは、いいことなのかどうか考えてみてください」 linekotsu 「僕たちのおすすめ設定は、アドレス帳の設定で、『友だちの自動追加』(アドレスのアップロードを許可すること)と『友だちへの追加を許可』(電話番号を知っている人たちを自動的に友だちにすること)という設定を、両方ともオフにすることです。この2つの設定は初期設定ではオンになっているので気をつけてください。この機能を使わなくても、LINEで友だちになる方法はあります。それが、『ふるふる』機能と『QRコード』機能です」 linekotsu 「これは、近くにいる子たち同士で、友だちになる機能です。目の前に相手がいて、その人と友だち関係になろうというわけですから、この2つの方法は比較的安全です。必ず守ってほしいことは、知らない人や知りあったばかりの人、インターネットで知りあった人、連絡を取りたくない人には連絡先を絶対に教えないでください」 ■「つながり依存になってませんか?」 「次は、このマンガを見てみましょう」 linekotsu linekotsu linekotsu 「知っておきたいことその3は、『つながり依存になっていませんか?』ということです。LINEのメッセージが既読になったからといって、すぐに返事がくるわけではありませんし、必ずすぐに返事をする必要もありません。返事がすぐに来なくても、イライラしないでください。本当に急ぐ用事は、電話で伝えましょう。インターネットを使ったコミュニケーションのよいところは、時間と場所が離れていても、会話が成り立つところです。実際に会おうとすれば、時間や場所を合わせないといけない。電話は時間を合わせないといけない。インターネットのコミュニケーションで、時間をしばるようなことをしてしまったら、それはインターネットの意味がありません」 「それから、つながり依存やコミュニケーションが過多になっている子たちの傾向として、勉強時間ではなく睡眠時間を削っているという統計があります。中学生、高校生の時期には十分な睡眠が重要ですし、メッセージを受け取る相手も眠れていないということを考えてください」 linekotsu 「では、どうやったらLINEでのメッセージを終わらせられるのでしょうか? 皆さんの話を聞いていると『眠いから寝る』と正直に伝えることができる人が多いようですね。ただ、『眠い』という理由だと『がんばって起きようよ』といわれてしまうかもしれません。そういうときは『お風呂に入ってくる』や『筋トレやらなきゃ』のように、次の用事があるということをいえば、『筋トレならしょうがない』と穏便に終わらせることができます。『おやすみ』のスタンプを使うのも効果的でしょう」 「一対一のチャットではなく、グループチャットの場合は、自分だけが途中でに抜けてしまうと、抜けたあとに何が話されるのが気になってしまうので、つい最後までがんばってしまいます。そこで、おじさんたちがまだインターネットが普及していなかったパソコン通信時代から20年以上、ずーっととチャットをしてきた経験から編み出した技を今日は伝授しましょう。それは『全員カウントダウン』です。全員で一緒に終われば大丈夫。みんなでカウントダウンをして、チャットを終わりにしましょう。」 linekotsu ■インターネットに流したデータはずっとインターネットに残る 「ここでひとつ、本当にあった怖い話をしましょう。広島県のある高校の男子生徒たちが、女子更衣室に仕掛けたスマートフォンで女子生徒の着替えを盗撮。その映像をLINEのグループに送信しました。映像はグループ内で共有され、そのうちにそれが保護者にバレて、警察沙汰になりました。男子生徒たちは自宅謹慎などの処分をうけました。男子生徒たちは盗撮した映像をLINEのグループ以外には漏らしていないといっていますが、もし誰かがその映像をインターネットにアップロードしていたら、その映像はインターネットにずっと残り続けることになるでしょう。皆さんの会話の履歴もスクリーンショット機能を使えば、それを画像として保存して、インターネットにアップロードすることもできます」 「一度インターネットにアップロードされたデータをあとで完全に消すことは本当に難しいんです。LINEでコミュニケーションをするときは、その写真や映像、書き込みを赤の他人に読まれても大丈夫か? どうしてもLINEに流さないとダメ? と考えてからにしましょう。もしも他の人が写っている写真や映像だったら、写っている人に許可をもらってからにしましょう。これはLINEだけの話ではなく、インターネットを使う上でとても重要なことです。これが知っておきたいことその4です」 linekotsu 「プロフィール設定にも注意が必要です。初期設定のままだと、誰でもプロフィールを読めますし、プロフィール写真も見られます。でも、自分の顔を大勢の人に見せてメリットがあるのは、政治家やタレントなどでしょう。一般の人が不特定多数の人たちに顔を知られることは、メリットよりもデメリットが多いことがほとんどです。くれぐれもプロフィールに、学校名や学年、本名、メールアドレスや電話番号などは書かないでください。プロフィール写真も自分の写真ではなく、景色や動物の写真などを使ったほうがいいですね。タイムラインの設定も初期設定のままにせず、読むことができる人を限定しましょう」 ■「あなたが送ったメッセージには必ずそれを受け取る人がいる」 「そして最後に知っておきたいことその5は、『あなたが送ったメッセージには必ずそれを受け取る人がいる』です。『お前ウザい』とか、『あいつ超ムカつくからみんなで無視しようぜ』とか、そんなメッセージを受け取ったり、また送ったりすることは楽しいでしょうか? 自分がそう思ったことは本当なんだから、感じたままに書いてもいいと思うかもしれません。しかし実際に顔を合わせて話をするとき、会話の相手が傷つくようなことはいませんよね? これはインターネットを使ったコミュニケーションも同じことです。本人を前に直接いないようなことは、LINEでも書かないでください」 linekotsu 「それから、微妙な話はなるべく直接伝えるようにしましょう。LINEでは表情や口調が伝わらないので、非常に誤解が生まれやすいんです。悪口や文句、グチといったネガティブなことではなく、楽しいことやうれしいことをおすそわけするために使うことからスタートしましょう。そうすればもめません。『アイスの当たりがでた!』とかから始めてみたらどうでしょうか? そんなことに気をつけながら、LINEを使ってください!」 ■LINEを使っているお子さんを持つお父さん、お母さんへ 「親の視点から、子どものスマートフォンの使い方が目に余るからといって、その利用を禁止するのは、確かにその瞬間の解決策としては効果があります。しかしその場合、いつまで禁止するのかという問題もあります。子どもも、いつかはスマートフォン、そしてインターネットを使う必要がでてきます。現在、高校生のスマートフォンの所持率は84.5%という調査があります。中学生の間はスマートフォンから遠ざけておいて、高校生になって急にポンと渡したとしても、子どもは高校生になったからといって急に成長するわけではありません。大ケガをする前に、小さなケガで学んで成長できるように、少しずつスマートフォンやインターネットの使い方を覚えさせたほうがよいと思います」 「それから、子どもがLINEを使っている場合は、大人も使ってみてください。これまでも大人は、ゲームやマンガなどいろいろなメディアに対して、自分が理解できないものを子どもに使わせることに恐怖を持ってきました。それは大人がそのような新しいメディアに興味を持てないからというものもあったかもしれません。しかしLINEはコミュニケーションツールなので、お子さんと一緒に始められます。ぜひ親子でLINEにトライしてみてください」 linekotsu MIAU代表理事、小寺信良さん 【注釈】この記事のピクトグラムは下記を利用しました。 Browser by Nicholas Menghini http://thenounproject.com/term/browser/10811/ Mobile-Shopping by Benny Forsberg http://thenounproject.com/term/mobile-shopping/14939/ Communication by Eric Bird http://thenounproject.com/term/communication/29033/ Email by iconoci http://thenounproject.com/term/email/12462/ Advertisement by Laurène Smith http://thenounproject.com/term/advertisement/51135/ 上記のピクトグラムはクリエイティブ・コモンズ 表示 3.0 非移植 ライセンスの下に提供されています。 https://creativecommons.org/licenses/by/3.0/deed.ja
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています
 
お盆の帰省で田舎に戻ったとき、「ああ、そうだったな」と改めて感じる何かが見つかることもある。Twitterに投稿された、あのなんとも言えない発見の一部を紹介しよう。
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています


RSS Feed Widget
たかみんつREADERランキング
(http://bicycle.life.coocan.jp/takamints/index.php/reader/ranking/2014-08-17)
by Koji Takami ( email: vzg03566@gmail.com, GitHub: takamin )