twitter: LOGIN
シンプルなフィードリーダー♪
 ▲ たかみんつ | □ たかみんつREADER | ! トピックス

[! トピックス] | スタンリー | 大谷翔平 | Koki | 成田賢 | トライアウト | 酉の市 | 名探偵ピカチュウ | 久兵衛 | 稀勢の里 | 絢香 | 西内まりや | 村上淳 | 錦織圭 | 亀田和毅 | 懸賞 | 中村倫也 | 草刈正雄 | 小田急線 | 篠原涼子 | UUUM

たかみんつREADERランキング

表示件数:

集計範囲: 最新(ここ数日)過去1週間

 
学校の校舎で履いた、あの靴。なんて呼んでいただろうか。「うわばき」? 「うわぐつ」? それともまた別の名前?――地域ごとに呼び名が違う、あの靴。あるTwitterユーザーが、日本各地でどう呼ばれているかをまとめた。 関東、中国地方は「うわばき」、近畿、北海道などが「うわぐつ」、東北では「ズック」と言われているという。 作者は漫画『眠らないでタエちゃん』の著書もある中村ゆきひろさん。Twitterユーザーの何気ない疑問から、地図を作成。Twitterで情報を募り、地図を完成させた。
【都道府県関連の記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています
 
これ便利! しかもちょっとオシャレ。 "Halfbike"は、自転車と一輪車を足して二で割ったような、新しい乗り物。 サドルはなくて、コンパクトな車体に立ち乗りします。 一輪車サイズのタイヤが付いてるので、けっこうスピードも出るようです。(動画参照) 歩くような感覚で気軽に乗れるので、生活圏内の近距離移動に最適ですね。 Halfbikeは現在、ネットで開発費を募るサービスKickstarterで支援を集めていますがすでに目標額を達成。$899(USD)でプレオーダーできます。 乗るの楽しそう。   リンク:Halfbike公式サイト / Kickstarter (2014年8月21日 未来スコップ「自転車 + 一輪車 ÷ 2 = ちょっとした移動にピッタリな新自転車"Halfbike"」より転載)  

Halfbike - Kickstarter video from kolelinia.com on Vimeo.

2014-08-21-20140821halfbike_city_4.jpg 2014-08-21-20140821studio_5.jpg 2014-08-21-20140821studio_1.jpg 2014-08-21-20140821studio_2.jpg 2014-08-21-20140821halfbike_3_kolelinia.jpg   リンク:Halfbike公式サイト / Kickstarter
 
Red-Bull-Racing-02.jpg(ꉺꈊꉺ) ウッホー!!まさに炎を吐く怪物見慣れて忘れていたけれど、地上最速を競う "F1" とは、こんなにもとてつもないエネルギーが飛び交っているんだなレッドブル・レーシングが、赤外線サーモグラフィシステムの会社 FLIR とコラボし撮影した「Red Bull Racing's RB8 Tearing it Up in Infrared
 
家の裏に珍しい鳥がいると言われ、小さく綺麗な鳥を想像していたら _ 人人人人人人人人人_ >ホオジロカンムリツル<  ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄ _人人人人人人人_ >ウガンダの国鳥<  ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄ kakurekyon on Twitter
 

最近、CSSフレームワークが多く出てきましたよね。Bootstrapもいいですが、目的やデバイスに応じて選択しても良いのかも知れません。また、あまり多機能なフレームワークは逆に束縛になる可能性もあるので注意が必要です。

スマートフォンやタブレット向けにサイトを作るならばHeart.cssをベースにしても良さそうです。必要最低限の機能に止めつつ自由度を維持してくれているCSSフレームワークです。

Heart.cssの使い方

デモのアドレス帳。これはタブレット向けと言えるデザイン構成の場合です。

 

何だか名前が無駄にかっこいいんですが…。 HTML5やJavaScript、PHPにCSS、XMLなどなど…挙げだせばキリが無いプログラミング言語。分野ごとに違ったものがスタンダードをとっている為、... 続きを読む

 

成功するには、一体どのような資質を身に付けたり伸ばしたりしなければならないのでしょうか? 様々な分野の成功している人を見ていると、答えがおのずと見えてきました。一見何でもない資質のように思えるものも...

記事を読む

 

毎日のようにテレビに登場し、ツイッタ―のタイムラインには彼一流のユニークなダジャレが次々に流れてくる。このように、私たち 日本 人にとって、最も身近な アメリカ 人とも言えるデーブ・スペクター氏だが、その人物像については意外と知られていない。デーブ氏は「CIAのスパイ」だという噂がしばしば囁かれるが、こんな話が多少なりともリアリティを持つのも、彼がどれほど謎に包まれているかの証左と言えるだろう。一体、彼はどんな人物で、アメリカのメディアは彼をどのように伝えているのだろうか。

【ジョークの達人としてのデーブ・スペクター氏】 このほど、ニューヨーク・タイムズ紙が掲載した記事は、デーブ氏は30年にわたり日本の騒々しいトークショーの世界に居座ってきた人物であると描写し、彼は「おそらく日本に住むアメリカ人で最も認識されている」と紹介している。

同紙は、ワイドショーやCMへの出演、ハリウッドのセレブへのインタビューのほか、主に50万人のフォロワーを持つツイッタ―で披露される、おなじみのジョークもデーブ氏の多忙な生活の一部だとする。

デーブ氏を特徴づける、この「ジョーク」については、早くも1980年代の終わり頃には彼の得意分野だと認知されている。来日の6年後の、1989年にロサンゼルス・タイムズ紙に掲載された記事には、「昼でも夜でも、どんなチャンネルに合わせても、そこにはデーブ氏がいる。流暢な日本語でジョークを飛ばして」という記述が見られる。

2011年にニュースサイト”kotaku”に掲載された記事でも、一例として「個人情報が漏れる失礼なゲーム機→無礼ステーション」というデーブ氏のジョークを挙げ、日本語の音韻的観点からダジャレを解説している。

母語ではない日本語で巧みにジョークを飛ばすデーブ氏のイメージは、アメリカでも強調されているようだ。

また、この点に関して、”kotaku”が伝える日本人が持つアメリカ人のイメージについての記述も興味深い。記事は、日本では多くの人が英語とアメリカ文化を理解せず、そのため一般にアメリカ人は面白くないと思われていると指摘する。そして「アメリカン・ジョーク」というフレーズも、単に面白くないものとして使われると説明している。

【1984年当時の日本の外国人タレント事情】 デーブ氏が最初に来日したのは1983年。米放送局のABCは若い脚本家だったデーブ氏をある番組のコーナーのプロデューサーとして東京に送った。ニューヨークタイムズ紙によると、はじめは数週間の滞在の予定だったというが、彼は期間を延長して「日本で見つけたクレイジーなTV番組から」面白いものを伝え続けさせるようABCを説得したそうだ。

1984年に最初のテレビ出演を果たすと、すぐにオファーが相次いで届いた。当時、日本の外国人タレントといえば、英語教師かモルモン教の宣教師がほとんどで、デーブ氏の立ち回りは際立っていたそうだ。

ロサンゼルス・タイムズは当時の状況をより詳しく伝えている。その頃、日本のテレビに出るアメリカ人はケント・デリカット氏、ケント・ギルバート氏、チャック・ウィルソン氏の3人しかおらず、デーブ氏は「日本人が理解できるのは私だけだった」と同紙に答えている。

そうして外国人タレントとして一躍スターになったデーブ氏だが、1989年の時点では、アメリカに帰りたいと心境を明かしている。しかし、この時に帰国しなかったのは、日本で稼ぐことができる多額の収入が理由だったそうだ。

【デーブ氏の変化、日本で成功できた理由】 同紙のインタビューでは、デーブ氏は個人的なレクチャーからも多額の収入を得ていたと明かしている。「極端に限られた教育しか与えられず、レクチャーする資格はなかった。でも誰が不満を言うんだ?」と悪びれる様子はない。もっともこの発言が国への郷愁から引き起こされた強がりなのか、当時の日米関係から意図的に強調されたコメントなのかは、現在からは知る由もないが、非常に興味深い記述ではないだろうか。

日本の国際的な立ち位置の移り変わりを冷静に押さえた、最新のニューヨーク・タイムズ紙の記事では、多国籍のタレントが登場している日本で、デーブ氏は過ぎ去った過去の遺産のように見えるが、他方で他のタレントにはなし得ないステータスを打ち立てていると伝えている。

「私は人生90%を日本で生きてきた」と語るデーブ氏は1989年当時とはだいぶ印象も異なっているように感じられる。同紙は日本で成功した彼の持つ力について、日本や、日本の持つ繊細さに対しリスペクトを持とうとする意欲から説明している。

デーブ氏は記事の最後で、自分がどのように良い道筋を歩くかを知っており、だから日本人は自分にあらゆること、時には敏感な国内問題さえも話すことを許す、という認識を示した。曰く、「それは私の本物の業績だよ」ということだ。

いつも心にクールギャグを(デーブ・スペクター) [Amazon]

 

夢みたいなテクノロジーが現実に。 ソーラーパネルが透明になったら、どんなことができるようになると思いますか? 例えば家の窓ガラが発電したり、スマートフォンのスクリーンがセルフチャージするようになるか... 続きを読む

 

オカンからのメール……それは色々な意味で唯一無二のものだ。そのイメージは人それぞれだろうが、記者(私)が個人的な体験を通して感じている特徴としては、 “無駄に高いテンション” “意味不明な報告” “桁違いの天然っぷり” などなど。恐らく、「似たような印象を持っている」という人は少なくないだろう。

そんなオカンのメールにまつわる事件が、今海外で話題になっているので紹介したい。内容を簡単に言うと、車(バン)を盗まれたシングルマザーの女性が車泥棒にメールを送ったところ……なんと車が返ってきたのである! 奇跡的な展開は以下の通りだ。

・5人の子供を育てるシングルマザー その女性とは、アメリカで5人の子供を育てるシングルマザーのミーガンさんだ。彼女はミズーリ州のスーパーマーケットの駐車場で、バンを何者かに盗まれた。なおその車は、彼女が仕事で使っているもの。5人の子供を養うためには欠かせないものだったのである。

「車の中に携帯電話がある!」 車を盗まれた事実を知った彼女は、当然ながら彼女は激高! だが同時に、車内に携帯電話を置きっぱなしにしてきたことを思い出したという。「自分の携帯にメールを送れば犯人にメッセージを伝えられる!」ミーガンさんはそう考えたのだ。そこで彼女は、怒りをぶちまけるメールを送りつけた。

「ちょっと! あんたが盗んだバン、それは5人の子供を持つシングルマザーの仕事用の車なの! あなたは私たちの生活をメチャクチャにしているのよ!」

・3時間に及ぶメール攻撃 ここからはじまったミーガンさんのメール攻防戦は3時間にも及んだ。その間、「バンはボロボロなのよ」と伝えたりもしたのだとか。やがて、彼女は最後のメールを送りつけることに。その内容は、彼女が最初に送ったものとは明らかにトーンが異なっている。

「車泥棒さん! そのバンを返してくれないかしら。」

・“お願いメール”が「吉」と出る 怒りをストレートに表明するのではなく、車を返してくれるよう懇願するニュアンスのメールを送ったのである。すると……それが「吉」と出たのだ! なんと犯人から返事、車の場所を示すメールが来たのである!!

・車内に残されていた犯人からの手紙 ミーガンさんと母親がその場所に行ってみると……盗まれたバンがあった!! 車内にいた愛犬も無事で、ミーガンさんは車を取り戻したのだ。彼女のメールが、奇跡的な展開をもたらしたのは言うまでもない。

・車内に残されていた犯人の手紙 そして車内には、犯人からの手紙が残されていたという。その内容は……。

「こんなことをして本当に申し訳ありません。子供たちが食べ物を必要としていたため、父親として食べ物を与えたかったのです。悪いことだとは分かっていましたが、失業して生活が苦しかったのです」

謝罪の言葉とともに、自分が罪を犯した理由が述べられていたのだ。

・警察には届け出ず とにかく、ミーガンさんの元に車が返されてなにより! ちなみに、ミーガンさんは犯人の状況に配慮してか、警察へ被害を届け出ていないとのことである。

参照元:YouTubekctv5wjla(英語) 執筆:和才雄一郎

この記事の動画を見る

●関連記事

オリジナル記事: オカンのメールが奇跡を起こした! 車を盗まれたシングルマザーの女性が犯人に約3時間メールを送り続けたらこうなった Copyright© ロケットニュース24 / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.



RSS Feed Widget
たかみんつREADERランキング
(http://bicycle.life.coocan.jp/takamints/index.php/reader/ranking/2014-08-28)
by Koji Takami ( email: vzg03566@gmail.com, GitHub: takamin )