twitter: LOGIN
シンプルなフィードリーダー♪
 ▲ たかみんつ | □ たかみんつREADER | ! トピックス

[! トピックス] | スタンリー | 大谷翔平 | Koki | 成田賢 | トライアウト | 酉の市 | 名探偵ピカチュウ | 久兵衛 | 稀勢の里 | 絢香 | 西内まりや | 村上淳 | 錦織圭 | 亀田和毅 | 懸賞 | 中村倫也 | 草刈正雄 | 小田急線 | 篠原涼子 | UUUM

たかみんつREADERランキング

表示件数:

集計範囲: 最新(ここ数日)過去1週間

 
9月4日、マツダは2人乗りスポーツカー「ロードスター」の新型モデルをファンイベントで発表した。2015年に発売する。 初代ロードスター誕生から25年、4代目となる今回の新モデルでは車両重量を100kg削減。さらにスポーティな走りが楽しめるという。ロードスターは2人乗りスポーツカーの定番車で、これまで累計94万台を販売している。
【マツダ関連の記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています
 
おおおおおぃ、おぃっ!!これ、あかんやつや。映画で "異星人侵略の序章" 的な風景で見たやつだ・・・フロリダ州の漁師 スティーブ・バーガロン (Steve Bargeron) が、エビに似た「巨大生物」を釣り上げたと、米・政府機関 "フロリダ魚類・野生動物保護委員会 (Florida Fish and Wildlife Conservation Commission)" が公式Facebook で発表怖すぎワロ・・・タ・・・よく船の上まで釣り上げたなぁ・・・
 

テクニシャンな社長。 オタマトーンなどで知られる明和電機が新しいトイ楽器を販売しています。その名も「Mr.Knocky」、ドラム型のワイヤーアクショントイです。 ドラムを叩くようにバチ型コントローラ... 続きを読む

 

以前当サイトで持ち運びに便利なミニマムサイズの折り畳み自転車を取り上げましたが、今回ご紹介するのは、折り畳み「キックボード」!

海外サイト「Tuvie」によると、最小時でなんとA4サイズの紙ほどの大きさにまとまってしまう(!)、超コンパクトサイズのキックボード「A4 Foldable Scooter」が発表され、話題を呼んでいるらしいのですっ。

同品のデザインを手掛けたのは、若干22歳の大学生、ジョージ・マーベイさん。

アルミニウム製品のデザイン性および可能性を評価するコンテスト「The Power of Aluminium」で大賞をとった「A4 Foldable Scooter」は、一見ごく普通の、どこにでもあるようなキックボード。

ですがボディー全体がケーブルによって接続されたブロック状のアルミニウムで構成されているため、くるくるっと丸めて、驚くほど小さく畳むことができちゃうの。ちなみにアルミニウムの重さは鋼の1/3、つまり大きさも重さもミニマム、ってなわけなのですよ。

どシンプルな構造だけに、「耐久性は大丈夫なの?」などと不安を抱いてしまうでしょうが、もちろんその点も問題ナッスィング。大人1人分の体重を引き受けられるくらいには十分に丈夫ですので、どうぞご安心くださいませ。

それにしても、A4サイズ、だなんて超画期的。ということは、バッグにすんなり入ってしまうサイズ、ということですよねぇ。重さは5キロほどと、女性にとっては少々負担になる程度はあるものの、まあこれくらいなら許容範囲。アウトドアシーンなどでも大活躍してくれそうだしねっ。

そんな「A4 Foldable Scooter」、すでに今後の商品化が視野に入れられている模様。その革新的なデザインゆえに予定価格は17万円ほど(!)となかなか高額に設定されているようですが、さて最終的には果たして幾らになるのか、見ものでございます。今後の動きに、要注目の1品ですね。

寄稿:Pouch 参照元:Tuvie(英文)

画像をもっと見る

●関連記事

オリジナル記事: くるくる丸めてA4サイズに!? バッグに入れて持ち歩ける超コンパクトサイズの折り畳み「キックボード」がスンゴいぃぃぃ!!! Copyright© ロケットニュース24 / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

 

忙しい時に誰かの手を借りたい。そんな時があると思いますが、恐らく解決できないのですが、手が増えるガジェットが登場しました。パワーアームでもなく、ドクター・オクトパスのアームでもなく、指につける「フィ... 続きを読む

 

初代NA型が登場して25年。ついに四代目の誕生です。 フィアットを手を組み、次世代アルファ・スパイダーのベースにもなると見られている新型マツダ・ロードスターが公開されました。いやー、これは美しい! ... 続きを読む

 
ブエルタ・ア・エスパーニャは3日、第11ステージが行われ、頂上ゴールの残り1kmでアタックしたファビオ・アール(イタリア、アスタナ プロチーム)が、ゴールまで逃げ切ってブエルタ初勝利を挙げた。総[...]
 
死ぬことを忘れた人々が住むと言われるギリシャの離島、イカリア島をご存知でしょうか。 10月に渋谷アップリンクで劇場公開するドキュメンタリー映画『ハッピー・リトル・アイランド ―長寿で豊かなギリシャの島で―』の舞台となった島なので調べていたら、世界的に注目されている島だということが分かりました。 人口およそ8千人で石垣島よりも少々大きいこの島は、BBC、CNN、ガーディアン誌、NYタイムズ誌などで「死ぬことを忘れた人々が住む島」として次々と紹介されているのです。 例えば日本でもつい最近のテレビ東京の特番で「イカリア島の高齢者の3人に1人が実際の年齢よりも血管年齢が若く、また、全体的に高血圧や心筋梗塞などの患者も少ない事が分かった。」と紹介されています。 イカリア島が注目されるようになったきっかけは恐らく、2004年から冒険家でライターのダン・ベットナーがナショナルジオグラフィック誌とチームを組み世界の長寿研究プロジェクト「ブルーゾーン」(Blue Zones)を開始し、世界的に長寿な地域として選出した5ヶ所に、イカリア島が含まれていたことだと想像しています。 「ブルーゾーン」として選ばれた場所は、サルディーニャ島(イタリア)、沖縄(日本)、ロマリンダ(アメリカ)、ニコヤ半島(コスタリカ)、そして5ヶ所目に選ばれた場所がイカリア島(ギリシャ)でした。沖縄も入っていますね! ※これらの「ブルーゾーン」で発見した教訓は"POWER 9"としてまとめられています。 ダン・ベットナーTED Talk「100歳を超えて生きるには」 ※日本語字幕を選択できます。 「ブルーゾーン」のチームがイカリア島で発見した7つの教訓: ・ヤギのミルクを飲む ・歩く(イカリア島は丘が多く高低差がある) ・地中海料理を食べる ・ハーブティーを飲む ・昼寝する ・たまに断食する ・家族や友人との時間を大切にする この他、イカリア島の長寿の秘密について、GreeceJapan.comが2012年、アテネのイッポクラティオ病院のアテネ大学・第一心臓臨床医学研究所の主催の医学会議で以下の要因があると発表されたと紹介しています。 ・食卓:特に魚介類、果物、野菜、豆類、そしてお茶がイカリア人の心臓と血管を増強し、高齢者のうつ病を克服する。 ・昼寝(シエスタ)の習慣 ・歩行から農作業に至る日常的な運動 ・家族の絆 ・少ないストレス ・良好な交友関係 ・頻繁な近所付き合いと地元の催事への参加 ・高い教育レベル どうでしょう?出来そうなことは結構ありそうですね。他にもポリフェノールが多く含まれる赤ワインもいいと紹介されていました。 ドキュメンタリー映画『ハッピー・リトル・アイランド ―長寿で豊かなギリシャの島で―』にはそんなイカリア島での暮らしの様子が描かれています。10月11日(土)から渋谷アップリンクで公開となります。ぜひ劇場までいらしてください。
 

8月29日、フィンランドで開催された「2014年エアギター世界選手権」で、「エアギターアイドル」の名倉七海さん(19)が優勝した。1996年から開催されている大会は今回で19回目となる。2006、2007年には 日本 のお笑いコンビ「ダイノジ」の大地洋輔氏が2連覇した。日本人女性としては初となる名倉さんの優勝を、海外メディアは大きく取り上げている。

【第19回エアギター世界選手権】 フィンランドのオウルで開催された大会には、日本のほか アメリカ やオランダなど9カ国から予選を勝ち抜いた16人が出場、5~6千人の観客が集まった。エアギターとは、ロック音楽に合わせて実際にギターを演奏しているかのように見せるパフォーマンスだ。英テレグラフ紙によると、今回のジャッジはエアギター“専門家”5人で、パフォーマンスのリアルさ、オリジナル性、カリスマ性、またいかに音楽にのめりこめるかが評価された。

名倉さんは、「名倉“Seven Seas”七海」というステージ名で、日本代表として参加。サムライをイメージさせる要素も取り入れたパフォーマンスを披露した。1stステージは1位で進出、2ndステージではアメリカ王者のマット“Aristotle”バーンズ氏と同率首位を獲得した。優勝決定戦では、縦横無尽にステージを駆け回る躍動感あふれるパフォーマンスで、マット氏をくだして見事初優勝を果たし、賞品として本物のエレキ・ギターを受け取った。

【名倉さんのコメント】 決勝前には自身のブログで、「思いっきり楽しんで全力でやり切りたい」との抱負を語っていた。大会後は、自分の中で最高のものを出し切きることができた、また海外の人々にパフォーマンスが通じたことに驚いた、とコメントしている。

【海外ユーザーの反応】 大手ソーシャルサイト『レディット』にはコメントが寄せられた。

・かなり陽気な人じゃないとステージであんなパフォーマンスできないと思う。かっこいい。 ・日本のゴールデンボンバーもエアーバンドで、ライブはかなり楽しいらしい。 ・ゴールデンボンバーがエアーバンドだとは知らなかった! ・若い子が優勝したのはすごいけど、どう見てもくだらない。 ・想像した通りのパフォーマンスだった。 ・ヘッドバンギング・エアギターとエア居合道の組み合わせのようだった。 ・かわいい。

SELDER エレキギター ストラトキャスタータイプ STH-20 初心者入門13点セット /HBK(9707003301) [Amazon]

 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ┏━┫ 週刊 自転車ツーキニスト "Weekly Bicycle Tourkinist" ┣━┓ ┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃ ┗━━┛ ┗━━┛ 【シリーズ1】舛添東京都知事が根本から勘違いしていること、の574号 ■間違いだらけの舛添ドクトリン いやはや、先週は忙しすぎましてね。書かねばならないことが多々あるのに、当メルマガ「週刊自転車ツーキニスト」書くことができなかった。本業の都合、またそれ以外にも、いろいろと重なってしまったもので。すいません。 もちろん「書かねばならんこと」とは、先月29日に出た、自転車走行空間についての舛添要一東京都知事の見解である。 一言でいうと、まったく間違っている。 というより、都知事は問題の本質を誤解している。 あえて冒頭で言うけれど、自転車が車道を走るべきというのは、いわば「ママチャリを事故から守るため」なのだ。 これはこれから縷々述べていく基本なんだが、車道走行は、決して高速自転車(ロードバイクやクロスバイクなど)の都合で言っているのではなく、ママチャリを含む自転車全般のために「自転車は車道の方が歩道より安全」なのである。 だからこそ、欧米諸国はいずれも、自転車=車道が基本であり、歩道は必ず「バイク・フリー(アルコール・フリーと同じ意味)」となっているのだ。 ■誤解の大本に「日本での自転車」の特殊性 ところが、そうしたことを誤解されたまま、あたかも「車道を走りたい」というのは「スポーツ自転車乗りのワガママ」のように、メディアも事の本質を理解しているとは思えないまま、ここまできた。 その大本には、もちろん「日本の中での自転車」という特殊性がある。昭和45年の道交法改正以降「チャリンコは歩道だよ」とされてきた日本だけの特殊なシチュエーション。 その中で、自転車は「歩行者に毛の生えたもの」という扱いしか受けなくなった。 ところが、諸外国ではまったく違うのだ。 オランダやデンマークの風景を見るがいい。 ダッチバイク(向こうのママチャリ的存在)に乗ったおばあちゃんたちが普通に車道(または自転車専用道)を疾走し、若いパパやママが、子どもを二人乗せたトレーラーを引っぱりながら、車道を安全に走っている姿を。 国際的なスタンダードで見ると、日本が特殊なのである。そして、最も注目すべきは、その特殊なニッポンこそ、先進国中最も自転車事故が多い国だという事実だ。 そこに今回の舛添知事の会見である。 「何十万もするレースできるような自転車に乗っている人はほんの一握りで、私はもっと多くのママチャリの気持ちを代弁したいと思う」という。 ヘンなことを言って都民をミスリードしてもらっては困る。 誤解を恐れず言わせていただく。多くのママチャリの気持ちを代弁したいのは、都知事よりも、むしろ私だ。今現在、6歳3歳0歳の息子娘を育て、自転車に乗せている、私だ。 自転車レーンを車道に作るべき、というのは「ロードバイクが車道を高速で走りたいから」ではない。 あえて言うなら「ママチャリのために」なのである。 というようなことを考えながら、様々な業務に取りかかりながら、ジリジリと、ニュースとしての「旬」が過ぎるのを目の前にし、まさに切歯扼腕というのか、タマラン思いで日々を過ごしていたのが、私にとっての先週だった。 というわけで、今日から「週刊自転車ツーキニスト」は「ほぼ日刊自転車ツーキニスト」と化し、日々、舛添都知事の自転車政策が、いかに都民を危険にさらし、いかに子育てのママチャリを追い込み、どんなに間違っているかを、しつこくしつこく論じたいと思う。その上で「では、どうすればいいか」を、現実に即し「最大多数の最大幸福」として述べたいと思う。 反論があるならば、ぜひこのメルマガに返信をいただきたい。この“melma!”のメルマガは、便利なことに「返信」しますと、そのまま私の元にメールが届きます。 特に、都関連の方、ぜひよろしく。 ■舛添都知事の「自転車会見」の内容 というわけで、8月29日の舛添東京都知事の会見内容である まずは、ここを読んでおかねば、何のことやら分からない。 彼の言い分をまとめてみると、次のようになる。合計5分程度の自転車部分(記者の質問3つ分)を要約してみよう。 【舛添都知事8月29日会見(自転車部分)要旨】 自転車走行空間は、基本は国のガイドライン通り、車道に作るべき。それが理想。 しかし、多くの自転車はママチャリである。私が乗っているのもママチャリだ。 なぜ生活者、中でもお母さんたちがママチャリに乗るか、その理由は簡単で、前と後ろにカゴが付いているママチャリは子育てに必須だから。マウンテンバイクや高速の(自転車)は、前や後に子どもや買い物袋を乗せられない。 ママチャリはそんなにスピードが出ないから、歩道でも安全。そして、歩道が広くて歩道と自転車を分けるならば、そっちの方がはるかに安全。 (国のガイドラインが理想ではあるが)基本はママチャリが安全であるように、妥協せざるを得ない。 新規の道路は原則、車道に(自転車レーンを)造るけれど、既存の道路は(歩道通行の)現状を変えない。広い歩道を歩行者と自転車に分けるのがいい。 (ロードバイクのように)時速50キロで行きたいような人は、クルマに乗りなさい。 何十万もするレースできるような自転車に乗っている人はほんの一握りで、私はもっと多くのママチャリの気持ちを代弁したいと思う。 都知事「どうだ、オレは弱者の味方、ママチャリの味方だろ」と自慢げな様子が目に見えるようでしょ。 弱者の味方はいい。しかし、よく読んでみると、特に後半、おかしいな、と思う部分、事実と違う部分が、ボロボロと出てくるのだ。マウンテンバイクが唐突に出てくる誤解とか、時速50キロ(うーむ(笑))とか、細かい部分はさておき、基本ポリシーからご説明しよう。 ■「ママチャリにとって」歩道は危険 舛添知事、要約の最後の部分で顕著に分かると思うけど、ヒジョーにありがちな陥穽にはまっている。 つまり「ロードバイクに乗るような趣味の自転車乗りは、車道通行を主張するけど、ママチャリは車道を走れない。だから歩道だ」という考え方だ。 これは舛添知事ばかりでなく、ちょっと自転車を囓ったばかりの識者(十年前の新聞の論説委員など)がハマりがちな方向なのだけど、実は、まったく違うのである。 我々は「ママチャリも、歩道は危険」と言っているのだ。これは多くの都市交通の専門家も指摘している。 ロードバイク、ママチャリを問わず、自転車は車道を通った方が安全。国土交通省ですら認めている現実だ。 では、この逆説的な事実は、なにゆえなのか。 それは、自転車事故の多くは「1.歩道の自転車はクルマの鼻先を避けることができない」という理由と、「2.歩道というものはドライバーにとって“二重の意味で”見えないスペースになっている」という理由から、起きているからだ。 1の理由からご説明しよう。 次の画像を見ていただきたい。 http://fast-uploader.com/file/6965605773137/ 大通りに、小さな通りが連結している。いわゆる「細街路」から、クルマが出てくる場合だが、ま、こんなのは全国どこでも見る、日常の光景だ。 こうしたクルマと鉢合わせするのを、歩道の自転車は避け得ない。 クルマも鼻先を突き出さすことを避け得ない。そうしないと曲がる先の状況が分からないからだ。 左側を通行する方がまだマシとはいうものの、この手の通りの場合、逆から見ても状況はほぼ同じだ。 http://fast-uploader.com/file/6965605805024/ ちなみにモザイク処理の奥、このドライバーの視線の先に、私はない。彼は、次に曲がる先、つまり車道しか見ていなかった。 歩道上の自転車などには、気づけないのである。 これらのクルマと、歩道上のママチャリは、必ずぶつかる。その結果、2日に1人程度のペースで、日々ママチャリ族が亡くなっている。こうした事故は「ママチャリ程度のスピード」すなわち歩くより速いものに歩道を走らせている限り、必ず起きる現実なのだ。 お分かりだろう。ほとんどの自転車事故がママチャリによる事故である、その理由が。 これはただ単に「ママチャリが多いから」ではない。これに比して、ロードバイクはこうした事故をほとんど起こさない。それは、ロードバイクが歩道を走らないからだ。ママチャリだって、もしも車道(左側)を通行しているならば、ドライバーの目に入る。ドライバーも「お、自転車が来たな、通り過ぎたら、前に出よう」と思う。 ■警視庁の統計で、アメリカの統計で… 実はこのことはすでに警察関係者の間でも常識となっている。 次の図を見ていただきたい。 http://fast-uploader.com/file/6965606486306/ これは警視庁が、同じシチュエーション、つまり、大通りに細街路が連結している部分で、どういう事故が起きているかをまとめたものだ。 一目瞭然、これを見て分かるのは、車道よりも歩道の方が危険、さらに言うなら、より車道(大通りの)から遠い部分を走っている自転車がもっと危険、という厳然たる事実だ(右側通行と左側通行の話はここでは措いておく。また後に詳細に述べるから)。 自転車は、ロードバイクだろうが、ママチャリだろうが「歩道の方が危険」なのである。 逆説的ではあるが、これは事実だ。 アメリカ連邦交通局の調べでも、歩道を通る自転車の死亡事故率は、車道を通る自転車の死亡事故率の、なんと6.7倍にも及んでいる。 http://fast-uploader.com/file/6965606836865/ 歩道は車道より、明らかに危険。その理由は、まだある。(次号に続く) ----------------------- 【ヒキタ解釈のオススメ本(たまに非オススメあり)】 休載。 「ツール・ド・フランス100話」ムスタファ・ケスス/クレマン・ラコンブ著 斎藤かぐみ訳 白水社 は、なかなか格調高くて、それでいて面白いです。ちょっとシーズンは過ぎちゃったけど。 ----------------------- 【ヒキタ最新刊】 「自転車“道交法”BOOK」小林成基(NPO自活研)と共著 こやまけいこ:イラスト http://www.amazon.co.jp/dp/4777931048 「だって、自転車しかないじゃない」朝日文庫 http://www.amazon.co.jp/dp/4022617616 【好評既刊本】 「明るい自転車質問室」(ドロンジョーヌ恩田と共著)東京書籍 「自転車 困った時の即効お助けマニュアル」成美堂出版 「自転車ツーキニストの作法」SoftBank新書 「ものぐさ自転車の悦楽」マガジンハウス 「自転車会議!」(片山右京・勝間和代・今中大介・谷垣禎一と共著)PHP研究所 「自転車の安全鉄則」朝日新書 「今すぐ使えるクロスバイク図解マニュアル」大泉書店 「ロードバイクで歴史旅」木世(えい)出版社 「自転車をめぐる冒険」「同・誘惑」(ドロンジョーヌ恩田と共著)東京書籍 「それでも自転車に乗り続ける7つの理由」朝日新聞出版 「自転車生活の愉しみ」朝日新聞出版 「天下を獲り損ねた男たち(続・日本史の旅は自転車に限る!)」木世(えい)出版社 「自転車とろろん銭湯記」ハヤカワ文庫 いずれも好評発売中。ネット内でのご注文はこちらにどうぞ。 http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%95D%93c%92q&x=0&y=0 【自転車通勤で行こう】 http://tourkinist.jp/classic/ バックナンバーはこちら。 http://melma.com/backnumber_16703/


RSS Feed Widget
たかみんつREADERランキング
(http://bicycle.life.coocan.jp/takamints/index.php/reader/ranking/2014-09-08)
by Koji Takami ( email: vzg03566@gmail.com, GitHub: takamin )