twitter: LOGIN
シンプルなフィードリーダー♪
 ▲ たかみんつ | □ たかみんつREADER | ! トピックス

[! トピックス] | スタンリー | 大谷翔平 | Koki | 成田賢 | トライアウト | 酉の市 | 名探偵ピカチュウ | 久兵衛 | 稀勢の里 | 絢香 | 西内まりや | 村上淳 | 錦織圭 | 亀田和毅 | 懸賞 | 中村倫也 | 草刈正雄 | 小田急線 | 篠原涼子 | UUUM

たかみんつREADERランキング

表示件数:

集計範囲: 最新(ここ数日)過去1週間

 

大学の研究成果の紹介と企業とのビジネスマッチングを行う展示会「イノベーション・ジャパン2014−大学見本市」では、数多くの大学が研究成果を発表。同イベントで明治大学 研究・知財戦略機構は、積層型3Dプリンタに対抗する試作技術として、立体物を簡単に作れる折り紙式の立体造形手法を紹介した。

 

いよいよiPhone 6 / 6 Plusの発売が間近となってきました。 今回、Apple StoreからSIMフリー版のiPhone 6 / 6 Plusが同時に発売されるため、SIMフリー版かキ... 続きを読む

 

Inc.:人生は問題や課題で満ち溢れています。ほとんどの人は小さな問題を解決したり、あるいは問題を回避したりすることに長けていきます。問題解決能力が非常に優れている人は、成功への道を歩む上で、他者よ...

記事を読む

 

強制既読無視になる恐れも…。 iOS 8がリリースされましたが、LINE愛用者は気をつける必要がありそうです。iOS 8にアップデートするとLINEが落ちるといった報告が多数あり、実際に僕のiPho... 続きを読む

 
映画の中に登場する「ごはん」って、なんであんなにもおいしそうなんでしょう。 映画好きのルーミー読者なら、10月10日から始まる「東京ごはん映画祭」はもうチェック済みですよね? 10月10日〜24日ま
 

99U:「仕事を家庭に持ち込まないのが理想(またその逆も)」だと、自己啓発本や、テレビの人生相談でよく語られます。しかし、現実はそれほど単純ではありません。勤務中に、子どもの学校から電話がかかってき...

記事を読む

 

悩みや苦悩は人それぞれですが、多くの場合、対人関係に起因するものです。あるいは、過程や職場などの環境の要素も考えられるでしょう。(中略)現代社会に生きる私たちにとって大事なことは、まず自分自身をよく...

記事を読む

 

生産性に関しては、集中力とハードワークが重視されるものですが、一方で注意を散らしてしまう「雑念」にも価値があるのです。ブログ「Fast Company」のStelphanie Vozza氏が、ときお...

記事を読む

 

生きていれば、緊張する場面に出くわす機会はいくらでもある。例えば、結婚式などで慣れないスピーチを披露しなければならないとき。例えば、ミスを犯して客先に謝りに行かなければならないとき。例えば、意中のあのコに愛を伝えるその瞬間……。

吐きそうになることも、冷や汗が止まらないことも、誰かに聞こえてしまうのではないかと思うほど鼓動が激しくなることもあるだろう。だが、それらの緊張は理由がわかるし、経験を重ねれば少なからず慣れていくものである。だがしかし……。

理由がわからず、慣れようもないのが、路上で50mほど先に知り合いを見つけ、お互いに気付いてしまった瞬間からすれ違うまでの、“あの緊張感” である。

・例えば…… あなたが社会人だとしよう。会社の近所のコンビニまで歩いて出るとする。特に何を考えるでもなく、コンビニの看板が徐々に大きくなってきて、残りはあと50mほど……。すると、会社の同僚がコンビニから出てきて、こちらに向かってくるではないか……。あの気まずさ、緊張感といったら……!

もちろん、特別な関係は無いただの同僚である。社内では幾度となく顔を合わせている、いつもの同僚。それなのにすれ違うまで、どういう顔をすればいいか、どこに視点を合わせていいのかすらわからなくなるのは一体なぜなのか?

・いくつかのポイント ポイントはいくつかある。まず、『普通の自分になれない』ことだ。相手の存在に気付く1秒前まではいつもの自分だったのに、どう表情を作ろうとしてもぎこちなさ全開。普通にしようと思えば思うほど、違和感アリアリ、ともすれば挙動不審にすら見える表情になってしまう。

そして『声が届かない距離』であるということ。5m先の角からバッタリ知り合いが出てきたら、「ビックリした」「お疲れ様です」などとリアクションが取れる。しかし、通常の音量では声がギリギリ届かない中距離以上になると、途端に気まずさがにじみ出てくるのだ。

人間関係は基本的に関係ない。あるとすれば、『他人かそうでないか』である。親や親友、仲の良い人であれば、緊張感とは違うものの、「どんな顔をしていいかわからない」のは同じだ。他人以外、つまり顔見知り以上の知人であれば、相手を選ばず、あの緊張感はやってくる。

・答えはわからない 明確な答えを導き出すのは難しいが、これだけはハッキリしている。やはり人間最大のコミュニケーションツールは『声』だということ。「目は口ほどに物を言う」といっても、声さえあればある程度の緊張感は解消できる。逆に、沈黙は人を緊張させる。

そして、考えれば当たり前なのだが、『意識的に素の自分は作れない』ということだ。バッチリとキメたつもりでも、普段の自分が周囲にはどう映っているかはわからない。その恐ろしさもまた緊張感を生み出す。

こうして、こちらは「緊張」×「緊張」でハラハラだ。ところが相手は普段通り。全く緊張している様子はなく、微笑みかけてくることもある。あれは一体なんなのか? そう見えるだけで相手も緊張してるのか? 答えは分からない……。

Report:P.K.サンジュン Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る

●関連記事

オリジナル記事: 【コラム】なぜ路上で50mほど先の知り合いの存在に気付いたらすれ違うまであんなに緊張するのか? Copyright© ロケットニュース24 / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

 
「Aeromobil」は、štefan kleinさんが開発した空飛ぶ自動車。90年台初頭に最初のプロトタイプが完成したものの、なかなか空を飛べずにいました。たくさんの改良を施し、Aeromobil


RSS Feed Widget
たかみんつREADERランキング
(http://bicycle.life.coocan.jp/takamints/index.php/reader/ranking/2014-09-21)
by Koji Takami ( email: vzg03566@gmail.com, GitHub: takamin )