twitter: LOGIN
シンプルなフィードリーダー♪
 ▲ たかみんつ | □ たかみんつREADER | ! トピックス

[! トピックス] | スタンリー | 大谷翔平 | Koki | 成田賢 | トライアウト | 酉の市 | 名探偵ピカチュウ | 久兵衛 | 稀勢の里 | 絢香 | 西内まりや | 村上淳 | 錦織圭 | 亀田和毅 | 懸賞 | 中村倫也 | 草刈正雄 | 小田急線 | 篠原涼子 | UUUM

たかみんつREADERランキング

表示件数:

集計範囲: 最新(ここ数日)過去1週間

 

注意不足や衝動的な行動をとるなどの特徴をもつ「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」は、原因について脳機能障害説や環境原因説など議論が分かれており、いまだ根本的な治療法が見つかっていません。しかし、ADHDの良薬は「運動」であるという研究結果が発表されています。

続きを読む...

 

2014年は「PERFECT YEAR」と称して活動を続けるEXILE(エグザイル)。その最後を締めくくるドームツアーが始まった。チケットは1万2000円と音楽ライブにしては高額であるにもかかわらず、18公演で計200万人以上を動員する見込みというから驚きだ。

EXILE……。彼らがいま、日本で一番人気と勢いがあるユニットであることはわかる。だがその理由はハッキリわからない。ファンを惹きつけている核の部分はなんなのか? そこで今回は、9月下旬に行われた東京ドームライブに集まったファンたちに、直接その魅力を聞いてきたぞ!

・幅広いファン層だが、若いファンが多い 会場に到着すると、パッと見で男女比は3:7で女性が多い。年齢の幅自体は広いものの若いファンが多く、平均しても20代前半というところだろう。ちなみに、ライブ会場では定番の “名前入りうちわ” は見当たらず、その代わりがフラッグ(旗)であった。

・大迫力のライブパフォーマンス さっそく話を聞いてみると、「かっこいい」「曲がいい」「ダンスがハンパない」という意見が多かった。特にライブでの迫力は圧倒的で、18人という大人数で繰り出すパフォーマンスは、「この迫力は日本ではEXILEだけ!」という声も多く聞かれた。

・謙虚で礼儀正しい 「謙虚」「礼儀正しい」という意見も多く、あるファンはプライベートのメンバーを発見して声をかけたところ、非常に丁寧な応対であったという。また人気絶頂の彼らであるが、ライブなどで深々とお辞儀をする姿などに、ファンは礼儀正しさや謙虚さを感じているようだ。

・定番の意見も出た 「ファンを大事にする」という意見は今回も聞かれた。これはどのライブ会場に行っても、ファンから100%出る意見である。「怪我をしているにもかかわらず、最後までパフォーマンスをやり遂げた」「ライブ中に飛んでくるテープにメンバーのメッセージがプリントしてある」などという。だがしかし……。

・具体例としては弱い印象 前者は『プロ根性がハンパない』という話でもある。ファンを大切にせずにここまでの人気が出ることはありえず、EXILEがファンを大切にしているのは間違いない。ただし後者は、今まで取材したアーティストに比べると、具体的なエピソードとしては弱い印象であった。

・一番印象的だったのは…… 最も印象的だったのは、「うちら家族だもんね」という意見である。EXILE内でのファミリー感は当然として、派生ユニット、弟分ユニットとのファミリー感。彼らを応援することによってファン自身もEXILE一族としてのファミリー感を得られ、さらにはファン同士にもファミリー的なノリがあると感じた。

・“ファミリー感” に惹かれていた 例えばジャニーズ事務所も多くのユニットが存在するが、兄弟的・ファミリー的印象は比較的薄いと思われる。ファンはどこまでいってもファンである。しかし、EXILEは違う。どういうわけか、ビシビシとファミリー的な雰囲気を感じる。これこそが他にはない、ファンを惹きつけるコアな部分だと感じた。

また、20回近く重ねてきたシリーズで初めて、「人気が人気を呼んでいる」とも思った。おそらく今、日本で唯一EXILEにしかそれはできない。圧倒的パワーはどこへ向かい、どこまで行くのか? トップアーティストとなった彼らの、今後の活躍に期待したい。

参考リンク:EXILE オフィシャルウェブサイト Report:P.K.サンジュン Photo:RocketNews24. こちらもどうぞ → 『ファンに人気の理由を聞いてみた』シリーズ

画像をもっと見る

●関連記事

オリジナル記事: 【直接インタビュー】正直その人気の理由がピンと来ないから「EXILE」ファンに一体何が魅力なのか聞いてみた! Copyright© ロケットニュース24 / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

 

「9」ではなく一つ飛ばした「10」という名前に決定した次期Windows OS「Windows 10」の開発者向け評価版(テクニカルプレビュー)の公開がスタートしました。一足早くWindows 10を体感できるテクニカルプレビューのダウンロード方法はこんな感じです。

続きを読む...

 

1984年に発売されてからアーケードゲーム、ゲームボーイなどのさまざまな形態を経て今でもプレイされ続けている落ち物パズルの元祖「テトリス」を、映画化する動きが出ています。

続きを読む...

 

なにこれかっこいい。 LEDや太陽光を利用したものなど、世の中にはエコなランプがいくつかあります。なかでもこのAmbioは、タコから採集された発光バクテリアを使ったランプ。人工の海水と一緒にガラス瓶... 続きを読む

 
「予言者がいたとは・・・」「これは噴火の予知ですよね」。御嶽山噴火をめぐるネット上の投稿が話題となっている。 9月27日、7年ぶりに噴火を起こした御嶽山。突然の水蒸気爆発で、登山客の死者が続出するなど大きな被害が出ているが、気象庁の担当者は会見で「噴火の予知は困難だった」とする認識を示した。しかし、この噴火を1週間前にQ&Aサイトの「Yahoo!知恵袋」に9月20日、次のような質問が掲載されていた
岐阜県御岳山の登山道で今回の噴火で影響がある道は有りますか?また噴火した場所に一番近くまで行くにはどの登山道がいいでしょうか? 私見ですがもう廃道になってますが旧湯川温泉山荘へ繋がる登山道が良いのではと思っていますが荒れ果てた山道どうなってるのかご存知の方みえますか? (maccatney0さん 2014/9/20 09:11)
この質問に対して、21日に「今年噴火してないでしょう!」とする回答があったが、質問者の「9月に入って噴火してますよ 」と冷静だった。この投稿は当時、ほとんど話題になっていなかったが、27日の噴火後に再発見されネット上で拡散した。 「なぜ噴火を予言できたのか?」。Yahoo!知恵袋で本人への問い合わせが相次いだが、29日に彼は次のように解答した
お答えします。噴火一週間まえですから9月21日はその一週間前に水蒸気爆発が有ったと言うニュースを聞きました。 で急がねば口永良部島の二の舞になってしまうと火口見学を急いだのは確かです (maccatney0さん 2014/9/28 22:51)
しかし、水蒸気爆発は2007年以降、9月27日になるまで観測されていなかった。この人は、未来のニュースでもキャッチしたのだろうか。しかし、9月上旬のニュースを調べると、水蒸気爆発こそ起きていなかったものの、御嶽山ではある「異変」が起きていた。 ■9月上旬、御嶽山では火山性地震が急増 9月10日、御嶽山では火山性の地震が一日に85回も発生、2007年の噴火以来の回数となっていた。気象庁では「火山灰等の噴出の可能性」を警告しており、NHKでもそのことを報じていた。問題の投稿は、このニュースのことを指摘していた可能性もありそうだ。
岐阜県と長野県の境にある御嶽山で、10日昼ごろから火山性の地震が増えていて気象庁は火口付近では火山灰などの噴出に注意するよう呼びかけています。 (NHKニュース「御嶽山で火山性の地震増加」のグーグルキャッシュより 2014/09/11 19:08)
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています
 
「まだ鮮明に覚えているうちに、自分用の記録として残しておこうと思います」 9月29日、そんな書き出しから始まる手記が、Facebookに投稿された。投稿したのは、9月27日に家族で御嶽山に登り、噴火に巻き込まれた男性。間一髪で噴火の被害をまぬがれ、下山するまでを書いた壮絶な手記は、一般公開されており、多くの人の反響を呼んでいる。 男性は、当日の午前6時半から、妻と子供2人の家族4人で王滝口登山道から登山を開始。小さな子供たちと休憩をとりながら4時間ほどで「王滝頂上」に着いたという。小さな子供がいるのでトイレに近い広場で早めの昼休憩を過ごした。 下山までの時間などを考慮して引き返すことにしたが、子供たちは山頂の「剣ヶ峰」まで「行きたい!」と主張したという。どうしようかと考えながら荷物をまとめ、全員がザックを背負った、その瞬間「バリバリバリ、ドカーン!!!!」という物凄い音がした……。
「バリバリバリ、ドカーン!!!!」 ものすごい音が… カミナリか!? と一瞬思い、その音がした地獄谷の方を見ると、 目の前の谷から大きな噴煙が立ち上がりました。 えっ …… 噴火…??? 周りにいた登山者全員が状況を把握できず、 「写真!写真!」 という声が聞こえてくるなど、 その瞬間は恐怖を感じる事も出来ない程、 誰もが状況を把握していませんでした。 しかし最初の噴火から10秒弱… 「ドドドド…ドカーン!!!!」 という爆音とともに、最初の噴煙とは比べ物にならない 大きな噴煙の柱が空高く舞い上がるとともに、 もの凄い早さで自分たちのいる方に向かってきました。 タオル等で押さえていても息が出来ない程の ガスが充満してきて、ここで本当に死を意識しました。 (コレが続いたら、絶対に助からない…) (どうすればいい…) (こんなところで家族で死ぬのか…) (子供だけでも何とかして助けられないか…) 本当にいろいろな事が脳裏をよぎり、 何とも言えない気持ちになりました。
男性は、とっさに昼休憩のときに行ったトイレの真下に何か入り口のようなものがあったことを思い出して、その空間に駆け込んだという。すぐに外は噴煙に包まれた。男性が逃げ込んだ場所は、トイレ真下にある高さ1メートル40センチの倉庫としても使われている汚物タンク置き場だった。 男性と家族は、一緒になったグループとともに消防に連絡した後、窓のない空間で轟音や噴煙に耐えた。約1時間半後、静かになったタイミングで外の状況を確認し、火山灰は30センチほど降り積もるなか、山荘に残っていたヘルメットをかぶり下山を開始したという。 手記には、噴火後の現場や、山小屋のスタッフのサポートを受けながら、登山口まで戻ってくる様子がまとめられている。 下山後「あの場所にいて今生きている事に、まだ不思議な感じです」と振り返る男性。生かされた意味を考えながら、犠牲者への哀悼と、けが人の回復を祈っている。
山小屋のスタッフをはじめ地元のボランティアの方々、 警察や消防の方々、そして自衛隊の方々、本当に多くの方々が 今も救助活動を行っています。(中略)

今回の経験で、本当にいろいろな事を考えさせられました。 生かされた命。 その意味を考えて生きていこう。と ただ今は 犠牲になられた方へ心からのご冥福を。 怪我をされた方の一日も早いご回復を。 そして安否確認がとれない方がご無事である事を祈るばかりです。
10月2日12時50分現在、この投稿はFacebook上で5600件以上シェアされている。 【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています
 
Nixie-01.jpg
キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━!!
こんな未来がすぐそこだなんてっ
どう考えてもドラえもんの世界だろ・・・これはっっ 空飛ぶカメラ「クワッドコプターの登場によって実現した「いままで見たことない視界」に驚かされてきたけど、ついにウェアラブルデバイスに進化この「Nixie (ニクシー)」は、ブレスレット形態から空中へ飛び立ち、"ブーメラン・モード" で腕に戻り、"フォローミー・モード" で持ち主に従いてきて、みんなの特別な瞬間をスマートフォンに記録するここから想定される「まったく新しい視野」によって、僕らのフォルダの中身と、思い出は、どんな風に変わっていくんだろう
 

DeviantArtユーザーのArvalisさんは、ポケモンたちを見るからに凶悪な、エンカウントしたら逃げたくなるような恐竜とか、まんま『モンスターハンター』に出てきそうな変なリアルさを持って描かれる...

記事を読む

 
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
今回もレベル高すぎる!!
あまりに凄くてにやけてくる超絶クオリティの数々、今年も開催されている「National Geographic Photo Contest 2014」これ、ホントに楽しい 。・゚・(ノ∀`)・゚・。昨年度は150カ国から7,000以上の応募があり、今回も開始早々1,500のエントリーが集まっているんだけど、どれもこれもヤバい。全部は紹介できないので、現時点の作品をずらっと確認後、さらに厳選した19作品を紹介しますFacebookで作品に「いいね!」することでみんなも選考に参加できるよ


RSS Feed Widget
たかみんつREADERランキング
(http://bicycle.life.coocan.jp/takamints/index.php/reader/ranking/2014-10-05)
by Koji Takami ( email: vzg03566@gmail.com, GitHub: takamin )