twitter: LOGIN
シンプルなフィードリーダー♪
 ▲ たかみんつ | □ たかみんつREADER | ! トピックス

[! トピックス] | スタンリー | 大谷翔平 | Koki | 成田賢 | トライアウト | 酉の市 | 名探偵ピカチュウ | 久兵衛 | 稀勢の里 | 絢香 | 西内まりや | 村上淳 | 錦織圭 | 亀田和毅 | 懸賞 | 中村倫也 | 草刈正雄 | 小田急線 | 篠原涼子 | UUUM

たかみんつREADERランキング

表示件数:

集計範囲: 最新(ここ数日)過去1週間

 

何気ない日常には、思いも寄らないドラマが隠されている。見慣れた景色によく目を凝らしてみると、意外な発見や心を揺り動かされるような感動が潜んでいるかもしれない。

・亡き妻の面影

2014年10月のある日のことだ。海外のネットユーザーがファストフード店で発見したある日常のドラマを、Twitterに投稿し大きな話題となった。彼女が投稿した画像には、1人の老人の姿がある。彼が食事をするテーブルの上には1枚の古い写真。彼は亡き妻の面影を見ながら食事していたのである。

・妻とともに

老人の姿を発見したTwitterユーザー Madi Bash(@Maaadina)さんは、驚きとともに彼が亡き妻と食事をしていることをすぐに悟り、そのことをTwitterに画像つきで投稿した。そうしたところ瞬く間にネット上で話題となり、拡散される事態となった。

・話しかけられなかった

しかし彼女は老人に話かけることができなかったそうだ。妻の面影と静かに対話するその様子を割って入るのが忍びなく、近づくことさえもできなかったという。彼女と同席した友人は話しかけることを望んでいたようなのだが、結局断念したのである。

・17歳で出会い戦争で離れ離れに

実は画像共有サービス「imgur」のユーザーが、老人に話しかけており、彼と妻の物語について詳細に紹介している。その内容によると、ふたりが初めて出会ったのはお互いが17歳の時だった。

出会った頃、何度かのデートを重ねていたそうだが、戦争によりふたりは離れ離れになってしまう。彼は出征し、彼女は家族とともに引っ越しを余儀なくされ、ふたりのつながりは完全に断たれてしまったのだ。

・10年の歳月

そして彼は戦地から帰ってくることとなる。しかし彼女と再び会う術は何もなかった。それから彼女を探す決意をして、10年もの歳月が過ぎていく。恋人を作ることなく、結婚をしようとしない彼のことを、周りは「おかしなヤツだ」と話していたそうだ。そういわれる度に彼は自らを、「恋に落ちてる」と説明したという。

・カリフォルニアの床屋で奇跡

終わりの見えない捜索の時間が続くなか、カリフォルニアに旅に出かけた時に、思わぬ事態が起きる。とある床屋で、10年の歳月をかけて生き別れた女性を探していると主人に話したところ、その主人は電話で娘を呼び出したのである。

呼び出された娘こそ、彼が探していた人物であった。こうしてふたりは再会をはたした。実は彼女も彼のことを探し続けており、その間に新たな出会いを求めることもなかったそうだ。

・誕生日、記念日、おやすみのキス

それから55年もの間ふたりは連れ添い生きてきた。その彼女を5年前に亡くして、彼はどこに行くのにも妻の写真を携えているという。彼はいまだに妻の誕生日とふたりの記念日をお祝いし続けているそうだ。おやすみのキスも欠かしていない。この画像を紹介した投稿者は、老人の言葉を次のように紹介している。

・老人の言葉

「私はとても豊かな人生を送った。お金ではなく、豊かな愛情を育んだ」 「私は妻と一度も口論をしたことがない。しかし数多くの意見をかわした」 「人々はロウソクのようだ。いつ何時でも、微風によってかき消されてしまう。だからその灯火がある間に、光をいつくしむんだ」 「奥さんには、毎日『愛している』と伝えるべきだ。そして奥さんに『最近愛してるって言ったかな?』と尋ねなさい」

・話をしよう

老人の言葉を伝えた投稿者は、最後にこうアドバイスをして結んでいる「高齢者と話をしよう、特に見知らぬ人と。話をすることで彼らの重ねてきた月日に光をもたらすことができると考えるかもしれない。しかし実際は、話をすることによって自分の人生に輝かしいものがあると気づき、驚かされるだろう」。

何気ない日常から切り取られた1枚の画像は、多くの人の心を揺り動かすエピソードを紡ぎだした。見慣れた景色のなかに、いくつものドラマが潜んでいる。そのことを実感させる心温まる物語である。

参照元:ODDITYCENTRALTODAY.com、Twitter @MaaadinaImgur(英語) 執筆:佐藤英典 関連ツイートはこちら

●関連記事

オリジナル記事: Twitterに投稿された1枚の画像が紡ぎだした心温まる物語 / 亡き妻の面影と食事をする老人 Copyright© ロケットニュース24 / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

 
いやっほー! いやっほ…うーん、まぁ、いやっ…ほー。正直、複雑な気持ちもあります。 ディズニーとピクサーが、「トイ・ストーリー 4」の制作を発表しました。監督はJohn Lasseter氏で、公開は... 続きを読む
 

日本一のリアクション都道府県と言えば、何と言っても「大阪府」である。「バーン!」と銃を撃つ真似をすれば大抵の人が「ぐふッ!!」と撃たれてくれる。他府県民はオモロイと感じてくれるようだが、大阪人から言うとそれくらい呼吸と同レベルのことだ。意識はしていない。

そんな大阪の反応が世界の笑いを誘っているらしい! 外国人がマネキンのフリをして大阪でドッキリ敢行!! そのリアクションが面白いと話題になっているのだ。世界を笑わせた反応は動画「Osaka Mannequin Prank Halloween 2014」で確認できるぞ。

・アメ村で外国人がドッキリ敢行

動画の説明によると、これは2014年のハロウィンに大阪の若者の街「アメ村」ことアメリカ村で大阪在住のギャベン・シャピロさんらによって撮影されたものだそうだ。

店頭にはマネキンが置いてある……と思ったら、実は中身は人間!! 通りすがりの人をどんどん脅かしていくのだ! しかもここは大阪。大人も子供もお姉さんも、ただただ「ワッ」と驚くだけではない。誰もが、見ていて嬉しくなっちゃうほどいいリアクションをとっているのである!

そのナイスリアクションは是非とも動画で確認してほしいが、一緒になってマネキンの真似をする人や、一緒にダンスをしちゃう人も現れちゃったぞ!

・海外ユーザーに大ウケ!

動画は公開されると海外ユーザーの間で大人気に! 以下のような声が寄せられている。

「笑ったわ」 「日本もハロウィンを祝うなんて知らなかった!! いいイタズラ!」 「脅かしてるのに、面白がってる人もいるね」 「素晴らしいドッキリだと思う。リアクションもダンスもただただ素晴らしいわ!」 「前から日本に行きたかったけど、こんな面白い国だとは思わなかった!」 「大阪って楽しそう!」 「日本人の仮装もイカしてるじゃないか」 「女の子が可愛い」 「日本に行きたくなっちゃったよ」

ほら、大阪ってなかなかいいリアクションをするでしょ? 外国人の間では東京、京都、北海道ほど知名度がない大阪。外国人に「オオサカ? どこ??」と言われることも多いが、この動画をきっかけに大阪の知名度がグンとアップしちゃうかもしれない!

参照元:YouTube shapiro127gavinshapiro.comJukin Media 執筆:沢井メグ この記事の動画を見る

●関連記事

オリジナル記事: 大阪で外国人がマネキンのフリしたドッキリを敢行!! 関西人のリアクションが海外で話題!「大阪って楽しそう!」「こんなに面白い国だったとは」 Copyright© ロケットニュース24 / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

 
最近よく耳にする「人材の多様化推進」「ダイバーシティ」という言葉。社会の変化が激しい現代において、企業が変化に対応し生き残っていくには人材の多様性が重要...というけれど、「それって本当?」と思っている人も少なくないと思います。私もその一人でした。 ところが先日「ああ、『変化に対応するには人材の多様性が重要』ってこういうことなんだな」という実感を得る体験をしました。初めて「ダイアローグ・イン・ザ・ダーク」に参加したのです。ご存知の方も多いかと思いますが、「ダイアローグ・イン・ザ・ダーク」は、暗闇のエキスパートであるアテンド(視覚障害者)のサポートのもと、真っ暗闇の中をグループで探検し、対話をするアトラクションです。視覚以外の感覚や、コミュニケーションの大切さに気付く体験ができるとして、企業研修などにも多く利用されています。 http://www.dialoginthedark.com/ 暗闇の中では、視覚障害者と健常者の立場が完全に逆転します。普段「見えている人」は初めて体験する暗闇の中で、どこに何があるかも、誰がいるかもわからず、不安で足がすくんでしまうのです。そんな中、暗闇の中をまるで「見えている」かのように動き回り、何不自由なくふるまうアテンドは頼みの綱でした。グループのみんながアテンドを頼り、あれこれと質問し、アテンドの能力に驚き、賞賛します。そのとき間違いなく、アテンドは私たちの頼れるリーダーでした。リーダーの声に耳を傾けながら、メンバーどうし声をかけ合い、ときには手をとったり肩に触れたりしながら暗闇を進みました。 プログラムが終わって再び光のある空間に戻ったときは心底ホッとし、不自由から解放されて本来の力を手にしたような気がしました。そこで私と、同じグループの7人のメンバーに、「暗闇での体験を絵に描く」という課題が与えられました。テーブルの上には、紙と、カラーペンやクレヨン、色鉛筆など様々な画材。参加者の一人がアテンドに質問しました。「暗闇での体験だけど、色を使って描いてもいいんですか?」。アテンドは答えます「いいですよ。感じたまま自由に描いてください」。 「あれ、緑が使いたいんだけど、緑はどこかなあ・・」参加者の一人がつぶやきました。 「そこのカゴの中に緑色の色鉛筆があると思いますよ」アテンドが答えます。そして、ボソッと付け加えます。「私たちには、色はいつも想像の世界でしかないんですけどね」 そこで私はハッとしました。私たちの頼れるリーダーは、「色」のない世界で生きている。私たちが当たり前のものだと思っている「色」を知らない。私たちが描いた絵を見ることもできない。でもその一方で、私たちが持ち合わせていない、豊かな感覚を持っている。暗闇を自由に歩き回る能力を持っている。 昼間の町中を早足で歩く人たちの中で、白杖をついて歩く視覚障害者は「助けが必要な人」「ハンデがある人」と見られています。でももし大停電が起こって、夜が本当の真っ暗闇になったとしたら。その中でどうしてもどこかに移動をしなければならないとしたら。私は迷いなく視覚障害者の方に頼るだろう、とその時考えました。立ちすくむ大多数の健常者の中、普段と変わらずに動き回れる能力を持っているから。暗闇の中では、みんなに頼られ、羨ましがられる能力を持っているから。 そして、「変化に対応するためには多様性が大切、というのはつまりそういうことなのだ」と気付いたのです。世の中が真っ暗闇になる、というのは極端すぎる例えかもしれませんが、世の中が変わったら、必要とされる能力も変わるのは事実です。 2014-11-07-group42917_1280.png 「目が見える」ということは、光の中では重要な能力ですが、暗闇では必要とされません。それと同じように、もし仮に今あなたが職場で「能力がある」と評価されていても、それは「たまたま今必要とされている能力がある」というだけであって、世の中が変わったり、職を変えたりすれば、必要とされない能力かもしれないのです。逆に、今活躍できていない人でも、世の中が変わったり、転職したりすれば必要とされる能力を持っているかもしれません。 変化に対応し、直面する困難を打破するためには、できるだけ多様な能力、多様な価値観を持った人が集まっていた方がいい。未来が予測不可能な上、社会がめまぐるしい変化の中にあるからこそ、人材の多様性は必要なのです。「必要とされる能力は、環境によって変わる」「自分の能力は絶対的なものではない」と知ることは、異なる価値観や背景を持つ仲間を受け入れ、リスペクトし合う第1歩になるかもしれません。 Text by 瀬尾真理子 Sofia コラムより転載
 

Markdownが色々な場面で使われるようになっています。ライブラリの数も多様で、それぞれ若干実装方法が異なったりするのが難点にもなっています。

Remarkableはnode製のMarkdownパーサーで、サーバ/クライアントサイドの両方で動作するのが利点のライブラリとなっています。機能も豊富なので選択肢として良さそうです。

Remarkableの使い方

基本的な使い方は次のようになります。

var Remarkable = require('remarkable'); // This values are default var md = new Remarkable(/* "default" */, { html: false, // Enable HTML tags in source xhtmlOut: false, // Use '/' to close single tags (<br />) breaks: false, // Convert ' ' in paragraphs into <br /> langPrefix: 'language-', // CSS language prefix for fenced blocks linkify: false, // Autoconvert URL-like texts to links typographer: false, // Enable smartypants and other sweet transforms // Highlighter function. Should return escaped HTML, // or '' if input not changed highlight: function (/*str, , lang*/) { return ''; } }); console.log(md.render('# Remarkable rulezz!')); // => <h1>Remarkable rulezz!</h1> 

nodeでサーバサイド、JavaScriptでクライアントサイドで動作します。

$ npm install remarkable --save $ bower install remarkable --save 

特徴としてあげているのは高速性と、機能拡張です。useを使ってプラグインを作れます。

var md = new Remarkable(); md.use(plugin1) .use(plugin2, opts) .use(plugin3); 

また、トレードマークなど一部の記号を変換する機能があります。

var Remarkable = require('remarkable'); var md = new Remarkable({ typographer: true }); // These values are default md.typographer.set({ singleQuotes: '‘’', // set empty to disable doubleQuotes: '“”', // set '«»' for Russian, '„“' for German, empty to disable copyright: true, // (c) (C) → © trademark: true, // (tm) (TM) → ™ registered: true, // (r) (R) → ® plusminus: true, // +- → ± paragraph: true, // (p) (P) -> § ellipsis: true, // ... → … (also ?.... → ?.., !.... → !..) dupes: true, // ???????? → ???, !!!!! → !!!, `,,` → `,` dashes: true // -- → &ndash;, --- → &mdash; }) 

実際の描画例はこちら。

 

父と子による、二人羽織型コスプレ登場! ハロウィーンで小さい子供が着るコスチュームは、ミツバチや恐竜だったり、『バットマン』や『スパイダーマン』辺りがよくありますね。ですが、ライアン・ボウエンさん...

記事を読む

 

「牛乳を飲むと骨が丈夫になる」と思われがちですが、そんな定説とは真逆の「牛乳をたくさん飲む人ほど寿命が短く、女性に至っては骨折率まで上昇する」という驚きの研究結果を、スウェーデンのウプサラ大学で教授を務めるKarl Michaëlsson氏を含む研究チームが明らかにしました。

続きを読む...

 

数ヶ月前に100均で入手して箱に入ったまま眠っていた2台のカメラで、ステレオマッチングしてみました。

2つのカメラの視差によって奥行き情報を算出するってことですね。

意外に簡単だったので驚いています。

(2014-11-18追記): ここでは、PythonでStereoBMですが、C++とStereoSGBMを使った「WEBカメラ2台のステレオマッチング結果をリアルタイムに表示する」も合わせて参照してみてください。

左上の黒い2つのカメラなんですが実は単体で簡単な3Dカメラらしく、付属の専用ソフトと3Dメガネ(青と赤のフィルター)を使用すれば、3D画像が楽しめる、、、が、購入動機は単に安かったからです。

ソース

最近Python使い始めました。さっと書いて実行できて速度的にも特に問題ないから便利ですね。

Python 2.7 + OpenCV 2.4.10 + NumPy + SciPy + matplotlib

カメラ2台の画質があまりにも違っていたので、念のためヒストグラムの平均化とガウシアンブラーで、差を目立たなくしています。品質が安定しているカメラなら、そのまま処理してもOKかと思います。

使い方

実行すると左右の画像が表示されます。終了するにはqを、ステレオマッチングを行うにはdをおします。

コマンドライン

python depth.py <idxCamL> <idxCamR> <ndisparities> <SADWindowSize>

パラメータ

  • idxCamL - 左のカメラのインデックス(OpenCVのデバイスインデックス)
  • idxCamR - 右のカメラのインデックス
  • ndisparities - 視差サイズ
  • SADWindowSize - 平均化Windowサイズ

実行結果

以下、上の写真のカメラの状態で、視差サイズを16、平均化ウィンドウサイズを21にして実行した結果です。

入力画像

汚部屋の背後の壁に、古い自転車のフレームと、ホイールを吊っている図。壁とホイールの距離は30cmくらいです。

f:id:takamints:20141103162805p:plain

左右を入れ替えていますので、交差法(より目)で見れば立体に見えます。

出力画像

なんかちょっとおぞましい感じに見えますが、簡単に表示するとこうなるってことでしょう。

f:id:takamints:20141103153204p:plain

わかったようなわからないような表示ですけど、奥行き情報が得られているのは確かなようです。

2台のカメラの配置など、もっと厳密に決めるべきかと思っていたのですが、ざっくりでも十分でした。

表示方法を工夫すれば結果がわかりやすいかもしれません。 リアルタイムにパラメータの調整や結果表示ができるといいかも。

(2014-11-18追記) リアルタイムな結果表示については、C++とStereoSGBMを使った「WEBカメラ2台のステレオマッチング結果をリアルタイムに表示する」を参照してみてください。


参考サイト

 

スナック菓子が湿気てしまったときの悲しみと言ったらない。

小学生の頃、「湿気ったポテチはモヤシ一緒に炒めて食べると美味しいのさ!」「きゃースゴイわ、主人公君☆」みたいな漫画を読んだことがあるが、私はリメイクしたいのではなくスナック菓子として食べたいのだ。

古今東西、湿気対策はたくさん存在するが、あるモノを使えばスナック菓子をスタイリッシュに湿気から守ることができるらしい。洗濯バサミや輪ゴムなんかより断然カッコイイぞ!!

・スナック菓子にアレを装着!

この方法は韓国のネットユーザーがネット上に公開しているものだ。そこには開封した韓国版かっぱえびせん的なお菓子が写っている。その袋の部分をよーく見てほしい! な、なんと袋の表面にウエットティッシュなどについているパコパコしたプラスチックのフタが取り付けられているのだ!

・なんかカッコイイ……!!

あのパコパコしたフタは、元々ウエットティッシュを乾燥から守るもの。だが外気の進入を防ぐという点では、乾燥防止だろうと湿気防止だろうと変わりはない! これならワンタッチで開け閉めできるし、洗濯バサミや輪ゴム、100均グッズよりなんだかカッコイイぞ!!

使い終わったら、すぐに捨てていたウエットティッシュのフタにこんな用途があったとはまさに目からウロコ。取り付け方の解説はないが、両面テープでつければイケそうだ。これは、ちょっと試してみたいライフハックである。

参照元:bboom.naver.com(韓国語) 執筆:沢井メグ 画像をもっと見る

●関連記事

オリジナル記事: 何これ頭いい!! マジで使えそうな「スナック菓子をスタイリッシュに湿気から守る」ライフハック Copyright© ロケットニュース24 / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

 

おいしい枝豆をより美味しく。 ビールのおつまみでもおつまみじゃなくても美味しい枝豆。旬は6~8月で、残念ながら季節はズレてしまっていますが、兄弟メディアroomieが冷凍枝豆をとにかくおいしく食べる...

記事を読む



RSS Feed Widget
たかみんつREADERランキング
(http://bicycle.life.coocan.jp/takamints/index.php/reader/ranking/2014-11-09)
by Koji Takami ( email: vzg03566@gmail.com, GitHub: takamin )