twitter: LOGIN
シンプルなフィードリーダー♪
 ▲ たかみんつ | □ たかみんつREADER | ! トピックス

[! トピックス] | スタンリー | 大谷翔平 | Koki | 成田賢 | トライアウト | 酉の市 | 名探偵ピカチュウ | 久兵衛 | 稀勢の里 | 絢香 | 西内まりや | 村上淳 | 錦織圭 | 亀田和毅 | 懸賞 | 中村倫也 | 草刈正雄 | 小田急線 | 篠原涼子 | UUUM

たかみんつREADERランキング

表示件数:

集計範囲: 最新(ここ数日)過去1週間

 

「百聞は一見にしかずなんですよね」という言葉にハッとしました。 1912年、明治45年生まれの農業機器メーカー、ヤンマー。日本の、そして世界の農を100年以上も支えてきて、これからの100年も、 O... 続きを読む

 
愛知で講演したあと、 新幹線に飛び乗り東京へ。 それから羽田に移動し、 最終の飛行機で庄内空港に飛びました。 明日(金曜)から秋田県のにかほ市で講演です。 (土曜日の講演は一般参加のものなので、よかったら) ところで最近、空港に妙な愛称をつける動きがありますよね。 僕がこれまで使った空港では、 「高知龍馬空港」に「徳島阿波おどり空港」などなど。 でもこれらはまだかわいいほうで、 先月取材で降りた空港は、その名も「米子鬼太郎空港」。 水木しげる先生の郷里が近いのだそうな。 で、空港のターンテーブルにはこんなものが回っていたり。 か、かわいいやんけ…。 で、今日。 飛行機がもうすぐ目的地に着くというとき、 こんなアナウンスがかかり、 「はあっ!?」と耳を疑ってしまいました。 「当機はこれより、『おいしい庄内空港』に向けて・・・」 「!?」 機内の全乗客がまったく同じ反応を見せましたね。 すなわち、一瞬「!?」となったあと…… 失笑。 それもほとんど爆笑と言っていいぐらい大きな音量の。 空港に降り、案内のお姉さんに聞いてみると、 「今年の8月から始まったんです。県の意向で…」 とかなり恥ずかしそうに答えてくれました。 県の担当者のオッサン(たぶん)よ……。 あんたすげえわ。  
 
空を舞台に時速370キロ、10Gの重力がかかる極限状態で争う、エクストリーム・スポーツ「レッドブル・エアレース」が2015年5月、日本で初めて開催されることになった。 レッドブル・エアレースは通称「空のF1」と呼ばれるスポーツ。プロペラ飛行機で障害物を回避しながらコースを周回、タイムを争う。順位によってポイントが与えられ、世界を舞台に年間8シリーズを転戦し、合計のポイントでチャンピオンが決定する。アクロバット飛行のプロや、軍のパイロットの経験者などが参加。操縦の腕を競う。 会場は千葉・海浜幕張。5月16日から2日間に渡って行われる予定
【飛行機関連の記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています
 

Kickstarterで支援を募る「Impossible」。プラスチッキーで華奢に見えますが、耐荷重は85kg。

記事を読む

 
11月17日、わさビーフでおなじみの山芳製菓株式会社(本社:東京都板橋区 ツイート元:埼玉)が、2014年のエイプリルフールのネタとして考案した「わさび抜きわさビーフ」が約半年の月日を経てついに商品化された。 この「わさび抜きわさビーフ」の販売開始の影響は思わぬところへ及んでいた。萌えキャラがプリントされた"痛掃除機"の発売などで何かと話題(?)のシャープ株式会社のもとへ山芳製菓から1通の手紙が送られていた。 「これ、覚えてますか?」という一文の下に、シャープの公式Twitterアカウントが5月に投稿した次のツイートが添えられていた。 お茶プレッソ」とは、シャープが販売している家電で、茶葉を石臼で挽いたような抹茶の粉末にすることができる。 さらに、手紙と一緒に送られて来たのは… わさビーフのキャラクターである「わしゃビーフ」のぬいぐるみも同梱されていた。 そして、シャープは恐る恐る「わさび抜きわさビーフ」に戦いを挑んだ。 わさび抜きわさビーフに抹茶は合わなかったようだが、このシャープ公式アカウントの"中の人"の勇敢な行動に、一般ユーザーからは「公約守りっぷりに胸を打たれた」など賞讃の声が上がっていた。そして、ネタツイートが現実になるという信じられない経験について虚構新聞の社主であるUK氏は次のようなコメントを寄せている。 山芳製菓はシャープだけでなく、様々な企業に「わさび抜きわさビーフ」と心温まる手紙を送付している。Twitterならではとも言える奇跡のコラボレーションを紹介しよう。それぞれの企業が実際に食べてみた感想は、ハッシュタグ「#わさビーフとわさび抜き」で見ることができる。 ■パインアメの「パイン株式会社」 ■セガ ■ケロリンの内外薬品(株) ■ソフト99 ■植田商店 ■キングジム ■西村ジョイ株式会社 ■おけわんこ ■井村屋株式会社 ■デル株式会社 ■湖池屋の公式キャラクター「ムッシュ・コイケヤ」
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています
 

技術が進歩し、日々の生活が便利になると、ライフスタイルは変化するものだ。当たり前のように使っていたものを、突然使わなくなるという現象も起きる。パソコン関係で例を挙げるならば「フロッピーディスク」がそうである。

しかし、そんなフロッピーで新たな活路を見出だした人がいるのでご紹介したい。早速、YouTubeにアップされた動画「Super Mario World – Athlete’s Rag on Eight Floppy Drives」で確認してみよう!

・制作者は海外のユーザー

動画をアップしているのは、海外YouTubeユーザーの MrSolidSnake745 さん。彼はフロッピーを使用し、スーパーファミコンで発売された『スーパーマリオワールド』のステージ曲を再現しているのだという。

・完全に再現

確かにフロッピーは読み込む際にギシギシいうが、はたしてその音だけで演奏は可能なのだろうか。半信半疑で動画を再生してみると……な、なんと! 完全にBGMを再現しているではないか!!

そのクオリティは、聞けばすぐに『スーパーマリオワールド』の曲ということがわかり、懐かしさがこみ上げてくるほど。アイデアと技術で、失われていく文化を活かす制作者の腕には、思わず感心してしまうぞ。

・フロッピーで多くのBGMを再現

ちなみに MrSolidSnake745 さんは、『ファイナルファンタジー7』や『ストリートファイター2』など、さまざまな分野を再現した作品も制作している。気になる人は、彼のサイトを覗いてみてはいかがだろうか。

参照元:YouTube 執筆:原田たかし この記事の動画を見る

●関連記事

オリジナル記事: 【神業動画】これはスゴい! フロッピーディスクを読み込む音で『スーパーマリオ』の BGM を完全再現!! Copyright© ロケットニュース24 / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

 

『スター・ウォーズ エピソード7』のティーザー予告編の公開日が決定してから早数日......待ちきれなさすぎて、どうしていいか分からないというスター・ウォーズファンも多いことでしょう。...

記事を読む

 

動物が感知した温度情報を脳に伝えて適切な行動をとるための仕組みを、京都大学大学院理学研究科の井上武(いのうえ たけし)特定助教と阿形清和(あがた きよかず)教授らがプラナリアで明らかにした。プラナリアは生物にとって不利な環境と考えられてきた低温を好み、生存戦略として利用している可能性も見いだした。外部刺激のうち、生物の生存に重要な温度をどう感知しているのかという基本問題の解明につながる発見といえる。11月19日に米科学誌The Journal of Neuroscienceオンライン版で発表した。

環境温度がわずかに変動するだけでも、多くの生物の行動様式や生存、生殖戦略に影響する。特に、変温動物では、温度に的確に反応することは重要だが、温度を感知する仕組みが、進化の過程でどのように獲得されてきたかは謎だった。原始的な変温動物のプラナリアは、温度変化によって、自切(無性生殖の分裂)頻度、体のサイズ、有性生殖への転換など多様に変動することが知られており、温度と生物の関係を調べるのに適している。

研究グループはまず、動物界で広く保存されているTransient Receptor Potential(TRP)ファミリーのタンパク質、DjTRPMaに着目して、プラナリアの温感神経細胞を見つけた。この温感神経はプラナリアの全身に分布しており、その温感の信号が脳に送られることを確かめた。次に、脳のどの神経細胞が、温度情報を処理しているかを阻害剤の実験で調べたところ、セロトニン神経細胞が働いて運動神経に指令を出していることを突き止めた。

「この仕組みは、多くの動物で利用されている温度感知システムの原型」と、研究グループはみている。さらに、ヒトも含めて動物は一般に低温を嫌うが、プラナリアは反対に、動きが低下する低温のほうに自ら進んで移動することがわかった。低温好みは、これまでに知られている動物の温度に対する反応として初めての発見という。

実験した井上武さんは「この研究で初めて温度を感じる神経系の基本が浮かび上がった。これまで、低温は生物にとって不利と考えられてきたが、低温で代謝を低下させてエネルギー消費量を抑えたり、生殖様式を転換したりして、積極的に低温を利用している可能性が出てきた。動物は進化の過程で最初に低温を感じて、恒温動物になるに伴って、高温の感知システムも獲得したというシナリオが描ける」と話している。

写真. プラナリア(体長1~2センチ)は好冷性の行動をする。この行動は、全身の温感神経と脳のセロトニン神経によって制御されていることがわかった。
温度刺激に対してプラナリアが行動をとるための神経経路
図1. 温度刺激に対してプラナリアが行動をとるための神経経路
生物に不利と考えられる低温も利用価値のある可能性が、プラナリアの研究で出てきた
図2. 生物に不利と考えられる低温も利用価値のある可能性が、プラナリアの研究で出てきた
(いずれも提供:京都大学)
関連リンク ・京都大学 プレスリリース http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2014/141119_1.html http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2014/documents/141119_1/01.pdf http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2014/11/20141120_01.html
 

そんなこと言われると欲しくなってしまう。 来年発売される予定のアップル製スマートウォッチ「Apple Watch」。機能や本体スペックについてはまだ不明な点が多くありますが、アップルが公式HPを更新... 続きを読む



RSS Feed Widget
たかみんつREADERランキング
(http://bicycle.life.coocan.jp/takamints/index.php/reader/ranking/2014-11-31)
by Koji Takami ( email: vzg03566@gmail.com, GitHub: takamin )