twitter: LOGIN
シンプルなフィードリーダー♪
 ▲ たかみんつ | □ たかみんつREADER | ! トピックス

[! トピックス] | スタンリー | 大谷翔平 | Koki | 成田賢 | トライアウト | 酉の市 | 名探偵ピカチュウ | 久兵衛 | 稀勢の里 | 絢香 | 西内まりや | 村上淳 | 錦織圭 | 亀田和毅 | 懸賞 | 中村倫也 | 草刈正雄 | 小田急線 | 篠原涼子 | UUUM

たかみんつREADERランキング

表示件数:

集計範囲: 最新(ここ数日)過去1週間

 
調べ物をするとき、Google検索を利用する人は多いでしょう。でも、Googleで検索できるのは文字でだけではありません。写真や画像をもとに、それに似た画像を検索する機能「類似画像検索」もできるんです。 「この写真に写ってる人、だれだっけ?」そんなときは、画像で検索しちゃいましょう。今回は、iPhone XSで画像から類似画像を検索する方法を紹介しますが、Androidでも同様の操作手順で行えます。

【ギャラリー】画像から類似画像を検索する (4枚)

 

GitHub now gives free users unlimited private repositories

GitHub is by far the most popular way to build and share software. That said, one weakness of the platform is that it limits who can create private repositories – that is, software projects that aren’t visible to the broader public, and are shared only with a handful of pre-defined collaborators – to paying users.

ソフトウェアを構築し、共有するための最も一般的な方法は、断然GitHubだといえるでしょう。 とはいえ、このプラットフォームにもひとつの弱点があります。それはプライベートリポジトリ ― 事前に定義した協力者数人としか共有できず、公開されないソフトウェアプロジェクト ― の作成を有料ユーザーに限っているということです。

  • That said - そうは言っても
  • by far - はるかに、断然、非常に
  • popular - 人気のある、一般的な

わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門〈GitHub、Bitbucket、SourceTree〉
湊川 あい シーアンドアール研究所 (2017-04-21)売り上げランキング: 4,444

無制限の無料プライベートリポジトリと、新たな統合された企業向け製品のご紹介です。

Fortunately, that’s no longer the case, as GitHub today announced it was giving users of its free plan access to unlimited private repositories. This is great news for GitHub’s users, but there is a caveat, of course.

もはや「幸運なことに」なんて場合でもないですよ! GitHubが本日発表したのは、フリープランのユーザにも無制限のプライベートリポジトリを与えますということでした。 これはGitHubユーザーにとっては素晴らしいニュースです。 しかしもちろん注意すべきことがありますよ。

  • Fortunately - 幸運なことに
  • caveat - 警告

Private repositories on free accounts are limited to three collaborators apiece. So, while this might work for a small project (like, for example, a team competing in a hackathon), it isn’t particularly well-suited for actual commercial usage.

フリーアカウントのプライベートリポジトリは一つにつき3人の協力者に限られます。 ですから、これは(例えば、ハッカソンのチームのような)小さなプロジェクトに対して有効で、特に実際の商業的な使用方法のために上手く統合されたものには向いていません。

That was probably a deliberate move from GitHub. There’s little risk of the company cannibalizing its existing paid users with this new free offering.

これはおそらくGitHubによる意図的な動きでした。 この新たな無料プランでの提供で、同社が既存の有料ユーザーとの共食いになるリスクはほとんどありません。

  • deliberate- 熟慮する、意図的な
  • There’s little ~ - ~ はほとんど無い(There’s a little で「少しある」になります)
  • cannibalizing - 共食い

Until recently, developers who wanted to create private git repositories without opening their wallets were forced to use a rival service – most frequently BitBucket. Today’s news, obviously, isn’t great for Atlassian’s flagship code sharing platform, but it does mean that coders aren’t forced to use two disparate code management services for their private and public projects

最近までは、財布を開かずにプライベートリポジトリを作りたい開発者は競合するサービス ― 多くは BitBucket ― を使わざるを得ませんでした。本日のニュースは、プライベートとパブリックのプロジェクトに対して開発者が2つの異なるコード管理サービスを使用することを強制されなくなったということを意味しており、明らかにアトラシアンのフラッグシップであるコード共有プラットフォームにとっては、全く素晴らしい事ではありません。

  • disparate - 異なる

I also wonder what ubiquitous private repositories will mean for Github’s culture of self-exhibition and sharing.

偏在するプライベートリポジトリが、個人的な公開や共有というGitHubの文化にとって、何を意味するかは分かりません。

The absence of free private repositories essentially meant that people were forced to air their dirty laundry – their half-baked projects that never got finished and the clumsy spaghetti code they’d sooner forget. Now that people have the option to hide this behind a perfect shroud, will this harm GitHub’s culture of shameless openness and candidness?

無料のプライベートリポジトリがないことは、皆が汚れた洗濯物 ― 決して完了せず、すぐに忘れさられる不細工なスパゲッティコードで書かれた中途半端なプロジェクト ― を公衆の面前に曝さなくてはならないということを意味しています。 今後はこれらを背後に隠しておける選択肢を持つことになります。 これは、GitHubの恥知らずな開放性と率直さという文化を危害を加えることになるのでしょうか?

  • absence - 欠席、ないこと
  • air - 【動詞】さらす、公開する
  • half-baked - 半焼け、中途半端
  • clumsy - ぎこちない、不細工な、不味い
  • shroud - 覆い、死衣
  • harm - 害、危害、被害
  • shameless - 恥知らずな
  • openness - 開放性
  • candidness - 率直さ

Maybe. Time will tell.

時間が教えてくれるかもしれません。


元記事はこちらから。

thenextweb.com

 
「H」はエイチ、あるいはエッチと読むと思っていましたが、ウズベキスタンの警官が私のパスポートの番号をメモしていたとき、顔色一つ変えることなく「エヌ」と言っていました。これまでの常識は覆され、世界は拡張されました。ロシア語で使われるキリル文字だとHは「エヌ」なのです。ウズベキスタンはロシアと同じくソビエト連邦の構成国だったこともあって、日常的にキリル文字が使われていました。

続きを読む...

 

リオデジャネイロ五輪の「レスリング女子53キロ級」において、我らの吉田沙保里選手は惜しくも五輪4連覇は逃したものの、銀メダルを獲得。一方、霊長類最強女子こと吉田選手を破って金メダルを手にしたのが、米国のヘレン・マルーリス選手だ。

そんなマルーリス選手のインスタグラムを眺めていると、なにやら見覚えのある顔を発見。見事なボディと、ステキな笑顔。よ〜くコメントを読んでみると「coach」や「seikosan」の文字が。コーチのセイコさん……コーチの聖子さん……山本聖子!!

山本聖子さんといえば、女子レスリングの世界王者にもなったことのある猛者中の猛者。今から12年前の2004年アテネ五輪では、代表選考試合で吉田沙保里選手に連敗したため出場できず。一方の吉田選手は、そのままアテネで金メダル。そして……

2013年6月、山本聖子選手はアメリカ女子ナショナルチームのコーチに就任。教え子のひとりが、今回吉田沙保里選手を撃破したヘレン・マルーリス選手だったのである!

ちなみにインスタ画像の投稿日は2013年9月なので、まさに山本選手がマルーリス選手をコーチをしている時代の1枚だ。

なお、山本聖子選手の夫・ダルビッシュ有選手のTwitterによると、今はコーチをしておらず、家事に育児に奮闘中とのこと。最強女子を破った最強女子を育てた最強女子の夫がまた最強男子……と、登場人物全員がスゴイ。まるでドラゴンボールのようだ!

参照元:Instagram @helen_maroulis、Twitter @faridyu 執筆:GO羽鳥

 
肉体の健康は日々の運動や節制により育まれていくもの。新年を迎え、健康のために生活改善・肉体改善に取り組もうと考える人も多いはずですが、アメリカ医師会(AMA)の医師たちが「健康に最も影響を与える長期的な改善を助けることができる10の行い」を公開しています。

続きを読む...

 

近所の本屋に売ってなくて、結局、Amazonで買いました。

電波新聞社発刊の「電子工作マガジン」2018年冬号です。

Img_3297

が、実は・・・

Img_3298

こんな別冊がついております。

そうです、「マイコンBASICマガジン」、通称「ベーマガ」がついているんです。

Img_3309

裏はこんな感じ。

イオシスの代表取締役が登場。なんと、ベーマガ世代だったんですね・・・

Img_3299

私が保有するもっとも古いベーマガ 1993年3月号と比べてみました。

この別冊、一回り小さいですね。

Img_3312

目次です。

非常にシンプルで、IchigoJam用のコードなどが連載されています。

Img_3300

中は、こんな感じ。

およそ、2018年とは思えない記事です。

Img_3301

言っておきますが、これは2018年版です。

Img_3303

なんだか、ちょっと懐かしいレイアウトですね。

Img_3302

でもこれ、手で打ち込まないといけないの?ネットから落とせないんでしょうか?

Img_3304

さて、これは1993年版。今から25年前のものです。

2018年版よりもむしろ、デザイン的には新しい・・・か?

Img_3308

さて、1993年版が続きます。これは、くりひろし氏の「ザ・パソコンレクチャー」。

情報教育の話題が書かれていました。

でも、未だに情報教育ってうまくいってないんですよね。ようやくプログラミングの必修がはじまろうとしているところです。でももう、25年ですよ・・・

Img_3310

さあ、帰ってきました、2018年版。

カラーです。パソコンレクチャーが、カラーになっています。

Img_3307

が、中はこの通り、いつも通り(?)の白黒です。

が、IchigoJamとリモコンHATの解説です。この辺りは今どきの話題ですね。

Img_3311

本誌の方には、ちゃっかりこのHATの解説がなされています。この辺りは、電子工作マガジンですね。

Img_3313

さて、クイズです。

これは2018年版か、それとも1993年版か?

見ればわかりますね。2018年版です。Raspberry Pi用のX68000風ケースです。

Img_3314

一方、こちらは1993年版のベーマガの広告。

時代を感じますね。なんと、パソコンが20万円からですよ・・・

新旧を行ったり来たりすると、どっちがどっちだかわからなくなりますね。

そんなノスタルジックな雰囲気の、別冊ベーマガです。

あの頃を知る人ならば、ぜひ一冊。

そういえば、ベーマガって元々は月刊マイコンの別紙だったんですよね。

で、今度は電子工作マガジンの別紙として復活。

てことは、そのうちまた独立して・・・なわけ、ないですかね?

電子工作マガジン2018冬号 特別別冊付録付き

 
私たちは日常的にさまざまなものの匂いを嗅ぎ、多くの情報を得ています。そんな匂いに関する「知られざる5つの事実」について、イギリスの日刊紙フィナンシャル・タイムズのカスタマープロダクトチームで働くAlice Bartlettさんがまとめています。

続きを読む...

 
3Dホログラムディスプレイ「Looking Glass」は、VRヘッドセットやARヘッドセットなどを使うことなく、裸眼で複数人が同時に3Dイメージを見られる端末です。クラウドファンディングを経て、2018年12月に出資した人のもとに実物が届きはじめ、数々の使用ムービーが公開されています。

続きを読む...

 
宇宙について語る上で欠かせないのが「地球外生命体は存在するか否か」ですが、そんな地球外生命体が存在するとすれば、分厚い氷の下に閉じ込められている可能性があると科学系ムービーをアップするYouTubeチャンネルのKurzgesagtが解説しています。

続きを読む...



RSS Feed Widget
たかみんつREADERランキング
(http://bicycle.life.coocan.jp/takamints/index.php/reader/ranking/2019-01-09)
by Koji Takami ( email: vzg03566@gmail.com, GitHub: takamin )