twitter: LOGIN
シンプルなフィードリーダー♪
 ▲ たかみんつ | □ たかみんつREADER | ! トピックス

[! トピックス] | スタンリー | 大谷翔平 | Koki | 成田賢 | トライアウト | 酉の市 | 名探偵ピカチュウ | 久兵衛 | 稀勢の里 | 絢香 | 西内まりや | 村上淳 | 錦織圭 | 亀田和毅 | 懸賞 | 中村倫也 | 草刈正雄 | 小田急線 | 篠原涼子 | UUUM

たかみんつREADERランキング

表示件数:

集計範囲: 最新(ここ数日)過去1週間

 
物理学者のリチャード・P・ファインマンは量子電磁力学(QED)の発展に大きく寄与したとしてノーベル物理学賞を受賞しました。ファインマンの功績の1つにファインマン・ダイアグラムを生み出したことがありますが、一般人には分かりづらい「ファインマン・ダイアグラムとは何か?」ということについて、Quanta Magazineがアニメーションで解説しています。

続きを読む...

 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ┏━┫ 週刊 自転車ツーキニスト "Weekly Bicycle Tourkinist" ┣━┓ ┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃ ┗━━┛ ┗━━┛ 今回は宮本浩次!の838号 ■あいみょんにひきつづき宮本浩次 いや、自転車脳内BGM。 前回のあいみょんに引き続き、今回は宮本浩次なのであります。エレファントカシマシの彼ね。 じつは私、あまりよく知らなかった。ふとしたことから、今さら「椎名林檎と『獣ゆく細道』一緒に歌ってる彼?」と知り、さらにソロデビュー曲『冬の花』を知った。 『獣ゆく細道』はね、紅白でも歌ってたし、そもそも椎名林檎の方面から知ってた。椎名林檎は好きなのだ。ワタシク「切羽詰まった感じの女性シンガー」が好きだから。 【名曲だなぁ『獣ゆく細道』】 https://www.youtube.com/watch?v=tIe-kXTmj3E で、問題は『冬の花』なのですよ。 【最高だなぁ『冬の花』】 https://www.youtube.com/watch?v=iQhRmQWwDYs いやもう、ひとことで言うと「ド演歌!」じゃないですか。でも、いいねこれ。最高だ。中島みゆきオマージュも最高。宮本浩次の狂気ッぷりも最高。 初夏のさわやかな季節、自転車のペダルを踏むのに似合わないこと甚だしいんだけど、困ったことに脳内に自然と流れてきてしまう。 ■今さらながら、すごいぜ「フェアレディZ」! で、上記、YouTubeの画像を観ていただければ分かると思うのですが、曲ももちろんいいんだけど、画像の中に出てくる日産フェアレディ240Zのカッチョよさはどうだ!!!! ロングノーズ・ショートデッキ、誰もがアタマの中に描くスポーツカーってこれのことだよ、これぞスポーツカーじゃん…! このモデル、私世代が子どもの頃に大ヒットした。 当時から堂々「スタンダード」の風格を持ってた。今見てみて、ますますその感を強くする。 スタイリッシュな軽量モノコックボディ、その軽量ボディに載った(当時としては)高性能エンジン、四輪独立懸架サスペンション、そして、ポルシェの半額の価格! たちまちアメリカで記録的な大ヒットとなり、それまでの「安いけどそこそこ」という日本車のイメージを一新したという。 あー、宮本浩次、66年生まれ。私と同い年だよ。 きっとこのビデオを作る際「絶対にフェアレディで! Zカーの240じゃなくちゃ!」と主張したんだと思うなぁ。 ガキンチョたちが「フェアレディ、カッチョいいー!!」とシビレまくっていた、その時代、同じくガキンチョだった彼は、この歌を歌っていた。 【NHKみんなのうた「はじめての僕デス」】 https://www.youtube.com/watch?v=GJxKsHrXFJ8 もちろん本物の本人。43年前の宮本浩次、その人だ。 うわー、なんだかもう色々と信じがたいのだ。 ■“Bicycle City EXPO 2019”開催されます 自転車活用推進法で定められた「自転車月間」の5月であります。 その5月、23日、24日に、東京ドーム・プリズムホールで「バイシクルシティエキスポ2019」が開かれます。 事前予約不要・無料。私が登場するのは23日の方でありまして、首都圏近辺の方々は、どうぞいらっしゃいませ<(_ _)>。 サイクルモードとかのユーザーイベントとは、若干毛色が違ってて、何かというと、けっこう社会派。 行ってみれば分かるけど「シェアサイクルの未来とは?」とか、「駐輪場ビジネスはどう展開するか?」とか、「路上のペイント最前線」とか、要するにサブタイトル「自転車まちづくり展」の、まちづくりに照準のあった展示が行われてます。 ぜひどうぞ。意外なほど面白いすよ。 【“Bicycle City EXPO”公式ホームページ】 http://www.rising-publish.co.jp/bicyclecity-expo/ 【ステージ・スケジュール】 http://www.rising-publish.co.jp/bicyclecity-expo/#sec13 ■令和お初の自転車講座 学習院の自転車学ヒキタ講座がもうすぐ始まりまーす。5月26日から全4回。 数年前に、講義室が学習院大学のキャンパス内に移りまして、木々が繁り、都心と思えない、今が一番いい季節でありますよ。目白の駅前。日曜の15時からです。 今回のスタートは、南アフリカからー♪♪♪ 地球の裏側ケープタウンの自転車ライフです♪ お申し込みはこちら。 【学習院さくらアカデミー(旧生涯学習センター)】 http://g-sakura-academy.jp/course/detail/2019/A/087/ ----------------------- 【ヒキタ解釈のオススメ本(たまに非オススメあり)】 『ローリスクで儲かるFX投資術』田平雅哉著 日本実業出版社 わはは、私としてはちょっと珍しい本を読んでます。 FXってのは、例の「外国為替証拠金取引」のことでありまして、イメージとしてはこりゃもう「ハイリスク・ハイリターン」の権化みたいなもんですよね。これに手を出しはじめると、もうこれは投資で、投機で、博奕で、人生破滅コースへ一直線……みたいなね、イメージないすか? ちょっと大げさすか? はい、大げさですね。 でも「FXなんてな、素人が手を出すもんじゃない」みたいに思ってる人は多いと思うのですよ。いや、私も思ってたし、現在も若干はそう思ってる。 だが、この本で説かれる内容は、かなり違う。 FXがハイリスク・ハイリターンに感じられるのは、ひとえにレバレッジのせいだ。レバレッジを極端な話、1倍にしてしまえば、単に「手数料激安の外貨預金にすぎない」という。1倍でなくとも、レバレッジをかなり抑え気味にして確実なスワップ金利をとれば、普通に「銀行定期預金の何倍もの利益が、ローリスクで得られる」という。 ふむー、正しい、な。少なくとも私には説得力があった。 手を出してみようかなぁ、FX。レバレッジ1倍とかで。 1倍であれば、確かにリスクは為替レートだけ。手数料は外貨預金に較べればタダみたいなもんだ。前々から、そうじゃないかなぁと薄々思ってたんだけど、やはりそうだったか。 なんだか長引く日本のチョー低金利に対抗するにはこれしかないような気がしてきたよ。 ちなみに著者の田平さん、金融畑の人手はなく、本業はお医者さんだそうな。それだけに金融屋独特の「業界の臭み」「思い込み」みたいなものがなくて、なんだかストンと腑に落ちた気がしたな。 ----------------------- 【ヒキタ関連Kindle本】 「平成バブル物語 〜60年代生まれのための東京バブストーリー〜」(田崎仁志著) https://www.amazon.co.jp/dp/B07GWRJPZH/ 「津波から自転車で逃げられるか」疋田智著・NPO自転車活用推進研究会編集 https://www.amazon.co.jp/dp/B07JCXPGGL 【ヒキタ最新刊】 「新・自転車“道交法”BOOK」自転車活用推進法が分かる! 木世(えい)出版社 https://www.amazon.co.jp/dp/4777946207 「電動アシスト自転車を使いつくす本」東京書籍 https://www.amazon.co.jp/dp/4487809878 【好評既刊本】 「自転車“道交法”BOOK」小林成基(NPO自活研)と共著 こやまけいこ:イラスト 木世(えい)出版社 「だって、自転車しかないじゃない」朝日文庫 「おやこで自転車 はじめてブック」疋田智監修 ぼちぼち自転車くらぶ著 子どもの未来社 「明るい自転車質問室」(ドロンジョーヌ恩田と共著)東京書籍 「自転車 困った時の即効お助けマニュアル」成美堂出版 「自転車ツーキニストの作法」SoftBank新書 「ものぐさ自転車の悦楽」マガジンハウス 「自転車会議!」(片山右京・勝間和代・今中大介・谷垣禎一と共著)PHP研究所 「自転車の安全鉄則」朝日新書 「今すぐ使えるクロスバイク図解マニュアル」大泉書店 「ロードバイクで歴史旅」木世(えい)出版社 「自転車をめぐる冒険」「同・誘惑」(ドロンジョーヌ恩田と共著)東京書籍 「それでも自転車に乗り続ける7つの理由」朝日新聞出版 「自転車生活の愉しみ」朝日新聞出版 「天下を獲り損ねた男たち(続・日本史の旅は自転車に限る!)」木世(えい)出版社 「自転車とろろん銭湯記」ハヤカワ文庫 いずれも好評発売中。ネット内でのご注文はこちらにどうぞ。 http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%95D%93c%92q&x=0&y=0
 
SpaceXが、テキサス州ボカチカで建造していた次世代ロケット宇宙船StarshipのプロトタイプモデルStarhopperを、もう一機フロリダでも製作していることが明らかになりました。これに関して、SpaceX CEOイーロン・マスク 氏は、テキサス州ボカチカだけでなく、フロリダでも同じ期待を製造する計画であることを認めました。
 
国連事務総長のアントニオ・グテーレス氏が、1946年から1962年にかけて原水爆実験が行われたマーシャル諸島のエニウェトク環礁にある、核廃棄物を格納したコンクリートドームから放射性物質が漏れ出ているとの懸念を表明しました。この容器はエニウェトク環礁のルニット島に作られたもので、老朽化が進行しつつあります。
 
同じ分だけ高脂肪の食事をとっても、ストレスを感じている時は、ストレスを感じていない時に比べてより体重の増加が大きくなることがマウスを対象とした実験で示されました。研究者は、マウスと人間が同じシステムを持っていることから、人間でもこのような事態が起こりうるとみています。

続きを読む...

 
韓国の大邱慶北科学技術院(DGIST)は、「グラフェンベースで発電と蓄電を同時に行えるような、透明フィルムタイプの多機能エネルギーデバイスを開発した」と発表しました。透明になることで従来のバッテリーでは困難だったものにも広く適用できる可能性があり、皮膚に取付け可能なデバイスなどへの応用が期待されています。

続きを読む...

 
5月11日に開幕した、2019年最初のグランツール「ジロ・デ・イタリア」。3週間をかけてイタリア国内3578.8kmを走る戦いは、まだまだ始まったばかり。とはいえ、序盤戦といえども、次々とビッグトピ[...]
 
プロのデザイナーであるAnna Mészáros氏は、家族や友だちからウェブサイト・履歴書・ポートフォリオ・FacebookやInstagram用の写真・YouTubeのサムネイルなどを作る際のアドバイスをよく聞かれるとのこと。Mészáros氏がそんな経験から気づいた「デザイナーではない人がデザインする上で大切なこと」を4つのシンプルな基本原則にまとめています。

続きを読む...

 
ラボの中で化学合成されたDNA配列で根本的にゲノムを「再設計」された世界で初めての生物が誕生しました。

続きを読む...

 
ジロ・デ・イタリアは5月16日、第6ステージがカッシーノからサン・ジョヴァンニ・ロトンドに至る238kmで争われ、13人の逃げ集団から終盤抜け出したファウスト・マスナーダ(イタリア、アンドローニ・シ[...]


RSS Feed Widget
たかみんつREADERランキング
(http://bicycle.life.coocan.jp/takamints/index.php/reader/ranking/2019-05-22)
by Koji Takami ( email: vzg03566@gmail.com, GitHub: takamin )