twitter: LOGIN
シンプルなフィードリーダー♪
 ▲ たかみんつ | □ たかみんつREADER | ! トピックス

[! トピックス] | スタンリー | 大谷翔平 | Koki | 成田賢 | トライアウト | 酉の市 | 名探偵ピカチュウ | 久兵衛 | 稀勢の里 | 絢香 | 西内まりや | 村上淳 | 錦織圭 | 亀田和毅 | 懸賞 | 中村倫也 | 草刈正雄 | 小田急線 | 篠原涼子 | UUUM

たかみんつREADERランキング

表示件数:

集計範囲: 最新(ここ数日)過去1週間

 
最近は、自転車用品もハイテク化しています。 続きを読む
 
マイクロソフトがWindows 10標準ブラウザのEdgeをChromiumベースのブラウザへと変更することが正式に発表されましたが、この方針に対して人気ブラウザの一角を占めているFirefoxを擁するMozillaのCEOクリス・ビアード氏が公式ブログで見解を述べています。 関連記事: EdgeブラウザのChromiumベース移行、マイクロソフトが正式発表。Macなど他OSにも提供へ 「さようなら、EdgeHTML(Edgeブラウザの独自レンダリングエンジン。Chromiumベースとなることでお払い箱になる)」と題されたエントリでは、「マイクロソフトは独立した共有プラットフォームを諦めている」「オンライン世界の支配権をGoogleに引き渡した」として、自らの事業への脅威とともにWebブラウザの多様性が失われることへの警鐘を鳴らしています。
 
TBSラジオは1月29日、ラジオリスナーをリアルタイムに可視化するデータダッシュボード「リスナーファインダー」の運用を開始しました。TBSラジオは「radiko」(ラジコ)のリスナーログデータをリアルタイムで可視化するプロジェクトを推進しており、今回の取り組みもその一環です。 radikoは、民法各社とNHKのラジオを試聴できるIPサイマルラジオサービス。PCやスマホで利用できます。アプリの総ダウンロード数は約2900万DLで、月間延べ聴取分数は46億分です。 リスナーファインダーは、聴取ログデータを1分単位で可視化します。生放送スタジオ内に設置されたモニターで表示され、番組制作者はよりリスナーの動きを意識しながら放送できるそうです。このツールをより聴かれる番組作りへ活かし、データドリブンな放送局を目指すとのこと。3月末までは試験運用し、4月以降本格実装予定だそうです。 ラジオの聴取率は、2か月に1度の1週間を対象としてアンケート調査を実施して数値を割り出していました。この調査期間は「スペシャルウィーク」として各局各番組が特別な企画やゲストが出演するなどの取り組みを実施していました。TBSラジオは2001年8月から続き102期連続17年間個人聴取率の首位を記録しています。 昨年11月にはTBSラジオ局内で開催した定例の社長会見での三村孝成社長は、聴取率聴取週間について「スペシャルウィーク」という呼称をやめ、局全体で特別な編成は実施しないとしました。radikoによる実数の把握ができるようになったことが理由だとしています。 業界トップの放送局によるデータを活用した番組作りと広告展開などに注目していきたいです。
 

いやホント、とにかくMZ-700関係は層も厚けりゃ温度もアツい。こんな21世紀になるとは思っていなかった。

エゴサーチ的感覚wで自サイトのアクセスログのリファラー見てたら見慣れないURLがありまして、辿ってみたら、拙作「MZ-700フルJavaScriptエミュレータ」で、ZELBUSが動いているキャプチャ画像が貼ってあり、同エミュレータを紹介してくださっているブログでした。ありがとうございます。

こういうのほんと嬉しいですね。天にも昇る気分です。最近は手が止まっていて、妙な自己プレッシャーを感じていましたが、すこしモチベーションが持ち直した感があるので今後頑張ります(と思います。健康を害さぬ程度にw)

npmとそのプロジェクトページもよろしくね(コアはみんな同じだけどフロントエンドに違いがあります)。


今年の1月、MZ-1500の情報が多彩なAKDさんから相互リンクのお話をいただき、やっぱMZは濃いなと小躍りしました。MZ-1500って基本的なアーキテクチャはほとんど同じなんですよね。 ボクはMZ-700のあとMZ-1500も持っていました。PSG6音が楽しかった。

8月には「Windows用MZ-700エミュレータ MZ-700 Win」 の作者、まるくんさんからも「これ便利ですねー使わせてください」と言われてひとり夜中に密かに小躍りw


そんなまるくんさんは本業が忙しいにも関わらず、先日のMI68(エムアイロクハチ)で、MZVR なるプロジェクトを展示。MZ-1500のエミュをバーチャルリアリティ内部で動かすっていう、もうどんだけバーチャルやねんていうプロジェクト。少額ながらも9月には支援させていただいたので注目していたのですが、MI68当日の朝まで実装されてて恐ろしさすら感じたわけですが、しかし当日のTwitterでは多数の #MZVR なツィートがあってほんともの凄いクリエイターだなって畏れ多い存在です。

HAL研のMZ-80Cもですけど、Oh!石さんのMZ-700をMZ-1500にアップグレードするバージョンアップアダプタとかもうメロメロです。

自分も頑張らにゃならんなー。健康を害さぬ程度にw

 

32×24というまあまあな解像度のサーマルカメラのようです。

ラズベリーパイの調理法 MLX90640 サーマルカメラを Pi で- Pimoroni MLX90640 ブレークアウト

「Pimoroni MLX90640 サーマルカメラ ブレークアウト」というちょっと長ったらしい名前ですが、比較的安価に手に入るサーマルカメラのようです。

ご覧の通り、この程度の解像度でもどういう物体かが大体わかりますね。-40度~300度まで感知できるようです。

I2Cとして認識され、Raspberry PiのGPIOピンの上に立てて使える製品のようです。

Github上にサンプルコードが置かれています。これを使えば、いきなり使えそうですね。

https://github.com/sparkfun/SparkFun_MLX90640_Arduino_Example

私も欲しかったんですが・・・すでにAmazonでは品切れでした。また入荷してくれることを期待してます。

Pimoroni - MLX90640 サーマルカメラ ブレークアウト for Raspberry Pi or Arduino (01 標準 55°)

 
私は東京にベースを置き、サンフランシスコ、ベルリンを拠点にヘッドハンティング業を主軸としてビジネスをおこなっているが、全て人力で行っているのが現状である。クライアントのビジネスの生産性を上げられるような人材を紹介することが私のミッションだが、人工知能や心理学を使ったテクノロジーによってそれを加速させていくことができると思っている。 第1弾として、自社で実際のビジネスに使うための「チャットボット」を開発し、このたびリリースした。チャットボットはシリコンバレーでいま最も注目を集めるベンチャー育成プログラム、Yコンビネーターでも多数の起業家が取り組んでいるテーマでもある。日本の皆さんにも一足お先に<チャットボットのノウハウ>をご披露しよう。 人工知能(AI)とチャットボットが、レガシーなビジネスで使うアイデアのヒントとなれば幸いだ。 チャットボットとはなにか? チャットボットとは、ひと言でいえばAIを積んだコンピューターが擬人的に会話を行うものだ。例えば、Amazonで何かを注文するときには、Amazonのホームページの注文ボタンを押して、住所を入力して・・・ユーザーが"Amazonの決まりごと"に合わせて記入・送信、とするのが普通だ。一方チャットボットではLINEやFacebookなどのチャット上で、"ふつうの言葉"でAIに話しかけることで、AI側がユーザー側の言語でそれを理解して処理を行う、というものである。 日本では、ドミノピザがLINEのチャットボットで注文を受け付けていることが有名かもしれない。 ヘッドハンターがAIを導入したら? AIは現在のところ完璧な機能ではない。問題は、コンピューター一般にいえることだが、限られた目的の範囲においてのみ使えるという特徴にある。要するに、いままで人が行っていたことをそのままAIに乗せかえることは、今のところ難しいため、サービスを適用する範囲の絞り込みが重要である。 私はこのチャットボットを私のビジネス、人材紹介業で使えないだろうか?と考えてみることにした。その限られた目的として、事務調整的な仕事である"面接のスケジュール調整"から取り組むことにした。 実は、紹介先の企業の面接官と転職希望者の面談をセットするためにはかなりの時間がかかっている。二者をつなぐやり取りが何度も発生するため、ヘッドハンターは1件の面接あたり合計で30分程度の時間を費やしている。会社全体で1ヶ月あたり3000件程度の面接のセッティングを行っている。 これを全てチャットボットに置き換えられれば、1500時間の削減となる。 実際の操作画面のデモはこちら。 日程調整に要するコストがゼロに 私たちの開発したチャットボットは、紹介先の企業の面接官(または採用候補者)の都合を聞く。それが入力されたらすぐに、調整相手のもとに調整の打診が届く。面接日時の変更のオファーもこなせる。LINEでいつでも気軽に一瞬でスケジュール調整ができてしまう。 いちいちメールで「Wahl and Case CEO Casey様 いつもお世話になっております・・・」と、おきまりの面倒な文言を書くこともなく、返信を忘れることもないし、現職の方であれば会社内にいてヘッドハンターからの電話に出られない、ということも避けられる。 人為的な調整ミスもなくなるし、もし仮に問題が起きたとしても今まで通りのスタイルに一時的に戻せばいい。 例えば、チャットボットと人間が仕事を分担し、候補者の内定率を上げる もちろん日程調整だけではない。「⚪︎⚪︎株式会社の面接にはスーツを着用しないでください」といった、企業に合わせたTipsをチャットボットが面接の前に候補者に送る、面接する予定の企業の最新のプレスリリースを送信する、面接の前日にリマインダーを送る、といった機能もある。 これらは、内定率を上げるためにも行った方が良いことではあったが、忙しすぎるヘッドハンターにとってはなかなか着手できていなかったことだ。これらのことが全て自動で行われることで、ある意味チャットボットは人間以上に仕事ができるようになる。 では、全てのヘッドハンターの仕事がチャットボットに置き換えられるか、というとそうではない。現在勤めている会社での不満を聞き出したり、真に求めているものが何かを会話の中から探りだしたり、面接後にどのような不安があるのかを聞いたり、感情に関わることは、人間の方が得意だ。チャットボットと人間が仕事を分担することで、ヘッドハンターは真に重要な仕事にもっと多くの時間を使えるようになる。顧客へのサービス向上に時間を使えるということだ。 将来的には、面接での基本的な質問、面接後のフォローアップ、過去の他の候補者からのフィードバックをチャットボットに組み込むことも考えている。 もう勘のいい方ならおわかりかと思うが、チャットボットの実現だけでも、従来のビジネスのあり方を大きく変えるのに十分なインパクトがある。「今まで手をつけられていなかった、重要なことに手をつける」という仕事のごくごく基本は、極めて強力な破壊力をもつ。 開発における問題点 一方、開発における問題のひとつには、日本に話を絞れば、AIを使いこなせる科学者・エンジニアが少ないということがある。そこで私の場合は海外での開発に頼ることにした。 数学オリンピックで入賞したメンバーを含む、ベトナムのトップ・チームと組むことができた。彼らはなんと、たったの2週間でプロトタイプを作り上げてきたから、驚いた。 実はこれには裏話がある。ベトナムのチームを率いているのは、私の著作『未来をつくる起業家』でインタビューをさせてもらった、平野未来さんなのだ。ベトナムのチームとの間に入って、プロジェクトを動かすマネジャーの存在は欠かせない。 日本語化の予定 現在のところ、このチャットボットは英語版のみのリリースとなるが、2017年初頭には日本語への移植を行う予定だ。平野さんがいうには、「英語と日本語では言語特性が異なるためそのまま移行することは難しいが、カスタマイズによって実現可能だ」とのこと。 ほかにも、たくさんの盛り込みたいアイデアがある。私たちのAIが育っていくのが楽しみでたまらない。 <関連情報> ウォールアンドケース http://www.wahlandcase.com/jp/ 拙書 『未来をつくる起業家』
 

ちょっとお高いですが、キー配列を自在に変えられるキーボードがあるそうです。

キースイッチを磁石で自由に配置できるキーボード「DUMANG DK6」が登場 - AKIBA PC Hotline!

マグネットでキーを付け替えることができるというこの「DUMANG DK6」というキーボード、お値段は36300円(税込み)だそうで。

基本的に、一つ一つのキーとコントローラーが直接通信する方式のため、どこにキーがあっても反応する仕組みなようです。

私は、基本的にキーボードはあまりこだわりないほうなんですが、ひとつだけ世の中のキーボードに対する要望がありまして。

それは……Capsキーをなくして、そこにCtrlキーを配置して欲しい、ということ。

私、まったくCapsキーを使わないんですよね。大文字なんて、Shiftキーとの組み合わせで打つ程度しか入力しませんし。

それよりも、vi/vimを使う際にCtrlキーが小指で楽々に操作できる位置にある方がありがたいんですよね。しかし、世の中のキーボードのCtrlキーと言ったら……まったく、世の中のキーボードメーカーよ、vim使いに愛はないのか!

ま、そういうこだわりを叶えてくれるキーボードということですね。いや、もちろん、私の場合はHHKBを選択するという手段がありますけど。

PFU Happy Hacking Keyboard Professional JP 日本語配列/墨(引き抜き工具付) ブラック PD-KB420B-A

 
インターステラテクノロジズは12月23日、自社開発の観測ロケット「MOMO 5号機」を12月29日に打ち上げることを発表した。同社は堀江貴文氏が創業者の宇宙開発スタートアップ。これまでMOMO 1〜4号機を春や夏に打ち上げてきたが、冬の打ち上げは5号機が初となる。なお2号機、4号機は打ち上げに失敗しているが、2019年5月4日に打ち上げられた3号機は、日本の民間ロケットとしては初めて宇宙空間に到達している。 今回は、北海道広尾郡大樹町字晩成にある同社の公式ロケット打上げ見学場である「SKY-HILLS」での見学者を募集しているほか、大樹町生涯学習センターでの無料のパブリックビューイングを予定している。SKY-HILLSでの見学には、打ち上げ協力金として18歳以上は7000円、小学生以上は3500円が必要(小学生未満は無料)。なお、札幌駅から現地まで往復バス成温泉での昼食がセットになった日帰りバスツアーも用意されている。打ち上げの概要が以下のとおり。なお、気象条件や打ち上げ準備状況、その他複合的要因により、打ち上げを予備日以降に延期する可能性もある。 打ち上げ予定日時:2019年12月29日 6時45分 打ち上げ予定時間帯:05時15〜7時40分、11時10〜12時20分、16時10分〜17時10分 打ち上げ予備日:2019年12月30日、31日、2020年1月1日、2日、3日(12月30日以降の打上げ予定時間帯は、29日のものと同様) 打上げ場所:インターステラテクノロジズ 大樹ロケット射場(北海道大樹町) 従来機と同様にMOMO 5号機も、協賛企業などから託されたペイロード(積載物)を宇宙に運ぶミッションに挑戦する。同機は企業8社、個人1名から機体スポンサーからの支援を受けており、今回新たに三菱プレシジョン製の「小型ロケット用航法センサ」の搭載が決定した。 同センサは、誘導制御用、飛行安全用の2種類の用途があり、ロケットの位置や速度、姿勢、加速度、角速度などを計測できる。小型ロケット用航法センサは、インターステラテクノロジズが開発中の超小型人工衛星の軌道投入用ロケット「ZERO」への搭載も計画されており、今回の実証実験が成功すれば「ZERO」の開発を前進させるものとなるという。 そのほかのスポンサーとペイロードは以下のとおり。 なにわ:お好み焼き北九州伝統の味なにわのロゴ IMV:大阪拠点の振動試験装置メーカーのロゴ 平和酒造:日本酒(紀土 純米大吟醸 宙へ!!) 高知工科大学:インフラサウンドセンサ(超低周波音マイク) チル:シーシャ(水タバコ)フレーバー&吸い口 サザコーヒー:超高級パナマ・ゲイシャコーヒー 超電磁P(個人):自作の電子工作製作物 さらに、たこ焼きスイーツ「たこパティエ」を製造販売する瓢月堂が、MOMO5号機の打ち上げの際に噴出されるロケットの炎でたこパティエを焼き上げる地上ミッションも開催される。
 

なんというか、ちょっと欲しくなる塗料です。

見ての通り、コンクリートブロックや発泡スチロールの容器にシューッとスプレーで吹き付けているだけですが、たったそれだけでかなり強度が上がってるのが分かります。ハンマーでぶんなぐっても、なかなか壊れない。

防水性にも優れているようで、水も通しません。

残念ながら、日本で入手するルートは見つけられませんでした。

が、関西で地震があったときにブロック塀が崩れて下敷きになったという子供の話がありましたけど、ああいうのを防げるかもしれませんね。

通勤路上でも多いです、ブロック塀。大地震が起きたら、絶対崩れるだろうなと思いつつ、見ています。

難点は、赤過ぎることでしょうか?

でも、シャア専用だと思えば・・・通常の3倍どころか、数十倍強くなれます。

アサヒペン 防水塗料 1L

 
TriggerMeshは、Kubernetes上にAWS Lambda互換の実行環境を構築することで、AWS Lambdaで利用可能なファンクションをそのままKubernetes上で実行可能にする「Knative Lambda Runtime」(KLR:発音はClear、クリア)をオープンソースで公開しました。 Announcing TriggerMesh Knative Lambda Runtime (KLR) https://t.co/2BOINQUbys pic.twi……


RSS Feed Widget
たかみんつREADERランキング
(http://bicycle.life.coocan.jp/takamints/index.php/reader/ranking/2020-02-21)
by Koji Takami ( email: vzg03566@gmail.com, GitHub: takamin )