twitter: LOGIN
シンプルなフィードリーダー♪
 ▲ たかみんつ | □ たかみんつREADER | ! トピックス

[! トピックス] | スタンリー | 大谷翔平 | Koki | 成田賢 | トライアウト | 酉の市 | 名探偵ピカチュウ | 久兵衛 | 稀勢の里 | 絢香 | 西内まりや | 村上淳 | 錦織圭 | 亀田和毅 | 懸賞 | 中村倫也 | 草刈正雄 | 小田急線 | 篠原涼子 | UUUM

たかみんつREADERランキング

表示件数:

集計範囲: 最新(ここ数日)過去1週間

 
最近は、自転車用品もハイテク化しています。 続きを読む
 
編集部記:Mark EngelbergはCrunch Networkのコントリビューターである。Mark Engelbergは数学、コンピューターサイエンスの教師で発明家だ。ThinkFunの元プログラマーでもある。彼は6歳以上の子供たちがロジカルシンキングのスキルを習得するためのCodeMasterを開発した。NASAで仮想現実のプログラマーを務め、Hubble Space Telescopeの修繕ミッションにも携わった。 何かの専門家になるためには10年ほど熱心に勉強することが必要だと広く言われている。研究によると必要な年数は分野ごと、そして個人ごとに異なる。いずれにしろ、一つだけ明確なことがある。専門家になるためには時間がかかるということだ。 そこに問題がある。大学に入学し、コンピューターサイエンスを学ぶことを選択したほとんどの学生は、コンピューターサイエンスに関する予備知識が全くない、あるいはほんの少ししかない。また多くの大学では1年の時に一般的な内容の中核となる必修科目を受講することを求める。そのため、学生がコンピューターサイエンスに触れることになるのは1年目の後半か2年目以降となる。 つまり、学生は大学で3年から4年程度しか価値あるレベルの専門的な内容を吸収する時間がない。それでは時間が足りない。その問題に加え、多くの学生は最初の1年を終えた後は社会経験を求めインターンシップを行いたいと考えている。これはどこかで何かを犠牲にしなければならないような不都合な事態を引き起こす。 コンピューターサイエンスの学部は選択を迫られている。コンピューターサイエンスが何かという大枠が理解できるように基本的なスキルを教えることに注力するか、あるいは企業にとって即戦力となるようなスキルがつくように技術的なトレーニングに注力するかだ。どのコンピューターサイエンスの教授に話を聞いても、学部の中、さらにはコンピューターサイエンスを教える者たちのコミュニティーの中でこの問題に関する幅広く苦しい議論が多くなされていることが分かるだろう。 他の学部はどのようにこの問題を解決しているのだろうか?多くの学問は、学生が小学校から学んできた英語、数学、科学の知識を活用することができる。例えば、機械工学を専攻する学生は、微積分学を通じて数学を習得する機会があり、物理学も学んでいるだろう。大学に入るまで事前にそのような数学や科学の教養がない場合、機械工学者になるためには何年必要となるかを想像してみてほしい。コンピューターサイエンスの学部が直面している問題を身近に感じることができるだろう。 また、多くの学問は大学院や仕事をしながらもさらにそれを追究することが求められるが、コンピューターサイエンスにはそれがない。コンピューターサイエンスの分野は、市場が求める専門性と学生が企業に就職するまでに身につける専門性のレベルの乖離が大きいと言えるだろう。 大学は市場が大学に求めるレベルにまで学生を持っていくために必要なコンピューターサイエンス教育のための時間もリソースも足りないということだ。 でも、ちょっと待てよ。コンピューターサイエンスもエンジニアリングの領域なのだから、コンピューターサイエンスも他の科学やテクノロジーに関する学問のように、大学前までに学ぶ数学や科学の教育が役立つのではないのか、と疑問に思う人もいるだろう。残念ながら、そうはならない。 学校で学ぶ数学教育の最高峰と位置付けられる微積分学は、コンピューターサイエンティストが必要とする数学の分野とは最も関連が薄い分野なのだ。コンピューターサイエンティストに必要なのは豊富な離散数学の教養であり、この領域を学校で学ぶことは多少あるかないかだ。 また、大学はコンピューターサイエンスを専攻する学生に十分な教育を施すのに苦戦する中、さらにコンピューターサイエンスの入門編だけでも学びたいと思う学生数の増加にも対応しなければならない。コンピューターサイエンスの講義に強い大学は、この需要に追いつくことに苦戦している。コンピューターサイエンスの基本を教える講義はすぐに埋まってしまい、多くの学生は受講することができない。大学は全ての学生に対応しようとしても、どこかで折り合いを付けざるを負えないのだ。 例えばスタンフォード大学では、入門コースにペアプログラミングのアプローチを採用することを発表した。学生が二人組で学ぶことが素晴らしいアイディアだからということではなく、単純に大量のプログラムを採点する仕事量を削減できる方法を探していたからだ。二人組のプログラミング授業なら仕事量は半減する。 私の地元の大学におけるコンピューターサイエンスの講義の大半は、コンピューターサイエンスを専攻している学生しか受講することができない。コンピューターサイエンスを専攻するための競争は激しくなっていて、学生が1年目からコンピューターサイエンスの講義を受けられる機会は多くない。このようなことが続けば、専門的に学ぶ学生しかコンピューターサイエンスの知識を習得できず、他の学問を専攻する学生がコンピューターサイエンスを学ぶ機会はほとんどなくなる。 つまり、大学は市場が大学に求めるレベルにまで学生を持っていくために必要なコンピューターサイエンス教育のための時間もリソースも足りないということだ。この問題を明示することで、本質的な解決方法は一つしかないことが分かるだろう。コンピューターサイエンスをより早い段階から学べるようにすることだ。大学で学ぶ多くのコンピューターサイエンスと離散数学の内容は高校で学べるようにする。少数の高校で受講できるプログラミングの入門コースは中学校で学べるようにする。さらには中学校で触れるようなカジュアルで遊びの要素のあるプログラミングやコンピューター処理の考え方は、小学校で触れられるようにするということだ。 そうすれば学生がコンピューターサイエンスを学べる唯一の場所が大学に限定されず、大学がボトルネックではなくなるだろう。そして、大学のコンピューターサイエンスのカリキュラムは事前教養があることを前提に、学生が大学卒業までに真に専門的な教養を身につけられるようカリキュラムを見直すことができるだろう。 [原文へ] (翻訳:Nozomi Okuma /Website/ twitter) (2015年11月02日TechCrunch Japan「仕事で使えるコンピューターサイエンスを身につけるには大学教育では足りない」より転載) 【関連記事】
 
マイクロソフトのAI、複合現実プロジェクトフェローのアレックス・キップマン氏が、ARヘッドセット「HoloLens 2」と目されるティーザー動画を公開しました。マイクロソフトはモバイル機器見本市Mobile World Congress(MWC) 2019の直前、2月24日にプレスイベントを開催すると発表しています。
 
LINE Payは1月25日より、コード(QR)決済で20%の還元の「Payトク」キャンペーンを開始します。期間は1月31日まで。今回はコンビニとドラッグストア限定で実施します。 期間中に対象店舗でLINE Pay決済することで、後日20%分をLINE Pay残高で還元するとのこと。総額2万5000円分までの支払いが対象で、還元上限は5000円です。コード支払いに還元率を3%上乗せするその他キャンペーンなどとも併用できます。 対象はコード決済限定で、QUICPay+やLINE Payカードでの支払い時には適用されません。また、お酒・タバコ・書籍・チケット・処方箋が必要な商品は還元の対象外となる場合があります。 なお今回、対象をコンビニとドラッグストアに限定した理由についてLINE Pay側は『普段の生活のなかでおトクにご利用いただくため』と説明しています。 対象店舗は「ファミリーマート」「ミニストップ」、「ローソン」、北海道を中心に展開する「セイコーマート」、「ツルハドラッグ」、「ココカラファイン」、「サンドラッグ」などとなります。
 
有料・無料に限らずインターネット上にはさまざまなストックフォトサービスが存在しますが、一度使ったことのある人なら自分の求める条件にドンピシャな画像を探すのは意外と難しいことに気づくはず。そんな時に便利そうなのが「Photo Creator」で、「セルフィーに写り込もうとするサンタたちの写真」のようなどのストックフォトサービスにもありそうにない画像であっても、素材を組み合わせて自分で作ることができます。

続きを読む...

 

リオデジャネイロ五輪の「レスリング女子53キロ級」において、我らの吉田沙保里選手は惜しくも五輪4連覇は逃したものの、銀メダルを獲得。一方、霊長類最強女子こと吉田選手を破って金メダルを手にしたのが、米国のヘレン・マルーリス選手だ。

そんなマルーリス選手のインスタグラムを眺めていると、なにやら見覚えのある顔を発見。見事なボディと、ステキな笑顔。よ〜くコメントを読んでみると「coach」や「seikosan」の文字が。コーチのセイコさん……コーチの聖子さん……山本聖子!!

山本聖子さんといえば、女子レスリングの世界王者にもなったことのある猛者中の猛者。今から12年前の2004年アテネ五輪では、代表選考試合で吉田沙保里選手に連敗したため出場できず。一方の吉田選手は、そのままアテネで金メダル。そして……

2013年6月、山本聖子選手はアメリカ女子ナショナルチームのコーチに就任。教え子のひとりが、今回吉田沙保里選手を撃破したヘレン・マルーリス選手だったのである!

ちなみにインスタ画像の投稿日は2013年9月なので、まさに山本選手がマルーリス選手をコーチをしている時代の1枚だ。

なお、山本聖子選手の夫・ダルビッシュ有選手のTwitterによると、今はコーチをしておらず、家事に育児に奮闘中とのこと。最強女子を破った最強女子を育てた最強女子の夫がまた最強男子……と、登場人物全員がスゴイ。まるでドラゴンボールのようだ!

参照元:Instagram @helen_maroulis、Twitter @faridyu 執筆:GO羽鳥

 
● 使いたいとき、すぐに取り出せるラップトップケース ● 34.8リットルで機内持ち込み可能 ● 重さわずか2.6kg ● ダブルロック機構で安心(TSA対応) ● 360度回転するスムーズな車輪 ● BAYER開発 高性能ポリカーボネイト素材「Makrolon」採用 一度買ったら、壊れるまで同じデザインのものを使う... 今までのスーツケースはそうでした。 でも「Benga H1 Hybrid(ベンガ エイチワン
 

いやホント、とにかくMZ-700関係は層も厚けりゃ温度もアツい。こんな21世紀になるとは思っていなかった。

エゴサーチ的感覚wで自サイトのアクセスログのリファラー見てたら見慣れないURLがありまして、辿ってみたら、拙作「MZ-700フルJavaScriptエミュレータ」で、ZELBUSが動いているキャプチャ画像が貼ってあり、同エミュレータを紹介してくださっているブログでした。ありがとうございます。

こういうのほんと嬉しいですね。天にも昇る気分です。最近は手が止まっていて、妙な自己プレッシャーを感じていましたが、すこしモチベーションが持ち直した感があるので今後頑張ります(と思います。健康を害さぬ程度にw)

npmとそのプロジェクトページもよろしくね(コアはみんな同じだけどフロントエンドに違いがあります)。


今年の1月、MZ-1500の情報が多彩なAKDさんから相互リンクのお話をいただき、やっぱMZは濃いなと小躍りしました。MZ-1500って基本的なアーキテクチャはほとんど同じなんですよね。 ボクはMZ-700のあとMZ-1500も持っていました。PSG6音が楽しかった。

8月には「Windows用MZ-700エミュレータ MZ-700 Win」 の作者、まるくんさんからも「これ便利ですねー使わせてください」と言われてひとり夜中に密かに小躍りw


そんなまるくんさんは本業が忙しいにも関わらず、先日のMI68(エムアイロクハチ)で、MZVR なるプロジェクトを展示。MZ-1500のエミュをバーチャルリアリティ内部で動かすっていう、もうどんだけバーチャルやねんていうプロジェクト。少額ながらも9月には支援させていただいたので注目していたのですが、MI68当日の朝まで実装されてて恐ろしさすら感じたわけですが、しかし当日のTwitterでは多数の #MZVR なツィートがあってほんともの凄いクリエイターだなって畏れ多い存在です。

HAL研のMZ-80Cもですけど、Oh!石さんのMZ-700をMZ-1500にアップグレードするバージョンアップアダプタとかもうメロメロです。

自分も頑張らにゃならんなー。健康を害さぬ程度にw

 
顔や身体を赤や緑、水色、黄色、紫、…と鮮やかな色でメイクする「異色肌ギャル」。舞台や撮影で使われる「ドーラン」を使った派手な色は、思わず二度見してしまう華やかさだ。 「ウチらが一番カワイイし」という言葉とともにTwitterに投稿されたmiyakoさんの写真は、「新しい世界観」「最高の極み!」などと大きな反響を呼んだ。 「異色肌」というのは元々、アニメやゲームなどに登場する、人間とは明らかに異なる色の肌を持ったキャラやその肌の通称である。 「異色肌」をギャルファッションに組み合わせて広めたmiyakoさんに、ハフポスト日本版が取材した。 ——どのような経緯で「異色肌ギャル」が生まれたんですか? 最初は、一部のコスプレイヤーやモデルがぽつぽつと始めていたのを見ていて、私も1人で静かにアニメやゲームの異色肌キャラのコスプレをしていました。いつのまにかモデル仲間やクリエイターのお友達などの繋がりでこんなに仲間ができました。 これくらいの規模の集団での異色肌で揃えたコスプレはレアだと思ってます! 元々原宿系やデコラ(※)の方々、ガングロのギャルの皆さんに憧れていて、「"派手髮"の次は"肌派手"してみない!?女の子の派手な肌見たくない!?」みたいなノリです。 ——miyakoさんは普段からギャルメイク・ギャルファッションなんですか? えっ、、普段はただのオタクです…。ゲームと漫画が中心で、アニメも好きです。映画はニワカオタクかな。 ただギャルへの憧れはずっと持っていて、小学校の頃にシノラー、ゴスロリと経て、中学生の時にギャルもどきになりました。だけど根がオタクなので全然垢抜けなくて、ずっとギャルに憧れてたんです。 miyako 普段のmiyakoさん ——miyakoさんはギャルのどんなところに憧れてるんですか? ギラギラしてて、オシャレで、強くて、流行で、かっこいいし、かわいいし、派手じゃないですか。"星"って感じです。ミラーボールかなぁ? オタクな私はそれに憧れて、理想を演じてますね。 私が小さい頃は一大コギャルブームで、有名なモデルさんも黒ギャルだったりしてました!ギャル雑誌、パラパラも全盛期で…小さい頃から私もそうなるのを夢見てたんです。 miyako ——派手なメイクは、目立つことが目的なんですか? 派手なメイクをすることってある意味メイクセラピーの効果があると思っています。これは、普段の抑圧された地味な自分からの解放なんです。 ——Twitterでの反響、どう感じていますか? (一緒に異色肌メイクしているメンバーは)絶対絶対みんな超かわいくて、たくさんの人にかわいいみんなを見て欲しかったからすっごく嬉しい。 みんな変わった生き物見て楽しんでくれてるかなーっ? ◇ miyakoさんは「本来のキャラではないけど」としながらギャル口調でコメントを締めくくった。 miyako miyako (※)デコラ:原宿を中心に流行した、カラフルでチープなアイテムをデコラティブ(装飾的)に身にまとうファッション。プラスチック製のヘアピンやブレスレットなどの重ね付けなどが象徴的。 ▼画像集が開きます▼
【※】スライドショーが表示されない場合は→こちら
 
私は毎月こんなぽっこりお腹になる。原因はPMS(月経前症候群。生理前に経験する身体の不調のこと)。 人気フィットネスブロガーのマリン・オロフソンさんは、1万5000人のフォロワーがいるInstagramアカウントに、膨らんだ自分のお腹の写真を投稿した。

オロフソンさんの腹部は、毎月生理が近づくと写真のように膨らむ。そのため、周りの人から妊娠しているのではと誤解されるという。 写真のキャプションに、彼女はこう書いている。 「これは、私のPMSの症状です。他にも同じようにお腹が膨らむ女性はたくさんいるはず。これほどひどくない人もいれば、もっとひどい人もいるんじゃないかな」 「だけどこれは異常なことじゃない。恥ずかしいと感じる必要は全くないんです」 オロフソンさんは以前、膨らんだお腹を隠すために、痛みをこらえて必死にお腹を引っ込めていたそうだ。しかし、今はそれを止めた。その理由をこうつづっている。 「他の人にどう思われるかを心配するより、きちんと呼吸する方が身体にとって大切だと気が付いたんです」 「PMSの症状がある時、私は精神状態が不安定になります。死にたい気持ちになることだってある。そんな状態の自分に、さらにプレッシャーをかけるのをやめようと思ったんです。 ホルモンの変化が原因で起こる身体の変化をネガティブに捉えるのではなく、落ち込んでいる時でも自分の身体を受け入れ、好きになろうと決めました」 ずっと嫌いだったぽっこりお腹を好きになろうと決めたオロフソンさんは、同じようにPMSによる身体の変化に苦しむ女性たちにこんなメッセージを送っている。 「ネガティブな気持ちになったとしても、あなたの身体を責めないで欲しい。あなたの身体に責任はないんだから。身体は変化するもの。間違ったことをしているわけじゃない」 身体は、変化している時に特に大切にされ、愛されなければいけません。恥ずかしがったり、隠したりしなくていいんです。あなたの身体はやるべきことをやっているんだから、そのままでパーフェクトです」 オロフソンさんの投稿を、9000人以上の人がいいね!して、感謝のコメントもたくさん寄せられている。 ハフィントンポストUK版に掲載された記事を翻訳しました。 【関連記事】 ハフィントンポストでは、「女性のカラダについてもっとオープンに話せる社会になって欲しい」という思いから、『Ladies Be Open』を立ち上げました。 女性のカラダはデリケートで、一人ひとりがみんな違う。だからこそ、その声を形にしたい。そして、みんなが話しやすい空気や会話できる場所を創っていきたいと思っています。 みなさんの「女性のカラダ」に関する体験や思いを聞かせてください。 ハッシュタグ #ladiesbeopen #もっと話そう女性のカラダ も用意しました。 メールもお待ちしています ladiesbeopen@huffingtonpost.jp


RSS Feed Widget
たかみんつREADERランキング
(http://bicycle.life.coocan.jp/takamints/index.php/reader/ranking/2020-08-08)
by Koji Takami ( email: vzg03566@gmail.com, GitHub: takamin )