twitter: LOGIN
シンプルなフィードリーダー♪
 ▲ たかみんつ | □ たかみんつREADER | ! トピックス

[! トピックス] | スタンリー | 大谷翔平 | Koki | 成田賢 | トライアウト | 酉の市 | 名探偵ピカチュウ | 久兵衛 | 稀勢の里 | 絢香 | 西内まりや | 村上淳 | 錦織圭 | 亀田和毅 | 懸賞 | 中村倫也 | 草刈正雄 | 小田急線 | 篠原涼子 | UUUM

たかみんつREADERランキング

表示件数:

集計範囲: 最新(ここ数日)過去1週間

 
Googleは2月11日(米現地時間)Gmailの右クリックで表示されるメニューを拡張し、各種操作を簡単に行えるようにすると発表しました。 まずG Suite(企業向けクラウドサービス)ユーザー向けに公開されるとのこと。一般ユーザー向けは2月22日からロールアウトし、全ての人が利用可能となるまでには最大3日かかると告知されています。
 
「残業代がなくなるのは困る」「自由な時間が増えても特にしたいことがない」 「働き方改革」で残業削減が声高に叫ばれる昨今。働く時間が減り、プライベートはより充実し、みんながハッピーになるはず......が、どうも肯定的な意見ばかりではないようです。 なぜ「働き方改革」はこんなにもネガティブにとらえられているのか。「働き方改革」はもっと楽しく進められないのか。そんな問いについて、星野リゾート代表の星野佳路さんとサイボウズ代表取締役社長の青野慶久が語り合いました。

労働時間を減らすことより「休んだ実感」を持てる日を増やすことが大切

青野:今日の対談のテーマは「働き方改革、楽しくないのはなぜだろう?」です。 星野:いいテーマですね。 青野:今の「働き方改革」の流れは、「とにかく残業を減らせ」。しかし働く人々は、必ずしもそれを歓迎していない。やり方が画一的で楽しめていない人が多い印象です。星野さんはどうお考えですか? 星野:たぶん根本的なやり方が間違っていると思うんですよ。わたしは「働き方改革」よりも「休み方改革」のほうが大事だと考えています。 青野:「休み方改革」ですか。 星野:はい。今は「労働時間を減らす」ことがテーマになっていますが、それよりも休みをちゃんと"実感"することのほうが大事だと思うんです。 「自分は今日、しっかり休んだ、ゆっくりしたな」と。具体的には、休みをもっと分散して取らないといけない。この「分散」が、とても大事なキーワードです。 2017-08-09-1502245553-3423750-20170809_hoshino_02.jpg 星野佳路(ほしの・よしはる)さん。星野リゾート代表。1960年、長野県軽井沢生まれ。慶應義塾大学経済学部を卒業後、アメリカのコーネル大学ホテル経営大学院修士課程へ。1991年に先代より会社を引き継ぎ、星野温泉(現在の星野リゾート)社長に就任。国内外30以上のリゾートや旅館を運営し、2016年に「星のや東京」、2017年には「星のやバリ」を開業。 青野:どういうことでしょうか。 星野:今は祝日が決まっていて、休みの日がみんないっしょでしょう。人気の場所に行こうとすると混んでいて、遠くに移動しようとすると道が渋滞していたり、そもそも予約でいっぱいだったりしますよね。 青野:ゴールデンウィークやシルバーウィーク、お盆、年末年始ですよね。宿泊施設の料金や交通費も高くなってしまう。 星野:そう。休みは4日あるけど旅費が高いから2日しか旅行に行けないとか、渋滞にはまって何時間もクルマの中にいたとか、空港で長い列に並ぶとか、休みを存分に満喫できていないんですよ。 青野:確かに、みんなでいっせいに休むのをやめれば解決しますよね。 星野:分散したほうが、安くて空いているわけですから満足度も高くなるでしょう。「ちゃんと休んでいる」実感が持ちやすい。 やみくもに休みの日数を増やすよりも、休んだ実感を持てる日を増やすことのほうがよっぽど大切だと考えています。

プレミアムフライデーは間違い、ゴールデンウィークは地域別に分けて取るべき

青野:休みを分散させることが大事なら、プレミアムフライデーで「月末金曜日はみんな15時に帰りましょう!」とやっているのは、星野さんの考えとは逆ですか? 星野:完全に逆ですね。休みの集中をさらに煽るだけです。同じ意味で、わたしは「ゴールデンウィークは地域別に分けて取るべき」と提唱しています。 青野:日本中で同じ時期に休むのではなく、地域ごとに休みの日をずらそうと。 星野:反対する人がいるんですけど、理由を聞くとおもしろくて。自動車関連企業だと「部品メーカーが東北で、組み立ては東海地方。休みがずれたら大変じゃないか」と言うわけです。 でも、「部品の何割が海外製ですか? 海外の休日は日本と同じですか?」と聞くと、「5、6割は海外製だが、そこは事前に計画に組み込まれていて問題はない」と言うんです。 青野:おかしな話ですね(笑)。海外とは休みやルールが違ってもやりとりできるのに、国内はだめだと。 星野:銀行も「祝日が違うと、引き落としや振り込みの手数料が違うから大変」と言うんですが、そこもプログラムで設定しておけば解決できますよね。 なんとなく不安なだけで、いざスタートすれば、うまくいくはずなんですよ。 青野:「ルールを変えることがなんとなく不安」っていうの、ありますよね。 2017-08-09-1502245614-5819880-20170809_hoshino_03.jpg 星野:経済的視点から考えても、いっせいに休みを取ることは、メリットよりもロスのほうが大きいというのが私の持論です。 星野リゾートにとっても、休みを分散してくれれば、施設利用者の満足度も高くなるし、新たな時期の需要にもつながる。 青野:ピークを分散させると、施設を効率よく使えるんですね。 星野:弊社の話だけではなく、例えば昼食の時間もそうですよね。都市部は12時~13時の1時間に多くの人がランチを食べることになっている。 でも、昼食を取る時間を11時~、12時~、13時~と分けるだけで、必要なキャパシティは3分の1でよくなるはず。すごくもったいないことをしているなと思います。 青野:通勤電車もそうですね。朝、通勤のピークに合わせてたくさんの電車を走らせるのは大変です。乗客にとっても、蒸し暑い中ぎゅうぎゅうにされて、特に夏場はそれだけで朝から疲れてしまう。 サイボウズではいっそのこと定時出勤を廃止にしようか、と言っているぐらいです。 星野:電車でぎゅうぎゅう詰めにされるストレスや、疲労による経済的損失はすごく大きいはず。やはり、さまざまなピークをずらし、分散させていくことが大事です。昼食や通勤の時間をずらすのもひとつの「働き方改革」だと思います。 ちなみに、東京にある星野リゾートの本社オフィスも機能を「分散」させているんですよ。この部屋は、平日は会議室として使用していますが、土日はブライダルの説明会会場や、新卒リクルートの会社説明会に使っています。 それぞれの需要のある時間や曜日が分散しているので、すごく効率がいいんです。

平日は農作業、土日はブライダル。日本に眠る「地域×働き方改革」の可能性

星野:働き方改革だって、日本全国一律にしなくても、地域ごとに違っていてもいいんじゃないですかね。 沖縄と北海道では条件がまったく違いますし、弊社に関係あるところでいうと、例えば観光シーズンが違う。せっかく、日本ほど地方ごとに観光地としての魅力が分かれている国ってめずらしいのに。 青野:え、そうなんですか? むしろ画一的なのかと思っていました。 星野:国土が南北に縦長な分、北と南では気候もだいぶ違います。地域ごとに食べものや言葉、歴史、文化がこれだけ違う国って、なかなかないですよ。 青野:そうか。確かに、山側か海側か、日本海側か太平洋側かでもだいぶ変わってきますね。 星野:星野リゾートの社員も地域ごとに特色があって、季節によって働き方も変わります。「スキーが趣味なので、冬はウインターリゾートの雪山で働きたい!」とか「実家が農家なので繁忙期は手伝いたい」とか。 すると、例えば、平日は農作業をやって、土日だけブライダルの手伝いに来てもらうこともできる。また、春先から秋口にかけてのブライダルや農作業の繁忙シーズンと、冬から春にかけてのウインターリゾートの繁忙期は、見事にずれるわけです。そんな風に、季節ごとに働く場所を変える契約の正社員もたくさんいるんですよ。 2017-08-09-1502245646-5329430-20170809_hoshino_04.jpg 青野慶久(あおの・よしひさ)。1971年生まれ。愛媛県今治市出身。大阪大学工学部情報システム工学科卒業後、松下電工(現 パナソニック)を経て、1997年8月愛媛県松山市でサイボウズを設立した。2005年4月には代表取締役社長に就任(現任)。社内のワークスタイル変革を推進し、離職率を6分の1に低減するとともに、3児の父として3度の育児休暇を取得している。2011年からは、事業のクラウド化を推進。総務省ワークスタイル変革プロジェクトの外部アドバイザーやCSAJ(一般社団法人コンピュータソフトウェア協会)の副会長を務める。著書に『ちょいデキ!』(文春新書)、『チームのことだけ、考えた。』(ダイヤモンド社)。 青野:星野リゾートさんと言えば、社員のマルチタスクオペレーション(※注1)が有名ですが、そこまで許容されているんですね。おもしろい。 注1:マルチタスクタスクオペレーション=1人の社員が、1日の業務時間の中で、フロント、清掃、レストラン業務などを兼務しながら少数精鋭で働くシステム 星野: 気候や条件の違う働く場所が複数あれば、さまざまな趣味や事情をもつ社員たちが活躍しやすい。社員も好きなことができるし、会社としても毎年違うスタッフを雇って一から教育というような採用費も教育コストもかけずに済む。お互いにメリットがあるわけです。 青野:働く場所を一カ所だけと考えるとそこの季節だけしか関係ありませんが、日本全国に働く場所があると考えると趣味の幅も広がるし、生き方も変わりそうです。 星野:星野リゾートの社員は、いろいろな趣味を持っていますよ。スキーをやる人もいれば、サーフィンが好きな人もいるし、渓流釣りをしたい人もいるし、山登りをしたい人もいる。つくづく、日本って地域ごとにいろいろ魅力があるなと感じます。 青野:日本全国にいろいろな観光資源があって、見どころの季節もそれぞれ違うんだから、みんなが同じタイミングで長期休みを取るなんてもったいないですね。 星野:そうなんです。さらに、日本は交通インフラもすごくいい条件が整っているんですよ。飛行場だけで約100施設ありますから。 今は東京と大阪などの一部を除くと、キャパが余っていてもったいない。せっかく莫大なお金を投資して造ったわけですから、活用したいですね。 青野:飛行場にも集中が起きていると。そこでもやはり、改革のキーワードは「分散」ですね。

個人ができる「働き方改革」。まずは休みを計画するところから

青野:「働き方改革」や「休み方改革」について、個人ができることって何でしょうか? 星野: みんなもっと能動的に休むべきだと思います。いつ、何日休んで、休みの間に何をするのか、どこへ行くのか考えて、休みの計画を立てるべきだと。 星野リゾートの社員は、ベースの勤務体系はシフト制です。同じルールの中で、1度に20日ぐらい連続した長期休暇を取る社員もいれば、「休みにくい」となかなか休まない社員もいる。その違いは、本人が主体的に休みを計画しているかどうかだと感じます青野:休暇を計画的に取れるかどうか。星野さん自身も、年間60日は世界各国でスキーをしているんですよね。どうやって休んでいるんですか? 星野:とにかく、半年ごとのスキーの計画を立ててしまうんですよ。例えば、1、2月は日本の雪が一番いいので、日本で滑る。3月になると、日本の花粉症がツラくなるのでヨーロッパに行って滑る。7月は中旬過ぎると南半球の雪質が安定してくるので、ニュージーランドやオーストラリアで滑る。 ニュージーランドと日本では3時間の時差がありますから、朝から夕方4時まで滑ると、日本時間の午後1時。そこからオンラインで定例会議に参加するわけです。 青野:時差まで考慮した完璧なスケジューリングですね(笑)。 2017-08-09-1502245705-3799053-20170809_hoshino_05.jpg 星野:今は、仕事よりスキーの優先順位が高いですから(笑)。仕事は70歳過ぎてもできるかもしれませんが、スキーは足腰がしっかりしている今のうちしかできない。 わたしが死ぬときに「もっと仕事をすればよかった」という後悔はしない自信があるんです。でも、「もっとスキーをやっておけばよかった」という後悔は必ずすると思う。だから、スキーのためにスケジュールを組んでいます。

休暇の計画、権限移譲を通じて、自分の仕事の価値はどこにあるかを考える

青野: 休暇を取るコツは、とにかく休みのスケジュールを決めてしまうことだと。日本人は仕事や勉強の計画はよく立ててきたかもしれないですが、「休みの計画」は確かに考えない人が多いかもしれません。 星野:あとは、権限委譲ですね。仕事を人に任せるようになりました。これが、会社にとってもいいことだったと考えています。 以前は業務を抱えこんで、全部自分が見なくてはいけないと思っていました。結果的に休みを削ってでも仕事をしてしまうわけです。 青野:なるほど。 星野:そこで、まずは自分の働き方改革として、「本当に自分にしかできないことは何か」を真剣に考えました。わたしが経営者として星野リゾートにいることの付加価値はどの部分なのか。その部分に集中して、それ以外は思い切って人に任せていくようにしました。 今やっている仕事の中にも、きっと人に任せられるものがあるはず。もっと権限委譲は進めていきたいですね。 青野: 休みを主体的に計画的に取ることが、自分の仕事の価値について真剣に考えるきっかけになったんですね。 2017-08-09-1502245742-6092941-20170809_hoshino_06.jpg 星野:今、国が「残業を削減しなさい」って言ってますが、無理やり残業させられている人ばかりじゃないと思うんですよ。残業しないことを怒られる時代でもない。会社は「残業は減らせ」と言っている。それなのに、なんとなく自ら残業しちゃっている人もいると思うんです。 青野:そうかもしれません。 星野:国が強制的にルールを守らせないとならないような体質の企業が一部あるにしても、多くの人は、自分次第で休みを取ったり、労働時間を短くしたりできるはず。 画一的なルールで外から無理やり削ろうとしているから、ひずみが生じたり、生産性が上がらなかったりしている。 青野:「働き方」と「休み方」はあくまでもひとつの車の両輪ですね。片方だけをやろうとしてもバランスが悪くなってしまう。 ただ、なかには「自由な時間にやりたいことがなくて仕事するしかない」という人もいますが、そんな人はどうすればいいと思いますか? 星野:みんなスキーを始めるといいですよ(笑)。 青野:ははは(笑)。星野さんをそこまで魅了するスキーの魅力って何ですか? 星野:いろいろありますが、いちばんは非日常の世界に身を置く解放感ですね。リフト券を買うだけで、標高2000メートルまで簡単に行ける。日本各地の素晴らしい雪山を楽しめる。特に、昔やってた人は、もう一回始めるといいと思いますよ。 青野:空いているときに行くと、まただいぶ印象が違うんでしょうね。 星野:先日雪山で出会った人が、「年間200日は滑っている」と言うんです。それを聞いた瞬間「わたしは年間60日しか滑っていない、まだまだだ!」と思いました(笑)。もっとスキーをするために、次の休みを計画しなきゃいけませんね。 2017-08-09-1502245773-6977003-20170809_hoshino_07.jpg ライター:玉寄麻衣+ノオト/カメラマン:小野奈那子 Special Movieを見る 他の記事を見る 特別対談を見る
2015-07-22-1437549096-3034502-cybozushikiLogo150.png サイボウズ式」は、サイボウズ株式会社が運営する「新しい価値を生み出すチーム」のための、コラボレーションとITの情報サイトです。 本記事は、2017年8月8日のサイボウズ式掲載記事働き方改革は「休み方改革」だ。労働時間を減らすより、個人が休みを実感できる方が大事──星野佳路×青野慶久より転載しました。
 
11月14日、映画『ラストナイツ』が全国で公開される。 『ラストナイツ』は忠臣蔵を下敷きとし、主演のクライヴ・オーウェンが主君、モーガン・フリーマンに忠誠を尽くす騎士たちの物語。伊原さんは、暴虐の限りを尽くす大臣に仕える騎士として、クライブと対峙する、いわば敵役を演じた。 ハフポスト日本版編集主幹の長野智子が、監督を務めた紀里谷和明さんと、出演した伊原剛志さんに聞いた。 ――伊原さんのイトーって役、すごく感情が難しいですね。クライヴ・オーウェンと、モーガン・フリーマンの主従関係をどこかうらやましいなと思いながら、自分には主君がいて、そちらが絶対だという。 伊原:自分の忠誠心を全うする、というね。 ――表情もわりと抑え気味で。監督からそういう指示はあったんですか? 伊原:うん、最初に打ち合わせをして、「伊原さんの役はすごい実は重要で、主人公と対比する役で、悪の側についてしまったがために揺れるところもあるけれど、自分の主人に対して、忠誠を尽くさないといけない。それがたとえ悪であっても」と言われて、「あっ、わかりました」と。 ――日本人の方が主従関係の感覚がよく理解できるところって、ありますよね。 紀里谷:うん、やっぱりクライヴと伊原さんの役っていうのはもう光と影みたいなところで、どっちが欠けても成立しないんですよ。その対比がとても重要だったんですね。そもそも、日本の侍の世界っていうのは主君に対する絶対的な忠誠心と、同時に相手に対しての敬意を持って戦っていたわけですよね。 ――敵に対しても。 紀里谷:そうです。だから上杉謙信と武田信玄もそう。「敵に塩を送る」っていうのは、リスペクトがあるから。必死に殺し合うけれど、そこには敬意が存在する。それを描きたかったんですよ。伊原さんとクライヴは、本当は友達になれたかもしれない。 ――観ていて、仲良くなってほしいなって期待はありました(笑) 紀里谷:うん。クライヴと伊原さんの恋愛なんだよね、これ。ロミオとジュリエットも、たまたま違う家族に生まれてしまったがために恋愛が成立しない。それが最後にクライヴと伊原さんが一対一で対決する時にお辞儀で始まるっていうシーンにつながるんだけどね。まあ、これ以上言うとネタバレになっちゃうね(笑) ■どうしてこんなにキャストが豪華なの? ――話題を変えましょう(笑)。クライヴ・オーウェンに、モーガン・フリーマン。こんな豪華なキャスト、どうやって集めたんですか? 紀里谷:アメリカのプロデューサーと話していて、でっかいことやろうと思うとやっぱり、お金集める必要があるよね、と。お金出す側からすると「じゃあ誰が出るの?」って話になるわけです。で、キャスティングが始まって、僕はそもそもクライヴ・オーウェンでいきたいと思っていた。 大好きな役者で、たまたま同じ事務所だったから、エージェント通して脚本を送ってもらったら、クライヴが「すごくいい」って言っている、と。その時に彼は上海映画祭にいて「今、上海にいるから、どうする?」って言われたんで、飛行機飛び乗った。着いた次の日に会う予定だったんだけど、たまたま行ったバーにクライヴがいて、自己紹介したら「おお、キリヤか、飲もうぜ」と。 クライヴがいろいろ聞いてくるわけです。これ日本の話だけどチョンマゲつけるのか、とか。元々の脚本が日本人前提になってて、大石内蔵助やら切腹やら、そのまま入ってたからね。 いや、そのままやるわけじゃないよ、って説明した。脚本は武士道の話だけれども、ヨーロッパには騎士道があるよねって。そんなことを一晩中話して、数週間後、クライヴから直に電話があって、「やりたい」って言ってくれたんだよね。本当にうれしかった。もう飛びはねちゃったよ、家で。 ――へえ(笑) 紀里谷:で、クライヴが出てくれるとなると、資金集めも楽になる。そこからクライヴと話して、バルトークつまり、浅野内匠頭の役を誰にしようって話になって、「あの役って有無も言わせずこの人のためだったら死ねるっていうような人じゃないと話が成立しないよね」ってクライヴも僕も。でも、ハリウッドでさえ見渡しても、なかなかね。 ――人が……。 紀里谷:そんないないんですよ。最初から白人とか黒人とかアジア人とか人種関係なくやりたいって思っていたんで、それをクライヴに話したら「やっぱモーガンしかいないよね」って話になった。僕はモーガンに手紙を書いて、ちょっと時間がかかりましたけど最終的に出てくれるって話になったんですね。 ――一人一人もう紀里谷さんがアクセスして、口説いていったと。 紀里谷:うん。だからハリウッドってやっぱ素晴らしいなと思うのが、事務所の力関係とかじゃなくて、一対一の関係性で仕事の話が進むところ。こっちが無名でも、プロデューサーは必ず1回は会ってくれるし、そこの一対一で何をしたいのか、何ができるのかっていうことですよね。だから、どんなに無名な人でも、たとえばそいつが書いてる脚本が素晴らしかったら、すぐにブラッド・ピットだろうが誰だろうが出るんですよ。 モーガンなんて、この作品よりお金もらえる役なんていくらでもある。そんな人がなんで新人監督の俺の作品に出てくれるのかっていうと、脚本の力だと思うんですよね。 ■監督が救われた、モーガン・フリーマンの「一言」 ――モーガン・フリーマンに言われて印象的な言葉とかってありますか。 紀里谷:撮影の後半になってくるともう精神的にも肉体的にもボロボロになっていく。裏ではいろんなトラブルもある、それも解決しながら演出してる。そんな中で、もう向いてねえなと思い始めちゃって。映画にも、監督にも。俺、ダメなんじゃないかなと思ったの、監督として。 ――えっ、CASSHERNの時もGOEMONの時も思わなかったような挫折? 紀里谷:前の時は思わなかったのが、今度は追い込まれて、出た。その時に、これ終わったらもうやめようと思ったんですよ。本当に。 そんな気持ちで数日後にセットに行ったらモーガンの最終日で、俺がボーッとしてたら彼がどういうわけか歩いて来てくれて、「お前、大丈夫だから」って言ってくれたんですよ。俺、何にも言ってないのに。「監督して大丈夫だから」って。それで「頑張ろう」「続けよう」と思った。 ――その一言で。 紀里谷:うん。でね、「これから先、もっといい監督になるにはどうすればいいのか」って聞いたら、「Listen.」(※編注 「聞きなさい」の意味)って、それだけ。これを和訳したくないけど、とにかく「Listen」って、That’s all.って言って。それだけ。 ――すごいですね。一番いいタイミングで監督に近づいて。 紀里谷:だからたぶんね、アップアップに見えたんだと思う。でも、監督だから周りに言えないんだよ。クルーにも言えないし。いくら伊原さんが日本人だからって、言えないし。 ――孤独なんですねえ。監督ってね。 紀里谷:そう。現場行ってる人たちは、それは見てりゃわかるよ。 ――テンパってましたか(笑) 伊原:いやあ、テンパってるっていうか必死でしたね。僕らは現場でいる時しか見ないけど、必死にエネルギーを使ってるって感じでしたよね。だからみんなやっぱり助けたいと思えたりとか、自分がちゃんとやることによって、そこに向かっていくんだって思えたんじゃないかな。 ――必死。 紀里谷:うん。だから助けてもらったっていうのが、きれいごとじゃなくて本当に思う。で、それはアン・ソンギもそうだったし、クライヴもそうだし伊原さんもそう。 ――いやあ、でも本当にCASSHERNとかGOEMONともまったく違う映画ができあがりましたねえ。 紀里谷:うん。でも、同じなんですよ。本質的に言ってることは俺、変わってないと思っていて。 ――そうなんですか。 紀里谷:うん。大事なものは何なのか。その大事なことを見失ってしまって、権力の介入を許してしまった時、個人は何をできるのか。 組織や権力の中で葛藤する個人というのは、今の日本にもアメリカにも、世界中のありとあらゆる国家、もしくは人間社会が、長年歴史を超えて繰り返してきた疑問だと思うんですよ。あなたはどうするんですか。あなたが守りたいものは何なんですか。そのために何を差し出しますかっていう疑問じゃないですか。 ――うん。何を捨てて何を取るかってことですよね。 紀里谷:そう。その取るものが形ではないものなんですよ。形があるもの、それは体、もしくは命という形があるものを差し出す代わりに、あなたは形のないものを得ます、っていうようなテーマだと思うんです。 実はその形があるものよりも形がないほうが重要なわけじゃないですか。それは愛であったりとかやさしさであったりとか正義であったりとか真実であったりとか。ただそのやり方がちょっとね、時代や、国によって違うよねっていう感じだと思うんです。 ■ハリウッドから見た、日本 ――なるほど。お二人とも日本の映画界も知っていれば、ハリウッドもご存知ですね。ギタリストのMIYAVIさんとか、世界で活躍してる方に話を聞くと、もはや日本では表現者としてビジネスをするのが難しい、というようなことをおっしゃっていました。日本に限界を感じますか。 伊原:30年ぐらいやってると、どうすればどうなって、大体こんなもんかなっていうのが見えてきてる。だから、ハリウッドだけじゃなくて、いろんな国でいろんな仕事をすると、それがわからなくて、自分が役者を志した時の感覚、不安とか、俺はやれるという自信とか、思い出しますよね。 ただ日本で役者でやってても、こんな作品やって、連ドラやって、たまに舞台もやってって、だいたい決められている。それは確かに、つまんないですよね(笑) 海外の仕事始めてからは、また違う自分がそこにはいる。ただ、国ってそんなに関係あるのかな、というのはあります。映画という共通のものを言葉の代わりにして、みんなとコミュニケーション取りながらやっていけるから。前のブラジル映画の時思ったんですよね。どこ行ってもカメラの前で芝居するし、脚本はあるし、そうすると、カメラ向けられた時にその位置だけで、「あっ、この監督が何を僕に求めてんのかな」って、わかるんですよ。よく監督に「なんでわかるんだ」と言われるんですけど、「だって、そこにカメラがこういう向きであるんだから、こういう映画撮りたいんじゃないの?」って。 ――ああ。なんか日本にいるとブラジルもハリウッドも遠い世界だけど……。 伊原:1回現場入っちゃえば一緒なんです。やってることは。音声は音声でいるし、キャメラマンはキャメラマンでいっつもタフで、カメラ担いでるし。監督は監督でモニターの前にいて。雰囲気は一緒ですよ。 ――単純に日本でいいなって思うのがなんで世界レベルにならないんだろうなっていう疑問が私にはあって。ハリウッドで一番だと世界で一番じゃないですか。別に日本で一番で世界で一番になってもいいのに、なかなかならない。この疑問って、紀里谷さん、どういうふうなとこに感じます? 紀里谷:やっぱり今回すごいこだわったのが、「王道」。ニッチじゃないということ。 アニメでもそうだし、漫画でもそうだし、今まで日本はハリウッド全体の中のニッチなところでウケてきた。そんな中で、王道のものを作るのがすごく重要だったっていうのが僕の中であるんです。もう、自分たちは日本人です、ということを取っ払うべきだと思うんですよ。日本人が自分たちにリミットを課してる。 ――どういうとこに一番感じますか。 紀里谷:「私は英語がしゃべれないから」とか。サッカー選手が英語しゃべれなくたってサッカーできるじゃないですか。野球選手が英語しゃべれなくて大リーグ行けるじゃないですか。で、それを映画でやってるだけの話なんですよ。 「僕、英語しゃべれないから」とかいうことを自分で言ってるだけの話で、そういうの関係なくやればいいじゃんって思うし、僕からすると洋画とか邦画って関係ない。 たとえば、CASSHERNやり終わった時にエージェンシーからいろいろお呼びがかかって、ミーティングが組まれて、まずプロデューサーと話をしますよね。僕は15からアメリカ行ってるから英語しゃべれるんだけど、話をし始めると、「えっ、何?君、英語がしゃべれるの?」って聞かれるわけですよ。 ――なるほど(笑) 紀里谷:一緒に仕事しようって向こうが呼んでるのに、こちらが英語がしゃべることすら知らないということは、そもそも問題がないわけですよ。 ――壁じゃないわけですね。 紀里谷:向こうからすると、「そんなの関係ねえじゃん。そんなの」。英語しゃべれなくったって仕事しよう、通訳入れればいいだけの話って思ってるわけでね。気にしてるの、日本人だけなんですよ。 ――ああ、これは大きいですね。 紀里谷:うん。だからこのことをわかってほしい。特に若い人たちにわかってほしい。自分に足りないことを自分で作っちゃだめ。そんなこと関係ないって。現地行って勉強すればいいだけ。しゃべれないのが理由でやらないとか、もったいないと思う。それが俺の意見。 ――なるほど。ビジネス的にはどうですか。これぐらいの収益を上げられるっていう部分ばかりで物事を組み立てるから、映画を鑑賞する人であったり、視聴者であったり、音楽を聞く人が求めてるものしか作れなくなっちゃうという問題。 紀里谷:ハリウッドだって、ソロバンめっちゃ弾きますよ、彼らは。下手したら日本以上に。ビジネスも契約ごとなんかもめっちゃシビア。ご存知の通りね。でも、日本と違うなって思うのは、人と違うことをしたらもっと儲かるかもねっていうマインドがある。 ――なるほど。事前に儲かった例がなくても、これまでなくて違ってるから、やったら儲かるんじゃないかっていう発想なんだ。 紀里谷:そう。アメリカ人で見ててすっごい思うのが、とにかく今まで見たことがないものが欲しくてしょうがない。とにかく見たことなけりゃまずOKみたいなとこがすごいある。 ――日本はやっぱり見たことあるものじゃないと安心できないんでしょうね。 紀里谷:安心しない。あとは、どれだけロスがないかっていう考え方なんだと思う。日本人って。どれだけ損がないかっていうことをまず考えちゃう。リスクのほうをミニマムにしようとするから、アップサイドもそんなにないってことでしょう。 アメリカはとにかく当てたい。ホームラン打ちたいわけ、みんな。ホームランを打てるやつはいっぱいいるけれど、もっと大きいホームランのためにそうじゃないやつを連れて来ないといけない。ヒットしてる人も数年後にはもういなくなっちゃうから、常に新しい才能を見つけようとしてるっていうことなのかもしれない。 ――ある意味怖いですよね。 紀里谷:怖い、怖い。ホームラン打たなかったら、退場になっちゃうから、すぐベンチだよ。 ――大丈夫ですか? 紀里谷:わかんない。 日本と、そこは大きく違うと思う。見上げたもんだと自分で思ったもん、行ってみて。今まで1本しか撮ってない日本の監督になんでプロデューサーとか、配給会社のトップが出てきて、こっちが言ってることじっと聞いてるわけですよ。それでいきなり、「ちょっとこの本読んでみて」とか言われて話が進むんだから。これはすごいなと思った、俺。 ――オリコンで1位から10位まで同じような曲が並んでるとか、同じような感じのキャスティングの映画が流れてる日本とは違う。 紀里谷:たぶん、アメリカ人が見たら、それ、ビジネスチャンスなんだよ。こんなに同じもの並んでるんなら、まったく違うものをハイクオリティで出せば絶対に勝てるっていうマインドなんだと思う。 ――これだよ。日本は今の一位と同じもの作るんですよ。 紀里谷:そう。アメリカは、お客さんがシビアなんだと思う。移り変わり速いし、もっと大きいもの見せてくれて、もっと速いもの見せてくれ、もっとすごいもの見せてくれっていうのが、欲求がすごいんだと思う。 ――日本でも、そういう風にならないですかね。 紀里谷: いやいやでもね、すごく言いたいのが昔は日本、できてたんですよね。本田宗一郎さん、盛田昭夫さん、井深大さん、高度成長期を支えた日本人って、単純なんです。本田さんなんてすごい世界で一番速いバイクを作りたいってそれだけ。もうあとは知りませんって、必死になってやっていって、今のHONDAができあがるわけじゃないですか。TOYOTAもそうだし。SONYだって世界中にトランジスタラジオ売りに行くわけですよ。わかんないですよね、売れるかどうかなんて。でも、行くわけですよ。行って売り始めたら、こういうことになっちゃったって言って、あのいわゆるバブルにつながって、とにかく日本が、あの焼け野原から短期間であそこまで行くわけじゃないですか。 で、俺はそう思う。日本はちゃんとできてたの。できてたけど、その作った人たちのあとを継いだ人たちがそれをどうやって継承するかっていうことばかりにこだわっちゃって、その時にどうやって守るのかって、その守りに入っていくわけですよね。 なるべく損がないような製品を作っていこうと、なるべくお客さんがわかってくれるものを作ってもらおうっていうような目線になってくわけじゃないですか。その人たちからは何も始まらないんですよ。それがいつからかお客さんがほしいものって何なのかなって考え始める。 それに対してアンチテーゼを出したのがスティーブ・ジョブズ。客がほしいものなんかわかってないんです、見せるまで。だから、自分たちが作りたいものを作る。僕はそれをすごく大事にしようとしている。わかんないよって、お客さんの反応なんて。だったら自分たちが何だったら盛り上がるのか。そのためだったら死んでもいい、命落としてもいいって言えるぐらいの情熱を燃やせるような作品ではない限り、僕はタッチしないっていうことなんだと思う。 もちろんさ、ハリウッドでもアベンジャーズ2とか3とか、そういう世界もあるんですよ。でも、同時にインディーズシーンがあって、情熱を持った奴がいろんなもの作って、それがヒットしたりするわけじゃないですか。だから日本もそういうこと、もっとやるべきですよ。日本の状況だけ見たら難しいかもしれない。単館系とかもなくなってきちゃってるしね。だったら中国行こうよとか、アメリカに作りに行こうよっていうのが、僕が今やってることでしかないんだよ。ただ単に、日本に状況がなかったら外に出て行こうよっていう気持ち。それだけで作っているよね。
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています
 
私は毎月こんなぽっこりお腹になる。原因はPMS(月経前症候群。生理前に経験する身体の不調のこと)。 人気フィットネスブロガーのマリン・オロフソンさんは、1万5000人のフォロワーがいるInstagramアカウントに、膨らんだ自分のお腹の写真を投稿した。

オロフソンさんの腹部は、毎月生理が近づくと写真のように膨らむ。そのため、周りの人から妊娠しているのではと誤解されるという。 写真のキャプションに、彼女はこう書いている。 「これは、私のPMSの症状です。他にも同じようにお腹が膨らむ女性はたくさんいるはず。これほどひどくない人もいれば、もっとひどい人もいるんじゃないかな」 「だけどこれは異常なことじゃない。恥ずかしいと感じる必要は全くないんです」 オロフソンさんは以前、膨らんだお腹を隠すために、痛みをこらえて必死にお腹を引っ込めていたそうだ。しかし、今はそれを止めた。その理由をこうつづっている。 「他の人にどう思われるかを心配するより、きちんと呼吸する方が身体にとって大切だと気が付いたんです」 「PMSの症状がある時、私は精神状態が不安定になります。死にたい気持ちになることだってある。そんな状態の自分に、さらにプレッシャーをかけるのをやめようと思ったんです。 ホルモンの変化が原因で起こる身体の変化をネガティブに捉えるのではなく、落ち込んでいる時でも自分の身体を受け入れ、好きになろうと決めました」 ずっと嫌いだったぽっこりお腹を好きになろうと決めたオロフソンさんは、同じようにPMSによる身体の変化に苦しむ女性たちにこんなメッセージを送っている。 「ネガティブな気持ちになったとしても、あなたの身体を責めないで欲しい。あなたの身体に責任はないんだから。身体は変化するもの。間違ったことをしているわけじゃない」 身体は、変化している時に特に大切にされ、愛されなければいけません。恥ずかしがったり、隠したりしなくていいんです。あなたの身体はやるべきことをやっているんだから、そのままでパーフェクトです」 オロフソンさんの投稿を、9000人以上の人がいいね!して、感謝のコメントもたくさん寄せられている。 ハフィントンポストUK版に掲載された記事を翻訳しました。 【関連記事】 ハフィントンポストでは、「女性のカラダについてもっとオープンに話せる社会になって欲しい」という思いから、『Ladies Be Open』を立ち上げました。 女性のカラダはデリケートで、一人ひとりがみんな違う。だからこそ、その声を形にしたい。そして、みんなが話しやすい空気や会話できる場所を創っていきたいと思っています。 みなさんの「女性のカラダ」に関する体験や思いを聞かせてください。 ハッシュタグ #ladiesbeopen #もっと話そう女性のカラダ も用意しました。 メールもお待ちしています ladiesbeopen@huffingtonpost.jp
 
東京都小金井市で2016年5月、音楽活動をしていた冨田真由さん(21)がファンの男にナイフで刺され重傷を負った事件で、東京地裁立川支部(阿部浩巳裁判長)は2月28日、群馬県伊勢崎市の無職・岩埼友宏被告(28)に懲役14年6カ月(求刑懲役17年)の実刑判決を言い渡した。 冨田さんは少なくとも34カ所を刺され、一時意識不明となった。その後、意識は戻ったが、口など一部の神経がまひし、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負うなど後遺症が残ったという。 この日、出廷せずに控室で判決内容を聞いた冨田さんは「(求刑の)17年でも短いと思っていたのに」とだけ言い、沈黙したという。 代理人の弁護士は「何の反省もしていない犯人が、長くても、たった14年3カ月で塀の外に出てくると思うと、怖い」とコメントを発表した。岩埼被告が法廷で動機の一つとしてあげた「プレゼントを返却したこと」にも触れ、当時所属していた芸能事務所に依頼していたのに対応してもらえなかったとして、疑問を述べた。 判決後、記者会見した代理人の柴田崇弁護士(左)と高田沙代子弁護士 弁護士から提供された冨田さんのコメント全文は、以下の通り。 判決の結果を聞いて 冨田 真由(署名) 1 判決について あれだけのことをしたにもかかわらず、何の反省もしていない犯人が、長くても、たった14年3カ月で塀の外に出てくると思うと、怖いです。 思い出したくもない事件のことを何度も思い返して、意見陳述を書いて、読み上げました。私や私の家族の苦しみが伝わらなかったのだと思うと、やりきれません。 たった約14年後には、犯人が塀の外を歩いている。そう思うと、今から不安と恐怖しかありません。 2 証人の方や励ましの言葉をくださった方々へ 通報などをして助けてくださった方々や、精神科の先生が、証人として裁判で話してくれていました。 こうやって、みなさんの必死な思いに助けていただいたのだと改めて感じさせられました。本当にありがとうございました。 たくさんの励ましの言葉をもらい、勇気づけられました。 3 芸能事務所に関するコメント 犯人は、裁判の中で、プレゼントを返されたこと、しかもプレゼントを受け取ってから返されるまでに時間がかかっていたことを動機の一つのように話していました。 私は、犯人からの返せという書き込み、脅迫めいた書き込み、返して貰うためにライブに行くということをほのめかす書き込みなどがくるようになったことに恐怖を感じ、早く返さなければいけないと思いました。 以前から、事務所には、しつこいファンの男がいて、ブログやツイッターに怖い書き込みをしてきたり、ライブの後につきまとわれたりしていることも相談していましたが、特に何も対応してもらえていませんでした。 自分から送り返したら反感を買うかもしれないと思い、平成28年の3月6日には、当時所属していた事務所に、犯人から渡された腕時計と本を持って行き、事務所の方から犯人に返して欲しいというお願いをして、全て預けていました。事務所の人は、「わかりました。返しておきますね」と言っていました。このとき、事務所の方から、犯人がライブに来ないように文章を作って欲しいというお願いもしていました。 結局、事務所の方では、犯人に返して貰えず、事務所を辞めたときに、「預かっていた物」と言って、私に渡されました。 既に返してもらえていると思っていた犯人からのプレゼントを渡されたときには、本当にビックリしました。あの時、「わかりました。返しておきますね」と言ってくれていたのに。もちろん、事務所からの文章も作ってもらえていませんでした。 私は、早く返さなければいけないと思い、事務所から帰る途中、そのまま郵便局に行きました。どうして良いかわからなくて、急いで郵便局から送り返しましたが、そのとき、手が震えて字がうまく書けなかったことを覚えています。 私がお願いしたあのときに、事務所の方から犯人に対して返却してもらえていれば、このような被害に遭わないですんだのかもしれないという思いはありましたが、犯人の供述を聞いて、その思いはさらに強くなりました。何回思い返しても、残念でなりません。 4 裁判員裁判を終えて 自分にしか言えないことを伝えたいと思っていたし、ちゃんと自分の口から話さないと後悔すると思ったので、何としてもやり遂げたいという気持ちでした。 意見陳述の日には、裁判所に行くことも、法廷に入ることも怖かったです。法廷に入ろうとしても足が前に動いてくれませんでした。 法廷に入った後も、ついたて一枚の向こうに犯人がいると思うだけで、さらに恐怖が襲いかかってきて、声もなかなか出すことができませんでした。 その恐怖から帰りたいという思いと、それでも自分で意見陳述をしなければという思いの中で読み上げていると、突然、犯人から怒鳴られたので、本当にびっくりしました。怖かったけれど、負けてはいけないと自分に言い聞かせて、裁判官や裁判員の方々に絶対聞いて欲しいと思っていた所までは読むことができました。 意見陳述を最後まで読むことはできませんでしたが、私にできることは全てやり遂げられたと思っています。 被害者として、弁護士の先生に無期懲役を求刑してもらえたことは本当にありがたかったです。 以上
 
NASAが悲劇から学んだこと。 1月27日はアポロ計画にとって大きな一歩を踏み出した記念日になるはずでした。しかし、地上テスト中に船内が爆発出火するという悲劇の日に変わってしまいました。この死亡事故... 続きを読む
 
長女・チハナが生後6ヵ月を迎えた頃、日本の両親が「幼児教育セット」を送って来てくれました。それは、子供の成長と季節に合わせた「DVD・玩具・絵本」などが毎月届くシステムとなっており、私も娘共々このセットの到着を心待ちにしていたものです。 12月のDVDには英語で歌われたオリジナルのクリスマス・ソングが入っており、私は娘と一緒にそれを観賞するのが日課となっていました。すると、珍しく英語が流れているテレビが気になったのでしょう。夫が我々の様子を覗きにやって来ました。そして、夫は眉根を寄せながら言いました。 「...コレ、何?」 私は夫が定番のクリスマス・ソングでない事に違和感を覚えたのだと思い、この歌の意図を説明しました。 「オリジナルのクリスマス・ソングだ。最近の知育教育はスゴイな。こんなに小さな時から英語を耳に入れておく必要があるらしい」 そして「お陰で私の耳は『英語耳』にならなかったよ」と肩をすぼめて見せる私に、夫はせせら笑いながらこう言いました。 「テキサス訛り」と言えば、「オラは~~だべ」などと日本語翻訳される程、独特なアクセントを持ち合わせた英語です。なぜそのような強い訛りが教材に使われているの!?と、私は動揺を隠せませんでした。 「いや、ちょっと待て。歌だからそう聞こえると言うワケではないのか?」 私はすがる気持ちで夫に詰め寄りました。 「ハン!どっから聞いてもコレはテキサス訛りデス」 存分に「スコットランド訛り」の夫が「テキサス訛り」を責める意味がいまいちわかりませんが、「どちらも聞き取りづらい」と言う事だけは私にも理解できたのです。 「いや、それにしてもスゴイな。アクセントでどこの訛りかがわかると言うのは」 うっかり夫を褒めてしまったせいでしょうか。それからというもの、彼はテレビで流れる英語の訛りを懇々と私に説明し始めました。 「この国、昔はイギリス領だったみたいで、皆、スコットランド訛りダヨ☆」 「このドラマ、皆グラスゴー訛りで聞き辛いんだよネ☆」 「ほう、ほう」と表面では感心していた私ですが、英語音痴の私にはいまいち違いがわからないと言うのが本音でした。 さて、そんなある日、私は日本衛星放送(JSTV)で民放のミステリー・ドラマをひとり楽しんでいました。 その時の犯人がアメリカ人という設定であった為、私は息をのみながら犯行の動機を字幕で読んでいました。すると、たまたま通りかかった夫が画面をマジマジと見詰めながら言いました。 2016-01-15-1452832055-3571826-holly52.jpg 「エ? 犯人、スコットランド人なんだよネ?」 私は幾分申し訳ない気分に陥りました。 「...いや、彼はこのドラマの中ではアメリカ人と言う設定なのだが...無理があるかね?」 2016-01-15-1452832124-3957941-holly53.jpg 「白人さん=欧米人」としてひと括りにしてしまうのは夫として許し難い事態なのかも知れません。だがしかし、視聴者が全員日本人なら、アクセントの分野は多少見逃してもOKなのではなかろうかと思う、今日この頃――。 余談ですが、NHKの連続テレビ小説で一気にスコットランドの知名度を上げた「マッサン」にて、エリー役を務めたシャーロット・ケイト・フォックスさん。 2016-01-15-1452832211-7920155-holly54.jpg 彼女が話すアメリカ英語に、夫は間違いなく牙を剥くであろうと危惧した私は、結局一度も夫に見せる事はありませんでした。 ~続く。 【ホリーブログ 「ホリー絵日記」】 マンガ版もあります!「ホリースコットランド絵日記」 最新話はすくすくパラダイスぷらすへGO!
 
【井口裕右の取材後記】 インターネット通販が主流にある現在のライフスタイルで、最も消費者を悩ませるのが、「思っていた商品と違う」「ネットで見たものより品質が劣る」という不満だ。商品サンプルを見て購入することができないネット通販の場合、ウェブサイト上の商品写真だけが購入の手がかりとなり、消費者はその二次元のイメージを信じて購入ボタンを押す。しかし、もしも届いた商品がイメージと大きく異なると、消費者は販売者、ひいてはネット通販そのものに対して強い不信感を持つことになってしまう。 では、商品を提供する企業側は、このような不幸な取引をなくすために、ものづくりに対してどのよう努力をしているのだろうか。2000年に日本で初めてネット通販型フォトブック「MyBook」を開始した株式会社アスカネット(広島市)代表取締役の福田幸雄氏を取材した。 実は、この取材が行われたのは8月上旬。広島市安佐南区・安佐北区が集中豪雨による大規模な土砂災害に見舞われた半月ほど前のことである。アスカネットの本社がある安佐南区祇園地区は、最も大きな被害が出たとされる安佐南区山本地区のすぐ近く。同社の社屋も1階部分が浸水に遭い、資材や生産設備の一部に被害が出たという。既に生産を再開しながら完全復旧に向け作業を進めているとのことだが、被災された社員の皆さんにはこの場を借りて心からお見舞い申し上げたい。 ●写真家が"自分だけの写真集を作りたい"と始めたフォトブック アスカネットは、1982年に飛鳥写真工芸社として創業。創業した福田氏はもともと写真家で、写真スタジオを営んでいた中で、自分が撮影した素晴らしい写真たちを写真集という形にして残したいと思うようになったという。しかし、出版会社は個人のために1冊の本を作るというニーズに応えられるわけもなく、当時海外で展開されていた個人出版は高価すぎて手が出ないという状況だった。そこで、「写真を本という形で残したいという写真家のニーズは少なくないのでは。ならば、(写真家である)自分自身が欲しいと思えるフォトブックを、自分たちの手で作ろう」(福田氏)と、日本初のネット通販型フォトブック「MyBook」を始めたのだそうだ。 2014-08-25-20140825_yusukeiguchi_02.jpg (MyBookのウェブサイト) しかしサービスをスタートするにあたって、社内に出版・製本のノウハウを持つ社員はおらず、フォトパブリッシング事業は社員が独学と試行錯誤を続けながら、製品の品質を追求したという。「でも、ノウハウがないことが逆に功を奏した。出版・製本の常識に囚われず、写真家・消費者の目線でクオリティの高いフォトブックにこだわることができたのではないか」(福田氏)。コストや効率を度外視して、まずは"納得のいく商品を作る"という姿勢が、高品質なフォトブックを実現することに繋がったのだそうだ。 ●ウェブサイトからはわからない、ものづくりのこだわり 筆者は実際にネットで注文を受けたフォトブックを製本している本社工場を見学させていただいたが、生産の効率化、合理化でコストを最適化する現代の生産現場のトレンドとは一線を画す"ものづくりへのこだわり"には大変驚かされた。 2014-08-25-20140825_yusukeiguchi_03.jpg (アスカネットの本社工場。手前にある黒い機械が印刷機だ。) 一般的なフォトブックサービスならば、外部から仕入れた写真用紙への印刷、製本はオートメーションで行われ、流れ作業で梱包・配送されてそれで作業完了となるところだ。しかし、アスカネットでは写真を印刷するための紙を一部自社で開発し、フォトプリンターにはオフセット印刷並みのクオリティを実現したというヒューレットパッカード社の大型オンデマンド印刷機を使用。また、印刷のあとには表面にツヤを出すためのニス引きや表紙のラミネート加工を自社で独自に開発した機械を使って行い、ページ合わせや製本は1冊ずつスタッフが手作業。検品はスタッフの眼で製本完了時と出荷前の2回行い、ここで製品の品質が基準を下回ると全行程をやり直すこともあるのだそうだ。ここまで書き連ねたが、これは大量に出版する本ではなく、あくまで1冊のフォトブックに対する工程だ。 工場を紹介してくれたオペレーションセンターの八田次郎氏によると、一番のこだわりは写真をプリントする紙の管理と、日本に数台しかないというオンデマンド印刷機が作り出す色のチューニングだという。特に、印刷された写真の"色の再現力"は、福田氏もプロフェッショナルな写真印刷が追求する最も大きな価値だと語る。
八田:紙の保管庫や作業場は気温20度湿度60%を一年中保つようにしています。湿度が高いと紙に"反り"が出てしまい、本のクオリティにとって致命傷になってしまうのです。最近では海外のお客様に空輸でお届けしたりすることも多いので、様々な気候や空調の条件で紙がどのように変化するのかを研究しています。また、印刷機は写真の色を忠実に紙の上に再現するために、オペレーターの厳しい眼によるチューニングに2時間以上かけ、独自開発したチェックシートで品質の確認をしています。中でも黒やグレーの細かい色の違いを再現するところが最も難しいですね。
福田:今の時代、写真の印刷はインクジェットプリンターやコンビニで簡単にできるが、"記憶色"を再現する印刷ノウハウが、プロフェッショナルが提供する写真の価値ではないか。例えば、美しい風景を見たときに感じる色=記憶色は、写真で撮ったときにはカメラの特性などにより記憶色とは違う色で記録される。写真家はフォトレタッチソフトでデータを加工して記憶色に戻そうとするが、印刷するとまた記憶色と違う色になってしまうことが多い。写真家がイメージする記憶色を印刷で忠実に再現する技術が写真印刷のプロフェッショナルな仕事に求められる。
こうした工程を見学させていただいて、ネットで受けた大量の注文を処理する現場でありながら、"流れ作業"というものが工場の中に全くない点や、ほぼ全ての工程で人の手が加わっている点には大変驚かされた。八田氏は、「アスカネットの工場にはベルトコンベアはひとつもありません。オーダーに合わせてひとつひとつ手作業するのが、"いい写真集を作りたい"という私たちのこだわり。作業するスタッフの熟練した技術や機械をカスタマイズして使いこなすノウハウが、商品のクオリティに欠かせない大きな財産だと思います」と語っていた。 2014-08-25-20140825_yusukeiguchi_04.jpg (用紙は温度・湿度が管理された専用の部屋で保管される) 2014-08-25-20140825_yusukeiguchi_05.jpg (製本工程の多くの部分が手作業で行われる) ●この一冊が、会社の将来を決める だからこそ、徹底的に手間を掛け品質にこだわる オンラインフォトブックと言えば、消費者が気軽に写真を本にすることができる点が好評で、市場は活況だ。しかし、出来上がる製品は安っぽかったり印刷のクオリティが満足いくものではなかったりするものも少なくない。それに対して、アスカネットでは色の再現性に徹底的にこだわった印刷機で写真をプリントしたのち、ハードカバーにグロスラミネート加工を施し、ページはニス引き加工をする。写真を美しく見せるよう、後加工に徹底的にこだわっているのだそうだ。これら多くの工程で手作業を入れ、ひとつのフォトブックを作ることに手間暇を惜しまず工場が一丸となって取り組む。こうした同社のものづくりに対する姿勢について、代表の福田氏は次のように語っている。
福田:コストダウンをしようとすれば、手を抜いて大量生産をすればよい。そんなビジネスならば誰にでもできる。しかし、ものづくりにこだわり、スタッフが努力し、面倒なことを惜しまずにやるからこそ、自分たちにしか実現できない価値が生まれるのではないだろうか。手間を掛けよう、いいものを作ろうという強い想いが社員の努力や創意工夫を生み出し、製品のクオリティや製造工程を支えている。ユーザーの皆さんにとっては手軽で便利なものでも、ものづくりが手軽になってはいけない。付加価値の高いというのは、人が手間暇をかけて誰にもできない商品を作ることだ。
2014-08-25-20140825_yusukeiguchi_06.jpg (アスカネット代表取締役の福田幸雄氏) そして、「ネット通販が主流になりつつある中、企業と顧客との信頼構築のために欠かせないもの、やってはいけないものは何だと思うか」という質問に対しても、福田氏は自身のこだわりを語る。
福田:私たちが目指しているのは、オーダーしてくれたお客様の期待を超えるクオリティの商品を届けること。私たちは、"儲かるかどうか"で仕事をしているつもりはなく、写真を通じてお客様に喜んでいただけるか、感動していただけるかを第一に考えている。届いた商品の封を開けたときの感動を多くの人に体験してほしい。そのためには、品質に一切の妥協をしないことが重要だ。商品の品質に対してお客様からクレームを頂く前に社内でクレームを出し、出来上がった商品に問題があれば、全てをやりなおしてでも目指す商品価値を追求する。1冊のフォトブックが儲かるか否かではなく、その1冊が会社の将来を決めるという気持ちでものづくりをしなければならない。
ネット通販では、店舗がなく顧客とスタッフのコミュニケーションは存在しない。顧客と販売者を繋げるのは商品だけであり、その商品の品質だけが信頼関係の拠り所となる。消費者の期待に応え、更にその期待を超えるような商品を届けることで販売者は消費者からの信頼を獲得することができ、逆に商品が消費者の期待を裏切ることがあれば、築いてきた信頼は一瞬のうちに壊れてしまう。ネット通販の世界では、消費者の多くは期待外れの商品を手にしても不満を販売者にぶつけたりしない。その代わり、その販売者が売る商品はもう二度と注文することはないだろう。消費者にとって、モノを買うための選択肢は無数にあり、ある店に不満ならば別の店に頼めば良いだけなのだ。 ネット通販がそういうシビアな世界だということを理解しているからこそ、福田氏は商品の品質が企業の経営にとって最も重要だと考え、見えない場所で手間を惜しまず徹底して消費者に良い商品を届けるための努力を続けている。ネット通販に携わる企業には、"見えない場所"だからこそ合理化・効率化・コスト削減の機会と捉え、"安かろう・悪かろう"の商品でビジネスを維持しているケースも少なくない。しかし、それでは企業に対する消費者の信頼やネット通販そのものに対する世の中の信頼を得ることはできないはずだ。"良いものを届けたい"という1点にこだわるアスカネットのものづくりにかける姿勢は、フォトブックのみならずネット通販で顔の見えない消費者とコミュニケーションをしている全ての事業者が留意すべき点なのではないだろうか。 ■井口裕右の取材後記■ 「取材後記」では、フリーライターという立場で情報メディアなどへの寄稿を目的として取材した様々な発表会、インタビュー、展示会、セミナー、イベントなどで感じた、ここでしか書けない意見や感想、そして筆者が撮影した写真の一部をハフポストのブログでご紹介しています。
 
KOOOL真空パック機の特徴: ■ 1台で空気抽出(真空)とシーリング(密閉)操作を完成。シーリングのみも可能。 □ 強弱調整&手動真空機能搭載で柔らかい食品も傷めず保存。 ■ 専用袋不要、様々な袋や容器に対応。 □ 粉類や水気の多い物も真空密封可能。 ■ 複数の袋を同時に操作しやすい設計。 肉、魚、野菜等の生鮮食品や各種食材はなかなか一度に使い切ることはできませんよね。何らかの方法で保存が必要です。 しかし気を付けて保存しないと、おいしく食べきれなかったり、捨てざるを得なくなってしまいます。 これらの悩みを解決する「真空保存」を、様々な市販の袋で手軽に・スマートに実現するのが、今回ご紹介する真空パック機「KOOOL」です! 袋から空気を抜き出し、真空状態で食品を保存するため、酸化を防ぎ鮮度、味、栄養価の劣化、カビの発生を防止します。 真空パック機「KOOOL」は、シンプルなデザインながら、真空保存を簡単かつ効果的に行うための機能を搭載しています。 ▊▏強弱調整機能&手動真空機能で、柔らかい食品も傷めず保存。 KOOOL真空パック機は独自の強弱調整機能を搭載。 ツマミの操作により吸引力を調節できます。 柔らかい肉類、魚類等の保存の際には吸引力を弱めに設定し、食品を傷めず真空操作を行うことができます。 さらに「手動真空」ボタンを使用すると、ボタンを押している間だけ真空操作が行われます。 パック内の状態を見ながら手動で徐々に真空操作を行うことにより、デリケートな食品も扱うことができます。 ▊▏1台で空気抽出(真空)とシーリング(密閉)操作を完成、シーリングのみも可能。 KOOOL真空パック機は、以下の手順で簡単に空気抽出からシーリングを完了します。 ●「Vacuum Sealing」ボタン:空気抽出(真空)操作とシーリング操作を自動で行います。 ●「Seal」ボタン:シーリング(密閉)操作のみを行います。お菓子の袋の密閉などに。 ●「Point Smoke」ボタン:ボタンを押している間のみ空気抽出(真空)操作を行います。手動で真空が完了したら最後に「Seal」ボタンを押してシーリングを行います。 ▊▏専用袋不要、市販の様々な袋に対応。 ①エンボス加工真空パック用袋:真空+シーリング(密閉)可能。 ②エンボスなし、マチ(折り込み)真空パック用袋:真空+シーリング(密閉)可能。 ③エンボスなし、マチ(折り込みなし)袋:シーリング(密閉)のみ可能、真空操作にはご使用できません。 チューブを使って真空用容器ともお使いいただけます。 ▊▏粉類や水気の多い物も真空密封可能。 肉・野菜・豆・ナッツ等だけでなく、カットレモンや調理済みの食品や粉など、あらゆる形態の食品に対応します。 ※液体の場合はシーリング(密封)のみ可能、少量のソースなどでしたら真空密封も可能です。どちらの場合でも、必ず袋の口が乾燥した状態で操作してください。 ▊▏複数の袋を同時に操作しやすい設計。 シーリング位置に複数の袋を並べて同時に操作することも可能。 KOOOL真空パック機はさらに、過熱センサーによる自動断続シーリング機能、60Kpaの強力吸引機能、3ミリ幅のシーリングでしっかりと真空・密封を行います。 市販の真空パック用袋を使った簡単かつ効果の高い真空・密閉保存に。また、お菓子や食材の袋をそのまま使った密閉保存に、1台で様々な用途の食品保存をグレードアップさせる真空パック機「KOOOL」、以下のようなシーンでぜひご活用ください! ● 冷蔵庫やキッチンでの保存効果UPに:真空や密閉により保存期間が延びるだけでなく、ニオイうつりや湿気を防ぎ、整理整頓の効果も。 ● ピクニックやキャンプ、旅行に:使いたい食材を真空・密閉保存して汁もれやいたみを防止、旅行中に楽しみたい食品やお土産のパッキングに。 ● 食べかけのお菓子等の密閉保存に:食べきれないボテトチップ等、放置しておくと湿気で食感が失われやすいお菓子も、密閉保存でおいしさ長持ち。 <基本スペック> ※動画の色合いは実物と若干異なります、実物のカラーは上記画像に準じます。 ※本製品の稼働音は60dBです。早朝・深夜のご使用はお控えください。 ※液体の場合はシーリング(密封)のみ可能、少量のソースなどでしたら真空密封も可能です。どちらの場合でも、必ず袋の口が乾燥した状態で操作してください。 <リターン&スケジュール> ・ 2021年3月9日 プロジェクト開始 ・ 2021年4月30日 プロジェクト終了 ・ 2021年5月末 リターン発送 <起案者について> ● 株式会社SUNONE 株式会社SUNONE(スノーン)は自社製品の開発と共に、海外の最新ガジェットや家電などの日本での輸入販売を行っています。世界中の素晴らしいモノ、文化と国境を越えた職人たちの思いをお届けすることを目指しています。「驚きと感動に溢れた、豊かな暮らし」をモットーに日々励んで参ります。 ● リスク&チャレンジ ※製品の使用感は個人によって異なります。このため、使用感が理由での返品・交換は承りかねます。 ※ご支援の数が想定を上回った場合、製造工程上の都合により出荷時期が遅れる場合がございます。 ※万が一、お届けした商品に不良品箇所がございましたら、商品到着から7営業日以内にご連絡をお願い致します。送料・手数料などすべて弊社負担にて交換対応させていただきます。 ※開発中の製品につきましては、デザイン・仕様が一部変更になる可能性もございます。もし変更になる場合は、必ず事前にお知らせいたします。 ※並行輸入品が発生する可能性があります。個人輸入及び販路によっては防ぐことができない可能性がある点、ご了承願います。 ※クラウドファンディングの性質上、以上の注意点につきましてあらかじめご理解とご了承頂いた上でご支援くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。
 
メラトニン分泌のサポートによって睡眠不足を抜本的に改善!睡眠障害に悩む方のための最新ガジェットです。 こんな睡眠のお悩みはありませんか? 気掛かりなことや考え事をしてしまってなかなか眠れない 浅い睡眠により、倦怠感や疲れやすさを感じる 寝つきが悪く、ついYoutubeやスマホなどをみてしまう 新幹線や飛行機内で眠ることができず、時差ボケもひどい 最近体調を崩す事が多い 睡眠不足のせいでストレスばかり溜まり、出社しても集中できない Sleep I Maskは、CES(Cranial Electrotherapy Stimulation)を利用した機能的な快眠をサポートするウェアラブルデバイスであり、睡眠と生活の質向上に効果的な製品です。 1.睡眠前のメラトニン分泌を促進する メラトニンの血中濃度が上昇すると、人間は眠気を感じるようになります。 Sleep I Mask は微弱な電流を発し、人間の睡眠を司っているメラトニンホルモンの分泌を促進します。人間の脳をサポートする形で睡眠不足を解決する製品です。 サプリメントや睡眠導入剤とは異なり、自分の身体から100%生成されたホルモンによる本質的な睡眠改善は健康にも良心的です。 2.睡眠不足から生じるあらゆる症状を改善 睡眠改善をすることは、日々感じていたストレスや集中力の問題も改善することに繋がります。 Sleep I Maskは最先端のCESテクノロジーを搭載しています。睡眠を誘発するホルモンを生成し、睡眠状態を良好にします。 セロトニンは脳内の神経伝達物質のひとつです。このホルモンは、安心感、心理的満足感、そして幸福感をもたらします。そして夜にはメラトニンに変化し、私たちが深い睡眠レベルに誘う必要なものとなります。 私たちは必要十分な睡眠を規則正しく取らなければ健康維持はできません。本商品は睡眠量が不足しがちな現代人の手助けにもなります。 データでは日本人の約70%にあたる方が睡眠障害に悩まされています。 3.免疫システムを強化する 疲れやすさや日々の倦怠感はありますか?そんなあなたには深い睡眠の力が必要です。深い睡眠は、不眠症のような睡眠の問題に対してのみ機能するわけではありません。免疫細胞であるヘルパーT細胞とNK細胞を増加させます。 良質で深い睡眠を取ることにより、あなたの免疫システムを改善してくれます。昨今、新型コロナウイルスと共に生活する ”With コロナ” の時代、免疫力を高めることは必須です。睡眠は最も簡単で最も強力な健康法です。 4.美肌効果 Sleep I Mask のCESテクノロジーには、睡眠ホルモンの促進効果だけではなくタンパク質合成を活性化する効果もあります。細胞へ流れる微弱電流は酸素透過率を40%向上させ、肌の回復や潤いの維持に貢献するのです。 なによりも、睡眠不足は肌トラブルの原因となります。複合的な肌の健康維持によって美肌効果も併せ持つ当商品を、ぜひお試しください。 5.持ち運びやすいミニマルなデザイン Sleep I Mask はコンパクトで持ち運びに便利な設計となっています。使用用途や場所を選ばず、いつでもどこでも高品質な睡眠と健康維持を目指すことができます。例えば出張先の航空機内、どうしても外せない会議の前日など、活用シーンは数多にあることでしょう。 使用方法はとても簡単です! Step.1 パワーボタンで電源を入れる パワーボタンでON/OFFの切り替え。製品中央のスイッチを押すたびに、電源が緑(ON)または赤(OFF)になります。ライトが5回点滅した後に電源が入り、それから30分後に自動的にオフになる仕組みです。 Step.2 Sleep I Maskの着用 夜眠る前に、額とこめかみにデバイスを置くだけで装着可能です。 Step.3 充電方法 USB-C typeを利用します。充電器が接続されている間は製品のLEDライトが赤く光り、完全に充電されると緑に変わります。1回あたり3時間ほどの充電を週に2回程度行ってください。 Sleep I MaskのCESテクノロジーのCES(Cranial Electric Stimulation)とは、脳への刺激の一種です。この脳への電気刺激は、電場や磁場などで使用するのと同じ量のエネルギーを使用することで、頭蓋神経系の機能を変化させます。 この刺激により、脳波の変化やホルモンの分泌量が変化します。 CESは、外耳道、上顎喉頭接合部、乳様突起、こめかみに設置された電極を通過して、脳に向かう微弱な交流電流を送信します。次に、CESは大脳辺縁系、網状体活性化系、視床下部に参加して、脳シナプスのホルモン産生に影響を与えます。 CESの治療後、セロトニン、βエンドルフィン、メラトニンなどの脳内シナプスホルモンの量が増加することが観察されています。これらのホルモンは感情をコントロールする能力や睡眠障害と深く関係しており、特にセロトニンやメラトニンの量が増えると睡眠障害に効果があることが証明されています。 この驚くべき効果はさておき、CESは血中の既存のコルチゾールを減少させ、脳波をポジティブに変化させます。 2本の電柱を使用して、メラトニンとセロトニンを生成する脳に電気刺激を送信します。これらはあなたが眠りに落ちるのを助けます。この電気は無害で、すでに脳で自然に作られています。また、コルチゾールレベルを低下させ、ストレスを軽減します。これにより、免疫力が向上し、他の病気を予防することができます。 CESの信頼性は、f-MRIで確認された頭蓋神経の変化によって検証されています。CESの技術は臨床的に証明され、※FDAによって承認されています。 ※アメリカ食品医薬品局(アメリカの政府機関) ※Sleep I Maskは医療器具ではありません。 皆様、初めまして、Sleep i Maskを開発したメーカーの LEESOL Co., Ltd.です。 LEESOL(リーソル)はCTやMRI装置などの医療機器の製造とモバイルヘルスケア製品の商品化に10年間携わり続け、今回この睡眠改善ガジェットの開発に至りました。 Sleep I Mask のプロジェクトが正式にスタートしたのは2017年のことです。私たちは以前から携帯可能なヘルスケアー器機の実現可能性とその技術的課題について議論し続けており、脳科学専門のクリニックや睡眠研究センターの協力のもと、Sleep I Mask が理想的な効果を発揮することができると結論づけました。そしてSleep i maskは韓国で、特許を取得し(登録済み)その技術を商品化しました。 開発にはIRBの臨床試験も行っており、患者の睡眠の質が30%向上することに成功しました。現在は消防士、警察官、軍人など、特別な分野で働く人々のためのストレス解消サービスの提供を画策しつつ、個人の睡眠データを記録・分析できるような専用のアプリケーションも開発中です。 ○実行会社情報 株式会社LOWVEについて 株式会社LOWVEは日本に於けるSleep i Maskの正規代理店です。当社はモノを通じて人を幸せにするをモットーに自社製品の企画・開発・販売などを行なっており、また日本市場に紹介されていない素晴らしい製品があれば海外からの輸入販売もしております。最先端のプロダクトで人々の生活を豊かに、さらに「ドキドキ」「ワクワク」するような商品などを皆様に提供し、商品・サービスを通じて消費者の皆さまにご支持いただける企業を目指し日々邁進しております。 Q:睡眠効果のエビデンスはありますか? A:CTやMRI装置など医療機器の製造に関わっている弊社は、睡眠に最も効果的なアルゴリズムを2014年に発見しました。その結果を元に Sleep I Mask を開発し、これまで100人以上の睡眠障害のある方に対して臨床試験を行いました。IRB(治験審査委員会)監修のもと行った試験では睡眠障害に悩む方の睡眠の質が30%向上する結果を導き出すことが出来ました。 Q: 製品保証はありますか? A: ご購入後から1年間の保証がついております。保証の対象は初期不良や通常のご利用で故障した場合となります。自然損耗や経年劣化、誤ったご使用による破損などは保証の対象外となります。 Q: この製品は医療器具ですか? A : Sleep i Maskは医療器具ではありません。 Q:脳へ電流を流すことに抵抗があるのですが・・・。 A:Sleep I Mask が採用している電気療法は、CES(Cranial electrotherapy stimulation)と呼ばれる技術によって成り立っています。電気刺激によって睡眠改善を目指す研究は1972年から行われており、現在は脳波とホルモン分泌に直接作用することで不眠を改善する技術として大成しています。CESが発する電流は完全に無害であり、むしろ人間が自然に分泌する微電流と同一の性質を持っているため、健康被害などもありません。 リスク&チャレンジ ※デザイン・仕様は予告なく一部変更になる可能性もございます。 ※ご支援後のキャンセルについて ご⽀援後のご⽀援者様都合、使用感等によるキャンセルや返⾦はお受け出来ませんのでご了解下さい。 ※ご注文状況、使用部材の供給状況、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合があります。 ※並行輸入品が発生する可能性があります。個人輸入及び販路によっては防ぐことができない可能性がある点、ご了承願います。 クラウドファンディングの性質上、以上の注意点につきまして予めご理解とご了承頂いた上で、ご支援くださいます様よろしくお願い申し上げます。


RSS Feed Widget
たかみんつREADERランキング
(http://bicycle.life.coocan.jp/takamints/index.php/reader/ranking/2021-04-22)
by Koji Takami ( email: vzg03566@gmail.com, GitHub: takamin )