趣味は車輪の再発明♪

前後の日付を計算する - [ 日付・時刻・時間 / javascript ]


「小さな小さなサンプル&スニペット」
▲インデックスへ戻る▲
カテゴリ:「日付・時刻・時間」

日付型の変数(オブジェクト)を起点にして、日数を指定して、前後の日付を計算します。

//元の日付(2012/2/28)
var dt = new Date(2012, 2 - 1, 28);

/**
 * 翌日
 */
var dtTommorow = new Date(
		dt.getFullYear(), dt.getMonth(), dt.getDate() + 1);

/**
 * 7日前
 */
var dt7DaysAgo = new Date(
		dt.getFullYear(), dt.getMonth(), dt.getDate() - 7);		

このほかに、getTime()が返した値にミリ秒単位で加減算を行って、setTime()で設定する方法もあります。

カテゴリ「日付・時刻・時間」の他のエントリ:
| 月末日付を取得する |



RSS Feed Widget
前後の日付を計算する - [ 日付・時刻・時間 / javascript ]
(http://bicycle.life.coocan.jp/takamints/index.php/snippets/snippet/datetime/datecalculation/js)
by Koji Takami ( email: vzg03566@gmail.com, GitHub: takamin )